就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てママにおすすめの教育施設は?親子で一緒に楽しめるのが一番

子育てママにおすすめの教育施設は?親子で一緒に楽しめるのが一番

ママも子どもも一緒に楽しめる教育施設がたくさんあることをご存知でしょうか?各自治体やボランティアなどが運営していて、さまざまな形態で利用できるサービスがたくさんあります。どのような内容で、参加するにはどうしたらよいのか、料金はかかるのかなど、ママにも子どもにも役立つ教育施設の利用についてご紹介します。

子育てに教育施設を利用するメリットとは

子どもの社会性を養うことができる

教育施設というと何となく堅いイメージを持つママもいるかもしれませんが、気軽に利用しやすい施設ばかりです。子育て支援センターのような施設では、子どもとその保護者が自由に遊ぶことができます。

同じように遊ぶ子どもがたくさんいますので、交流を持てれば子どもの社会性を養うこともできます。きょうだいや地域のお友達がいない子どもにとっては刺激的で楽しい場所になるのではないでしょうか。

また施設によりますが、早い場合だと1カ月健診を終えた赤ちゃんから利用できますので、本当にさまざまな年齢の子ども同士が触れ合うことになります。赤ちゃんのうちでもほかの子どもの声に反応したりと家の中では味わえない刺激を受けることができます。

子どもの成長を実感できる

また親としてのメリットは子どもの成長を実感できることではないでしょうか。教育施設を利用することで子どもは周囲の人との関わりを持てるようになったり、新しいことを覚えたりとどんどん成長します。

たとえば、習いごとを始めることでスポーツや音楽・英会話など、家ではなかなか習得できないことが上達します。また児童館のような施設では、ほかの人との関わりで刺激を得て、今まで興味が無かったことに関心を持ったりやる気がでたりすることもあるでしょう。

たとえうまくできないことがあっても立ち直る経験をすることで強い心が育てられることもあります。家にいるだけでは成長できない部分が刺激され、少し大人になった我が子の姿を見ることができるのは親としては嬉しいことですよね。

親子で地域へのつながりを持つことができる

地域の子育て支援センターなどを利用することで、親子で地域とのつながりを持つことができます。各自治体により運営されていますので、近くに住んでいるママや子どもと交流を持つことができますよ。

地域に知り合いがいなくて話し相手が欲しいという人もいるのではないでしょうか。このような場では自然とママや子ども同士の友達作りができるのでおすすめです。

同じ年くらいの子どもをもつママと知り合いになれれば育児の悩みなどを話し合うこともできるので心強いですよね。また、地域のイベントやサークル活動などの情報を交換できることもあります。

ときにはネットにはのっていないようなお得情報を聞けることもあるようです。住んでいる地域のことをもっと知りたいママにおすすめです。

どんな施設があるのかまずは探してみよう!

市町村による子育て支援センター

施設にはどのようなものがあるのでしょうか?とても身近なのが「子育て支援センター」と呼ばれる0歳から就学前までの子どもとその保護者が交流を深めることができる教育施設です。

「子ども家庭センター」や「子ども家庭支援センター」などと呼ばれることもあります。おもに市町村ごとにある公共施設や保育所、児童館などでサービスを行っていて無料で利用できます。

サービス内容は、子育て中の親子の交流の場の提供、子育て相談や援助、子育て講習の開催、地域の子育てに関する情報提供などです。親子同士が交流したりスタッフに育児の相談をしたり、という感じで気軽に利用できます。

センターは自治体ごとの運営になりますので各自治体に問い合わせて詳細をチェックしてみてくださいね。

地域で作る子育てサークルやサロン

また子育てサークルやサロンと呼ばれるものもあり、こちらも子どもの遊び場作りと保護者どうしの交流を目的としています。地域の民生委員やボランティアなどが地域の集会場などで開催することが多いです。

子育てサークルやサロンでは子どもが楽しめるゲームや絵本の読み聞かせ、リトミックなどのアクティビティが設けられていたり、クリスマスなどの季節の行事でイベントを行っているところもあります。積極的に参加すれば大人数で楽しめるイベント体験ができます。

