就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

日本とフランスの子育て方法を比較!取り入れたい子育て方法

日本とフランスの子育て方法を比較!取り入れたい子育て方法

子ども中心でなく自分の時間を大事にする

つい子ども中心で動いてしまい、自分の時間を犠牲にしてしまっているママも多いことでしょう。また、日本ではそれが当たり前という社会的風潮もあります。

しかしフランスでは、たまにベビーシッターに我が子を預けて、ママとパパで食事や映画館デートを楽しんだり、休みの日にママがパパに子どもをお願いして友達との食事会に出かけることも決して珍しくはありません。時には親戚に子どもを預けて、夫婦で1週間ほどのバケーションに出かけてしまうこともあります。

このようにフランスでは、ママは「母親」であると同時に「一個人」であり、自分のプライベートの時間を楽しむことが大切で当たり前の「権利」だとされています。さらに育児をしているからといって身なりも「ママらしいもの」より、自分の好きなファッションを貫いているフランス人女性も多いです。

子どものために自分を犠牲にしない、それがフランス人女性の一種のポリシーのような気もします。フランス人女性のようにとはいかなくても、ママもたまにはパパに子どもをお願いして友達と出かけたり、自分だけのリラックス時間を過ごすことも大切です。

まとめ

今回はフランス流の育児についての記事でしたがいかがでしたか?その国によって育児事情や、育児への考え方は変わってくるので、決してフランス、日本のどちらが良くて悪いのかは一概に決めることはできません。

フランス流の育児でママが真似したいと思った部分を、日常生活に少しずつ取り入れて試してみるのもよいですね。ママと子どものライフスタイルにあった育児をするのが一番です。どんな育児方法であれ、ママが幸せでいることが子どもには一番のお手本になります。

24 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND