就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てにかかる費用は?自立するまでの出費額や無理なくできる貯金術

子育てにかかる費用は?自立するまでの出費額や無理なくできる貯金術

子どもが産まれ、家計の見直しが必要と漠然と思っていても、10年・20年先のお金のことまでリアルに想像できない、というママも多いのではないでしょうか。子どもが自立するまでに必要な教育費と、その貯蓄方法について、節約術とあわせてポイントを解説していきます。

子育てにかかる学費【幼稚園から小学校】

幼稚園にかかる学費平均額

幼稚園は義務教育ではないので、必ずしも通う必要があるわけではありません。ママ世代の頃は年中さんから通う2年保育がメジャーだったかもしれませんが、今は年少さんから通い始める3年保育が主流のようです。

3歳から入園するとなると、早い段階から教育費が発生することになるので、いくら必要になるのか気になりますよね。学費に関して幼稚園から大学まで共通して言えるのは「国公立」と「私立」とでかなり違いがある、ということです。

では具体的にいくらかかるのか学費の平均を見ていきましょう。まず「国立」幼稚園ですが、保育料は年間73,200円と決められているようです。かなり安いですが、全国的に数が少ないことと、お受験になるため入園前の教育費がかかるという点を理解しておいてください。

次に「公立」幼稚園です。こちらも数は私立に比べて少ないので競争率は高いようですが、1年間にかかる学費は平均して約12万円となっています。

そして一番数が多いのが「私立」の幼稚園です。学費の平均は年間で約31万円と、公立の約2.5倍となっています。事前に準備しておきたい金額ですね。

小学校にかかる学費平均額

小学校・中学校は義務教育なので、公立と私立で学費にかなり差が出ます。学費だけで言うと、純粋な「授業料」「教科書費用」は公立は無料です。図書費や学用品などで年間約6万円がかかるようですが、学費としての支出はかなり抑えられますよね。

一方、私立の年間教育費は平均で約87万円。これはあくまで平均で、首都圏の小学校になるとさらに高額となるところが増えるようです。

小学校になると、学費のほかに塾や習い事などの「学校外活動費」が増えていく傾向があるようです。学校外活動費の年間平均は公立で約21万円、私立になると約61万円にもなります。

これが6年間続くとなると、公立小学校に通わせていてもゆうに100万円は超える計算です。しかし小学生くらいの年齢は、たくさんの経験をして将来の夢につながるきっかけを得ることのできる時期でもあると思います。

私立の小学校に通った場合、6年間にかかる教育費(学費と校外活動費の合計)は約900万円です。子どもの将来を考えるとともに、家庭の収支に見合った進路を選ぶことをおすすめします。

子育てにかかる学費【中学校から高校】

キャッシュレスって便利。今の生活に77JCBデビットを!

PR

「キャッシュレス」と聞いて、お金の管理ができずに使い過ぎてしまうんじゃないかと、心配・不安に思う方もいるのではないでしょうか?今回は、宮城県の地方銀行「七十七銀行」の「77JCBデビット」を例にキャッシュレス決済の良さを紹介いたします。

中学校にかかる学費平均額

中学校も公立校は学費無料です。ただ、中学になると部活動に力をいれたり、高校受験に向けて塾に通い始めたりと学費以外の出費が増える傾向にあるようです。平均年間学習費の総額としては、公立中学校で約48万円、私立中学校では約133万円となっています。

1年間にかかる平均費用を具体的に見ていくと、まず公立中学校の学校教育費は約13万円で、内訳としては「修学旅行・遠足・見学費」約2.5万円、「教科外活動費」約3.1万円、「通学関係費」約3.6万円などに多くかかっているようです。

また、学校外活動費は約30万円で、小学校時代より10万円近く増えています。このほとんどが習い事よりも塾などの学習補助費となっています。

次に私立中学校の平均年間教育費は約100万円です。このうち約42万円が授業料で、約26万円が入学金やPTA会費など。また、私立中学校は指定の校区がないので遠方から通う生徒が多く、「通学関係費」が約13.6万円と公立中学校よりもかなり高くなっています。

ちなみに私立中学校の学校外活動費は年間約32万円で、公立との差はほとんどないようです。

高校にかかる学費平均額

義務教育が終わって、ここからの進路はより選択肢が広がっていくと思います。全日制の高等学校に進学した場合の年間学費平均を見ていきましょう。

まず、学習費総額は公立高校で約45万円、私立高校では約104万円となっています。公立の授業料自体は約2.3万円とかなり低額ですが、「学校納付金(入学金・入試費・PTA費など)」「修学旅行・遠足・見学費」「授業外活動費」「実習教材費」などにそれぞれ3~5万円ほどかかっているようです。

また高校になって校区がなくなり、遠方へ通う生徒が増えるため、「通学関係費」は8万円ほどかかるようです。私立の「通学関係費」が約10万円なので、通学費用は公立・私立でほぼ変わらない金額となるようです。

次に私立高校の授業料は約27万円となっており、公立の10倍近い金額です。「学校納付金」は23万円と高額で、入学金が多くを占めているようです。

学校外活動費は公立で約17万円、私立で29万円となっており、そのほとんどが塾などの学習補助費です。大学受験に向けて学費以外にも費用がかかってくるようです。


平成28年度子供の学習費調査の公表について(報道発表資料)
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa03/gakushuuhi/kekka/k_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/12/22/1399308_1.pdf

子育てにかかる学費【大学や専門学校】

大学にかかる学費平均額

漠然と「大学はお金がかかる」と思っているママも多いのではないでしょうか。実際大学に必要な学費は、国公立・私立共にかなり高額になるようです。

まず、国公立大学の年間平均授業料は約54万円です。また入学金は国立大学で約30万円、公立大学で約40万円となっています。合計すると80~100万円ほどが初年度に必要な学費ということになります。

次に私立大学の年間平均授業料は約90万円で、入学金は約25万円です。文系よりも理系大学の方が高くなる傾向にあるようですが、平均すると初年度に必要な学費は120万円ほどになります。

この金額は、あくまで入学する大学に支払う金額で、何校か併願で受験するという場合には、受験料や入学しなかった大学に収める金額も発生します。

短期大学にかかる学費平均額

短期大学にかかる年間平均授業料は、公立で約40万円で、入学金は約20万円となっており、初年度に必要な学費は約60万円です。私立短大では、年間平均授業料が約70万円、入学金は約25万円で、初年度に約95万円が必要です。

また、各大学によって差はありますが、「施設設備費」として10~30万円ほど別途納入の必要があります。特に看護系や芸術系の学校は設備費だけでなく材料費なども含め高額になる傾向があるようです。

私立短期大学に通う2年間でかかる学費総額はおよそ200万円となっていますが、途中で4年制大学に編入するという進路を選ぶ場合も少なくないようです。その場合新たに大学にかかる費用が発生するので、子どもの希望と家計のバランスを考慮する必要がありそうです。

専門学校にかかる学費平均額

専門学校は、専攻する分野によって学費にだいぶ差が出るようです。平均値としては大学・短大に比べて低額となっており、年間平均授業料は国公立で約20万円、私立で約60万円です。入学金も国公立で約5万円、私立で15万円となっています。

専門学校には昼間部と夜間部があり、夜間部は昼間部の5~7割程度の授業料という学校が多くなっているようです。進路としては中学校卒業、高校卒業、大学・短大卒業後に専門学校に入学する、または専門学校を卒業後に大学・短大へ進学するなど、さまざまなパターンがあるようです。

専門学校を卒業した後の就職率は8割近くとなっており、職場の即戦力となり得る技能を取得でき、子どもが経済的に自立する近道のひとつとなるようです。


平成28年度 専修学校各種学校 調査統計資料
https://tsk.or.jp/pdf/dw-toukeiH28All.pdf
62 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事