就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもを甘やかすと将来どうなる?甘やかしと甘えさせるの違い

子どもを甘やかすと将来どうなる?甘やかしと甘えさせるの違い

ママは、可愛いわが子だからこそ「将来よい大人になるよう」に願って、時には優しく時には厳しくしながら毎日頑張って子育てしています。でも、その優しさと厳しさの使い分けに、迷うママも多いのではないでしょうか。子どもを甘やかし過ぎるとどうなるのか、「甘やかし」と「甘えさせる」はどう違うのでしょうか。

子どもを甘やかすとダメになるって本当?

子どもの甘えには種類がある

子どもはどうして甘えるのでしょうか。甘えかたにはいくつかの種類があります。

・「抱っこして!」などスキンシップを求める
・「なんで?」と何度も話しかけてくる
これは、ママと一緒にいたい、相手にして欲しい気持ちのあらわれです。

・「これしてあれして!」とワガママをいう
・「嫌だ!」と思いどおりにならないと暴れる
・「できない!」とできることを自分でしなくなる
これは、ママにかまって欲しい、無理やりにでもママにこっちを向かせようという強い気持ちのあらわれです。

・弟や妹をいじめる
ママが自分よりも弟や妹のことを可愛がっているという、悲しいヤキモチのあらわれです。

どれも自分を見て欲しいという「甘え」のあらわれです。

「甘やかす」と「甘えさせる」の違い

このような子どもの甘えにたいして、ママはどう対応すればよいのでしょうか。ここで「甘やかす」と「甘えさせる」の違いがでてきます。

「甘やかす」は、どんな状況であれ、理由であれ、子どもの甘えを受け入れてしまうことです。「甘えさせる」は、状況と理由におうじて、甘えを受け入れることです。

例えば、お店で子どもがオモチャを欲しいといい出したとき、子どもが騒ぎ出したら面倒だし、お金もあるしと、オモチャを買ってしまうのは「甘やかす」です。今日はオモチャは買えないといい聞かせる、でも、お誕生日には子どもが欲しいと願ったオモチャをきちんと買ってあげるのが「甘えさせる」です。

「甘やかす」と「甘えさせる」には、親の正しい判断が必要になります。

子どもを甘やかすことの影響

誰にでも何かを欲しい願望はあります。でも全てが叶うわけではありません。このことを子どものころから経験して、我慢することを覚えていきます。自分で考え、その欲しいものは本当に今必要なのかどうかを、正しく判断するようになっていきます。

しかし子どもを甘やかし続けていたら、どうなるのでしょうか。その子は、願ったことを全て叶えてもらい、欲しいものは何でも買ってもらい、お金や物の価値は分からないまま育つでしょう。大人になってもワガママをとおそうとし、結果、社会生活に馴染めない人になってしまうでしょう。

子どもの願望にそえないときは、どうしてそれができないのか、いつならできるのかと、子どもに希望をもたせる言葉をかけて落ち着かせ、納得させます。

自分では気づけない?甘やかしの心理状況

【ママの失敗談】与えすぎてわがままに…

こんな体験談があります。

「まだ子どもが3~4歳ころの話ですが、喜ぶ顔がみたくて、おもちゃやお菓子などとにかくなんでも好きなものを与えていました。それが間違っていたかどうかはわかりませんが、欲しい物があるとすぐにワガママをいい、我慢できない子になってしまいました。途中から何かお手伝いをしてくれたらあげるなどにして、少しずつ変わってきています。可愛さあまってなんでもかんでもやってあげるのはよくないですね…」

これは、子どもが可愛いあまりに、笑顔を見たくて、欲しいものをすぐに買い与えていたら我慢できない子になってしまったというお話です。ママだけでなく、お婆ちゃんやお爺ちゃんにもありがちなケースですね。

パパが甘やかしがちなのはなぜ?

子どもとせっする時間が多いママと違い、仕事が忙しくたまにしか子どもとせっしないパパは、子どもを甘やかしがちです。それは、たまにしか会えない子どもとただ楽しい時間を過ごしたいという気持ちからです。

そして男性は、嫌われたくないという心理が女性よりも強く働いているようです。でも、子育てにおいてそんな心理では困りますので、ママからしっかりいって、パパにも甘やかさないようにしてもらいましょう。

ただ、ママが叱ったときにパパが優しく子どもを受け入れて、逃げ道を作ってあげるというのはよい方法です。ママが叱ってばかりでは、ママが損な役になってしまうので、パパにもきちんと叱ってもらって、そのときはママが子どもの逃げ道になってあげましょう。

甘やかしは依存しすぎの黄色信号

「甘やかす」親には、子どもに依存しすぎている傾向もあります。子どもの世話をすること、子どもの願いをかなえてあげることが親の役目だと勘違いしているのです。

まだ小さな子どもなら間違ってはいません。赤ちゃんが泣いたらその原因を取り除いてあげるのが親の役目です。しかし、子どもが大きくなってきて自立しなくてはいけない歳になっても、この依存を続けると問題になります。

例えば、10歳にもなった子どもに対して、新発売したゲームが欲しいから直ぐに買ってあげる、脱ぎ散らかした服を片付けて洗濯機に入れてあげるなど、ママは子どものお世話をしてあげる、願いを叶えてあげるのが自分の役目だと思ってしまっているのは危険な黄色信号です。

子どもからの甘えは優しく受け止めよう

甘えられなかったらどうなる?

子どもを「甘やかす」ことはいけないと、過剰に厳しく育ててしまう親もいます。でも、子どもの甘えを全く受け入れないのも問題です。子どもは甘えることで、親にコミュニケーションを求め、それが受け入れられることで、自分が親から愛されていることを確信し、安心します。

子どもが一番頼っているのは、親なのです。どんな親であれ、子どもにとって親は一番なのです。もし子どもが親に甘えを全く受け入れられなければ、子どもは頼る相手が見つからず、精神不安定になります。愛情をしらずに育ち、他人に愛情を注ぐことはできず、人にいじわるをして嫌われます。

「甘やかす」のではなく、甘えていいときには十分に甘えさせてあげることが大切なのです。

子どもにはたくさん甘えさせてあげる

いつもは忙しくて無理だけど、休日には一緒に遊んだりお喋りをして、子どもに興味を示してあげましょう。お誕生日や特別な日には子どもの願いを聞いてあげ、頑張ったときにはご褒美をあげましょう。そういうことを通じて、子どもを上手に甘えさせてあげるのです。

願いが叶い甘えが満たされると、子どもは自然と頑張るようになります。親にいつも「ダメ」といわれるのではなくて、我慢すれば願いは叶うということを知り、頑張れるのです。

まだ言葉の意味の分からない小さな幼児には無理ですが、言葉が通じるようになれば、きっとママの気持ちも分かってくれます。最初は辛いかもしれませんが「我慢していればいつか願いは叶う」という経験を重ね、次第に分かるようになるでしょう。

甘えとしつけのメリハリを

子どもの自我がめざめる2歳~3歳頃から、ママと子どものしつけの日々は始まります。疲れたり、悩んだりするママも多いです。しかしここで子どもを甘やかさず、でも甘えさせてあげることで、しつけはその内に楽になります。

例えば「病院で大声を出してはいけない。病気で寝ている人がいるでしょう。」とはっきり伝えて静かにさせ、公園に行ったときには思いっきり走り回って声を出して遊ぶなど、いつなら、どこなら、なぜダメなのか、なぜよいのかを、子どもに分かりやすく、メリハリをつけたしつけをします。

しつけるときにも、甘えさせるときにも、しっかりとした親のブレない判断で、子どもを安心させてあげます。それを毎日かさねていくことで、その内しつけは楽になります。

まとめ

子どもを愛するからこそ、親は子どもを甘やかしてもしまい、厳しくもしてしまいます。でも、一番大切なのは親の愛情です。愛情が基盤になっているなら、多少の甘やかしと厳しさのアンバランスも乗り切れるはずです。

なので、まずは子どもに愛情を注いであげましょう。その中で、これは「甘やかし」かなとママが判断するときがあれば、子どもに分かりやすく説明し、しつけるようにしましょう。最初は大変だと感じるかもしれませんが、ひとつひとつ乗り切るたびに子どもは経験をつみ、正しく判断できるように成長していきます。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント