就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目育児は大変?育児を乗り越えるコツや便利グッズを紹介

2人目育児は大変?育児を乗り越えるコツや便利グッズを紹介

2人目ができてうれしいけれど、育児が2倍になって大変そう…と不安になることはありませんか?2人目育児は何が大変になるのでしょうか?2人目育児を乗り越えるコツや、便利グッズを知って、2人目育児の不安を少しでも解消しましょう。2人目育児は楽しいこともありますよ。

2人目育児はどんな事が大変なの?

上の子が赤ちゃん返りをしてしまう

1人目の子どもは、生まれてからずっとママを独り占めして育ちます。このままの状態が続くと思っていたのに、ある日、突然もう1人の赤ちゃんが家にやってくるのです。

今まで独り占めしてきたママですが、赤ちゃんがきてからは自分だけに関心をむけてくれないのです。1人目の子どもは自分に関心をむけてほしいので、今までできていたことをやらずに「ママ、やって」甘えるようになります。

これが赤ちゃん返りで、弟や妹が生まれると1人目の子どもに起きやすい現象です。「自分への愛情を確かめたい」「甘えたい」という気持ちから起こります。

ママは生まれたばかりの赤ちゃんと、大きな赤ちゃんになった上の子をお世話をしなくてはならず、大変になるのです。

子ども2人の寝かしつけがうまくいかない

子どもが1人のときはママはつきっきりで抱っこや添い寝をして、寝かしつけをしてきたのではないでしょうか。2人を同時に寝かしつけするとなると、1人のときのようにはいかないでしょう。

添い寝をして寝かせようとしても、ママが2人の間に入ったら1人の顔しか見られないし、下の子に添い乳したら上の子が怒るし…。2人同時に眠らせようと頑張れば頑張るほど、子ども達にその焦りが伝わって余計眠ってくれなくなることもあります。

1人がやっと眠ってくれたとホッとしたのもつかの間、もう1人が泣きだしたために寝た子が起きてしまい、2人に同時に泣かれることもあります。思うようにいかない状態にママも泣きたくなったり、イライラしたりするかもしれませんね。

1人で2人のお風呂の時間はバタバタ

子ども1人をお風呂に入れるのもバタバタとしますね。特に冬は風邪をひかせないようにしっかり湯船につからせたり、急いで服を着せたりしないといけないですよね。それが2人になるのですから、さらにバタバタです。

まずは2人の服を脱がせます。先に脱がせた子を待たせてしまいますから、もう1人の服を脱がせるのも大急ぎです。

1人で湯船につかれない赤ちゃんとの入浴は、ずっと抱っこをしていないといけません。上の子を待たせることもありますし、片手で下の子を抱っこして上の子を洗うこともあるでしょう。

お風呂からあがって体を拭くときも1人を待たせることになります。上の子が自分でできる年齢であればママも楽ですが、2人の洋服を手早く着せるのも大変です。

2人目育児の大変な時を乗り越えるコツは?

上の子中心で寄り添った子育てをしよう

2人を平等に子育てしたいけれど、すべて一緒にというわけにはいきません。ママはどうしたらよいか迷いますよね。

2人目育児が始まったら、まずは上の子のお世話をしましょう。2人が同時に泣いたら先に上の子を抱っこするのです。上の子は自分が優先されることで「自分は大切にされている」と感じてくれるでしょう。

上の子が服が着れないとママに甘えてきたら「本当はできるってママは知っているよ」といいながら少し手伝ってあげましょう。「いつも見ているよ」というメッセージを伝えながら、お手伝いすることで甘える気持ちも満たしてあげるのです。

パパにも協力してもらって、時々、ママと上の子2人だけの時間も作ってあげましょう。2人で買い物に行くことでも、2人で散歩に行くことでもよいのです。ママと2人だけの時間を過ごせることに上の子は何よりも喜んでくれるでしょう。

上の子もママに大事にされていると分かったら、やきもちを焼いたり赤ちゃん返りをしたりせずに、下の子に優しくしてくれるでしょう。上の子の心に寄り添った子育てができればよいですね。

1人で完璧にこなそうとせず手を抜こう

育児をしながら家事をするのは大変なのに、子どもが2人になればさらに育児に時間をとられることになります。ママの思い通りに時間を使うことは難しくなるでしょう。

ママの近くに甘えられる人がいればよいですが、いなかったらなおさら大変ですね。ママ1人で無理しないでくださいね。パパにもできることは協力してもらいましょう。

食事もお惣菜や冷凍食品などを利用してうまく手を抜きましょう。子どものことを考えてバランスのよい食事を食べさせてあげたいと思うかもしれませんが、毎回手作りしなくて大丈夫ですよ。時間に余裕があるときに愛情たっぷりのおいしい食事を作ってあげましょう。

掃除も毎日しなくても大丈夫ですし、洗濯もまとめてしてもかまいませんよ。どうしても自分でする時間がなければ、家事代行サービスを利用してもよいのです。「自分でしなければ」という概念を捨てましょう。

無理をしすぎないことで、ママの心に余裕ができ、子ども達への対応も冷静にすることができるのです。育児も家事も「できる範囲」で十分です。「まあ、いいか」と心に余裕を持っていたいものですね。

2人目の育児に便利なアイテム3選

お風呂がスムーズ!赤ちゃん用バスチェア

赤ちゃん用のバスチェアには、1、2カ月頃から使えるリクライニングができるものと、6カ月頃から使える座るタイプのものの2種類あります。

リクライニングできるものは、赤ちゃんを寝かせたままでも座らせても対応できるので、長期間使用することができます。軽量で折りたためるものもありますので、帰省先や旅行先に持っていくことができて便利です。

シリコン素材で冷たさを感じないものや、メッシュ素材でできているものなど、素材も色々なものが出ています。

バスチェアがあれば、下の子を座らせて上の子の体を洗うことや、ママの体を洗うこともできますし、何より赤ちゃんが安全なのがうれしいですね。どのような使い方をするか考えて、選んでみてはいかがでしょうか。

お出かけにも便利!おんぶもできる抱っこ紐

上の子が大きくなるにつれて、2人を連れて外出する機会も増えてきますが、そんな時はおんぶもできる抱っこ紐がおすすめです。もちろん、1人目のときも抱っこ紐を使っていたと思うのですが、さらに使用頻度は増えるでしょう。

上の子が大きかったらよいのですが、年子や2歳差になると上の子をおんぶして、下の子を抱っこするということがあるかもしれません。上の子のお世話をしているときも、家事をしているときも、下の子をおんぶしていたら、ママは安心できます。

上の子のときはできるだけ家の中で過ごすようにするということもできましたが、幼稚園や保育園に行くようになると、下の子も一緒に行かないわけにはいきませんので、おんぶもできる抱っこ紐は大活躍ですね。

お昼寝に大活躍!バウンサー

上の子のときは抱っこして眠らせたり、添い寝をして寝かしつけができましたが、2人いると寝かしつけも難しくなります。そんなときは、下の子をバウンサーに寝かせてみてはどうでしょう。

ベビーベットと違ってバウンサーはゆらゆらと揺れてくれるので、その揺れが気持ちよければそのまま眠ってしまう子もいるかもしれません。赤ちゃんが動くと、その振動でバウンサーも揺れますから、ニコニコと楽しんでくれる子もいるでしょう。

ママも赤ちゃんがバウンサーでご機嫌で過ごしてくれたら、上の子と遊べますし、安心して家事をすることもできます。ただ、バウンサーを嫌がって泣いてしまう子もいますから、お店で試してからお気に入りを探すのも1つですね。

まとめ

1人でも大変な育児ですから、2人目が生まれるとママは本当に大変です。上の子が赤ちゃん返りしたり、2人の寝かしつけがうまくいかなかったり、気が休まるときがありません。

ママだけががんばらなくてよいのです。周りの人に甘えたり、便利アイテムも活用したりして、ほどほどに手を抜きましょう。イライラしているより、笑顔でいるママの方が子ども達も安心しますよ。

上の子に寄り添った育児をすることで、赤ちゃん返りもなくなり下の子を可愛がってくれるようになるでしょう。すぐに2人で仲良く遊ぶようになる日がきますよ。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018