就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児の英語教育の重要性とは。人気の教材やメリットデメリット

幼児の英語教育の重要性とは。人気の教材やメリットデメリット

アメリカの幼児英語教育は?

アメリカ人がどうやって英語を学ぶのか。それは毎日聞いているから自然と覚えるんじゃない?と思うかもしれません。

ですが、私たち日本人も小学校で国語というものを学びます。これは「日本語」ということですので、英語を母国語としている子どもたちでも「英語」をきちんと学ぶ必要があるのです。

英語教育で最も大事だといわれているのがフォニックス。文字が表す音のルールを知ることで、基本的な読み方を学び、そこから母音と子音の組み合わせによる音の変化やパターンを徹底的に覚えていくそうです。

そして、正しい単語の読み方を覚え、文章を読み、それを発音するという流れになります。これは私たちが英語を勉強するプロセスとも同じですね。

役立つ幼児英語教育の資格は?

もしも英語が得意で、自分で子どもたちに英語を教えたいなら、幼児英語教師という道があります。自分の子どもに英語を教えるスキルが身につくだけでなく、収入にもつながります。

自宅で開く英語教室、幼児英語教師に資格はいりませんが、現実には英会話スクールや小学校で英語を教えるにはTOEICや英語検定などが一定のレベルに達していることが条件になってきます。

また、小学校や保育園で教えるためには別に教員免許や保育士免許が必要になる場合もあります。他には民間資格として、英語能力を証明できる小学校英語指導者資格や児童英語インストラクター資格などがありますので、これから幼児英語教師として活躍したい場合は取得も視野に入れておきましょう。

岡山の本格的な幼児英語教育の幼稚園とは?

岡山に本格的な英語指導を行う幼稚園があるということで話題となっています。それが2003年に設立された岡山ISOEです。

ケンブリッジ大学英語検定機構が公認したインターナショナルスクールで、2歳から12歳までの子どもたちが学んでいます。特に2歳からの英語幼児園ではケンブリッジ大学初等教育カリキュラムを取り入れるなど本格的な英語指導が行われていきます。

一般家庭では子どもをインターナショナルスクールに通わせるのは敷居の高いことですが、語学学習を専門機関に任せることができるのは大きなメリットです。子どもにとっても家庭と学校で日本語と英語を使い分けるメリハリのある生活を送ることで2つの言語をクリアに習得していけます。

まとめ

幼児から始める英語教育は様々な方法があって、どれが一番よい方法かわからなくなってしまいますね。ですが、それぞれに長所、短所があって、子どもの個性や成長のスピードによっても合う合わないがあるものです。

パパやママの理想もあるかもしれませんが、ゆっくり焦らず親子で楽しみながら学べる方法を試してみるのがおすすめです。英語学習に遅すぎるということはありませんので、まずは「英語が好き」という気持ちを育んでいきましょう。
29 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC