就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

5歳児にお金のことを教えよう。子どもへの影響や金銭感覚を養う方法

5歳児にお金のことを教えよう。子どもへの影響や金銭感覚を養う方法

5歳の子どもにお小遣いはまだ早いのかな?と考えているママも多いと思います。お小遣いは就学してからなど、いつからあげるという決まりはありません。子どもが小さくても、お小遣いをあげるメリットはたくさんあります。反対にデメリットもあるので、お小遣いをあげるときのルールやコツなどを詳しくご紹介します。

お小遣いをあげることによる子どもへの影響

お小遣いをあげるメリット

ママ自身が初めてお小遣いをもらったとき、どんな気持ちでしたか?「やったー!好きなものを買える!」なんて嬉しい気持ちになりませんでしたか。小さな子どもに、いきなりおもちゃが買えるくらいのお小遣いをあげるママは少ないかと思いますが、お金をもらった子どもは好きなおもちゃが買えるなどと思うかもしれません。

お小遣いをあげるメリットとしては、自分が欲しいおもちゃの値段を知ることで、お金の価値やものの相場を子どもが実感できることです。また、欲しいものが高くて自分の持っているお金では買えなかったら、貯めるという方法を伝えてみましょう。

お金を貯めて、計画を立てて買ったものだからこそ、ものを大切にするきっかけにもつながると思います。

お小遣いをあげるデメリット

お小遣いをあげるときは、どんなときでしょうか。毎月決められた日や、何かを頑張ったご褒美としてあげるなど、それぞれあげるタイミングがあるかもしれません。毎月決められた日にしても、5歳の子どもは日づけの感覚がまだ分からない子も多いでしょう。

いきなりお小遣いをあげても使い方が分からないと、パッと使ってしまい、お金の大切さを感じにくいと思います。なので、最初は一緒に買い物に行って、先に予算を決めて子どもに品物を選んでもらうなど、予算内で「買える買えない」などを考えるところから始めてみるのもよいでしょう。

ご褒美としてあげる場合は、「頑張ったなぁ」と感じたときにあげると、子どもも嬉しいで気持ちになりますよ。

家族で決まりごとを作ろう!

お小遣いの決まりごとというと、どうしても親が子どもにやってよいこと、いけないことのルールを押しつけがちになってしまうのではないでしょうか。小さいうちはある程度仕方ないのかもしれませんが、できれば親子でよく話し合ってお互いが納得いくルールを決めてみましょう。

まず、渡すタイミングを決めましょう。月に1回などの定額制か、その都度の報酬制なのかです。まだ幼いので、定額制にメリットを見い出せないという場合は、何かしてもらったときに渡す報酬制のほうがよいかもしれませんね。また、親が買うものと子どもがお小遣いで買うものを線引きすることも大切です。

例えば、いつも買うおやつは親、駄菓子は子どもにすることで、お小遣いを使うための計画を立てやすくなりますね。

BRIOの木製レールウェイの世界をもっとワクワクに!「スマートテックサウンド」シリーズ

PR

多くの子が一度は夢中になる汽車や電車のおもちゃ。年齢や興味に合わせ遊び方を変えられるので、長く遊べる点が魅力ですよね。今回は本格的なレール遊びに興味を持ちはじめた3歳頃のお子さまにぴったりなレール玩具・BRIO「スマートテックサウンド」シリーズを紹介します。ワクワクするしかけやアプリとの連携で、楽しみながらテクノロジーにも触れられる最新のおもちゃの世界をのぞいてみましょう。

お小遣いの始め方と金額について

いつからはじめればよいの?

いつからといった決まりはありませんが、数字が分かるようになる小学校低学年から始める家庭が多いようです。数字の数え方や、簡単な計算を学ぶこの時期に実際お金を使って、学んだことを活かせるよい機会でもあります。

未就学児でも、買い物ごっこなどでレジ打ちに興味を示して、お金に対する興味があるようであれば「まだ本物のお金は早いから」と抑えず、ぜひ本物のお金を見せて正しい使い方や、おつかいの仕方を教えるよいチャンスだと思いましょう。

小学生になると、ひとりで行動することが増えてきます。5歳からでも、ごっこ遊びの延長として買い物の練習をするのもよい経験になるでしょう。買い物の練習をすることによって、簡単な計算を覚えたり数字に興味を持ったりするかもしれませんね。

いくらあげればよいの?

実際いくらあげればよいのかは、定額制か報酬制なのかによって変わってきます。子どもが大きくなるにつれて定額制にするご家庭が多いようです。「日本銀行 家計管理・生活設計のツボ 金融中央委員会 知るぽると」のデータによると、定額制でお小遣いをあげるのは、小学校低学年・中学年は半数以下なのに対し、高学年は半数以上となっています。

定額制であげる金額は、低学年・中学年は500円以下、高学年は1,000円ほどです。報酬制など、その都度あげる場合は定額制より少額のようで、低学年で100円、中学年で300円、高学年で500円ほどです。子どもが小さいうちは金額も少額な報酬制が、お小遣いに慣れていくにはよいのかもしれませんね。

好きに使わせてよいの?

お小遣いは、確かに自由に使ってよいお金です。しかし、ルールをしっかり決めておきましょう。まだ就学前の子どもが、ひとりで勝手に使うこともないかもしれませんが、友だちとのお金の貸し借りは避けたほうがよいでしょう。

お互いにとって負担が生じることもあり、後々、友だちとのトラブルにもなりかねません。奢ったり奢られたりするのも、避けたいですね。まだお金の管理は難しいかもしれませんが、月齢に見合った金額を渡すことも大切です。金額が多すぎて無駄遣いを促してしまったり、簡単に買いたいものが手に入り、ものの大切さを感じてもらえなくなったりしては困りますよね。

子どもが小さいうちは、何にいくら使ったかを、親が把握しておくとよいでしょう。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版