またサロンでは栄養士、看護師に相談ができることもあります。対象年齢は0歳から3歳までが一般的で費用は無料~少額程度です。

自治体が運営するサークルや助産師さんが運営するサロンなど、色々ありますので探してみてくださいね。

音楽やスポーツなど遊び感覚の教室タイプ

最後に教室タイプの施設をご紹介します。教室タイプはおもに小学校入学前までの幼児を対象としており、勉強系の幼児教室やキッズイングリッシュなど、音楽やスポーツなどをメインとするものなどさまざまな教室があります。

知識を増やしたり脳の発達を促すこと以外にもコミュニケーション能力を高めたり、表現力や体力アップなどにも効果的です。また、受験のための教室とは違い楽しむことや慣れ親しむことを目的としているので、お子さんも楽しく通いやすいといえます。

費用は月額5,000円から7,000円程度で体験レッスンを受けられる教室もあります。気になる教室を見つけたらまずは体験して子どもの反応を見てみるとよいのではないでしょうか。

早期教育の重要性と注意点について

子どもがストレスを抱えないことが大事

このように子どもによい影響を与える施設はたくさんありますし、子どもの脳が柔軟なうちに刺激を与えることで専門的な技術や学力を身に着けることができるといわれますので、早期教育を行う保護者が増えています。

脳の発達を促すうえでの必須条件は子どもが「楽しい、嬉しい、面白い」と感じながら教育を受けることなのですが、それはあまり知られていません。そのため無理やり詰め込むような、子どもにストレスを与える教育を保護者が知らずに行っている可能性があります。

ストレスを感じている子どもは疲れやすいなど体調に変化が現れたり、人格形成にも影響をうけるといいます。子どもが楽しんでいるかどうか、よく見ながらレッスンなどに通わせてあげましょう。

親も子も人見知りで団体行動が苦手な場合

人見知りで団体行動が苦手など、人付き合いに不安がある場合でも利用方法を工夫すれば支援センターなどの施設に行きやすくなりますよ。たとえば、人の少ない開館してすぐの時間帯に行けば、グループもまだできていないことが多く居心地のわるさを感じにくくなります。

イベントだけに参加してみるという使い方もおすすめです。イベントであれば人付き合いよりもそのテーマに集中すればよいので楽しみやすくなります。

またイベントの日に参加をするとセンターの雰囲気がわかるので次も参加しやすくなります。そして「子どもと過ごす時間を大事にしよう」と本来の目的を確認することも大切です。

そうすることで周りを気にせず、ゆっくり過ごすことができるのではないでしょうか。

ママ同士子ども同士のトラブルに注意!

施設ではいろいろなタイプの親や子どもが集まりますので、当然トラブルになることも考えられます。たとえば子ども同士であれば、おもちゃを取った取られたでけんかになることもありますよね。

そのようなときにまわりの保護者が子どもに適切に関わることができれば、子ども同士も社会のルールを学ぶよい機会になりますが、中には保護者が子どもをほったらかしにしていたり、腹が立つような対応をする場合もあるようです。

また、ママ同士が仲よくなりすぎてしまい、トラブルをおこしてしまうこともあります。ある程度の距離を保ち、お互いに気を使える関係であることがトラブルをふせぐポイントであるといえます。

子どもの教育のために、保護者同士は冷静さを保つことが大切ですね。

まとめ

地域が主催する教育施設や楽しみながら学べる教室など、子どもの教育に役立つような施設はたくさんあります。興味のある方はぜひ積極的に利用してみましょう。

子どもの成長に役立つようなイベントやママ同士の交流ができる場も多くありますので、子育てをいろどりよくする目的で気軽に利用してみるとよいのではないでしょうか。

また地域発信の施設がとても多いので、地域との関わりを深くするチャンスでもあります。ママもお子さんも一緒に楽しめるように、自分たちに合う施設を探してみることをおすすめします。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018