就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

出産祝いにもらって嬉しいもの!ママが喜ぶ素敵なプレゼントを紹介

出産祝いにもらって嬉しいもの!ママが喜ぶ素敵なプレゼントを紹介

身近な人へ出産祝いを贈るとき、どのタイミングでどれくらいの金額のものをプレゼントすればいいのかわからない方は少なくありません。そこで今回は知っているようで知らなかった出産祝いのマナーや、出産祝いの贈り物としておすすめのプレゼントなどを、わかりやすくご紹介していきたいと思います。

知っておきたい出産祝いのマナー

出産祝いプレゼントの相場

出産祝いを贈るとき、まず気になることがプレゼントの相場ですよね。実は、プレゼントの相場は、相手との関係性によって異なります。

・兄弟姉妹:20,000~30,000円程度
・親戚:10,000~30,000円程度
・友人:5,000~10,000円程度
・会社の同僚や上司、部下など:連名の場合は5,000円~20,000円程度(一人1,000円程度)、個人の場合は5,000~10,000円程度
・ご近所など:3,000円程度

こちらはあくまで相場ですので、相手から過去にプレゼントをもらったことがあればそれを参考にしてもよいですし、相手とどれくらい親密な関係かによって判断してもよいかもしれませんね。

出産祝いを贈るときの表書きの書き方

出産祝いを贈るときの表書きの書き方に頭を悩ませる方は少なくありませんよね。

まず、水引きには紅白の蝶結びのもの(紅白蝶結び)を選びましょう。紅白蝶結びは、何度でも結びなおせることから「何回あっても喜ばしい」という意味を持っているため、出産などのお祝いに適しています。

次に、表書きには、「御祝」「ご出産」「寿」「御出産御祝」「祝御出産」「御出産祝」などと書き,下段に贈り主の姓または氏名(フルネーム)を書きます。2~4人程度でまとめて贈る場合は連名で書き、それ以上の場合は「〇〇一同」と書きましょう。

文字を書くときは筆ペンやサインペンなど、黒で濃い墨のものを選ぶようにしましょう。また、しっかり大きく書いてくださいね。

出産祝いを贈るタイミング

妊娠は嬉しい報告ですから、赤ちゃんが生まれる前に出産祝いを贈りたい、と思う方は少なくありません。しかし、一般的に出産前に贈ることはタブーとされています。

というのも、妊娠や出産は予定どおりにいかないことばかりです。万が一死産や流産をしてしまった場合、出産祝いを贈ってしまうことで、ママを悲しませてしまうことがあります。そのため、出産祝いを贈る際は、必ず母子の健康を確認してからにしましょう。

また、出産後は1週間前後の入院が必要ですし、産後すぐはママの体調が思うように回復していなかったり、赤ちゃんのお世話でバタバタしていることがあります。これらのことから、体調などが落ち着いてくる出産後2~3週間を目安に贈ることをおすすめします。

ママがもらって嬉しい出産祝いのプレゼント

定番だけど喜ぶこと間違いないベビー服

せっかく出産祝いを贈るのですから、ママが喜んでくれるプレゼントを渡したいですよね。そんなときは定番ではあるものの、ベビー服をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんは汗をかきやすいですし、うんちやおしっこが漏れてしまうことが多々あります。そのため、思った以上に着替えがたくさん必要で、何枚あっても困らない、と感じるママが多いようです。

また、ブランドもののベビー服は、自分ではなかなか手が出ないこともあり、特に喜ばれるようです。

赤ちゃんの大きさには個人差がありますし、成長スピードがとても早いですよね。70~80cm(1歳前後向け)サイズのベビー服を選ぶと、比較的長く着られるのでおすすめです。

産後の物入り時期には助かる現金

赤ちゃんが生まれると、おむつを買ったりミルクを買ったり、なにかと出費がかさみます。そのため、現金や商品券が喜ばれることが多いようです。

贈る側からすると、味気ないですし、少し贈りにくいかもしれませんが、

・自分で使い道を決めることができる
・自分の趣味に合わないものをもらっても使い道がない
・内祝いの金額がわかりやすい

といった点から嬉しい感じるママが多いようです。

上記のような理由から、なにを贈ればよいかわからない、急なお祝いですぐに準備できるものを贈りたい、という場合には、現金や商品券がおすすめです。

現金や商品券をただ贈るのはやっぱり味気ない、と思う場合は、スタイでできたご祝儀袋を選ぶなど、ご祝儀袋にこだわってみてはいかがでしょうか。

赤ちゃんの名前が入ったスタイ

よだれが多い赤ちゃんであれば、1日に3~5回ほどスタイを取り換えなければなりません。そのため、スタイは何枚あっても困らず、ママに喜ばれるプレゼントの一つなのです。

最近ではさまざまな形やデザインのスタイが多く、人と被りにくいというメリットがあります。特に赤ちゃんの名前が入ったスタイは、世界に一つだけのプレゼントのためママに喜ばれます。赤ちゃんの名刺代わりにもなるため、親戚が集まる場に行くときや外出時に特に大活躍してくれますよ。

名前を入れる場合、注文してから手元に届くまで、少し時間がかかることがありますので、プレゼントを渡す予定が決まっているのであれば、早めに準備しておくとよいかもしれませんね。

出産を頑張ったママへ贈るプレゼント

ママの体へご褒美!美容グッズ

出産祝い=赤ちゃんへのプレゼント、というイメージが強いですが、出産を頑張ったママへプレゼントを贈ると、とても喜ばれます。

出産は想像を絶するほど体力を使いますし、産後は赤ちゃんを優先させて自分のことはなんでも後回しになってしまい、美容に気がまわらないものです。そのため、ママの体へのご褒美として、美容グッズをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

定番の美容グッズとしては、
・フェイスパック
・ボディクリーム
・リップケアアイテム
・マッサージオイル
・入浴剤
・美顔ローラー
・バストクリーム
・ヘアケアアイテム
などがあります。なかにはギフトセットになっているものもあるため、プレゼントにぴったりですよ。

毎日の育児での肌荒れを潤すハンドクリーム

赤ちゃんが生まれると、哺乳瓶やベビー服などの洗い物がぐんと増えます。また、1日に何度もおむつを交換するため、そのたびに手を洗わなくてはなりません。

これらからわかるように、産後はなにかと水仕事が増え、手がどんどん荒れていってしまいます。そんなママの悩みを解決してくれるハンドクリームをプレゼントすると、とても喜ばれますよ。

しかし、ママの手は赤ちゃんに触れることが多い、ということを忘れてはいけません。そのため、赤ちゃんに触れても安全なオーガニックのアイテムを選ぶようにしましょう。また、どれを選べばよいかわからない場合は、ベビー用品を販売しているメーカーのハンドクリームを選ぶと、安心して使うことができるものが多いのでおすすめです。

赤ちゃんとのお出かけ時に重宝するバッグ

赤ちゃんとお出かけをするとき、着替えやおむつ、哺乳瓶など、かなり持ち物が多くなりがちですよね。そのため、ママが今まで使用していたバッグは使わなくなることが多く、大容量のマザーズバッグはとても重宝します。

抱っこ紐を使うことが多いママであれば、抱っこ紐を装着していても肩にかけられるトートバッグタイプがおすすめです。斜め掛けもできるようになっていたり、ポケットがたくさん付いているものを選ぶと使い勝手がよいのでおすすめです。

また、ベビーカーでの移動が多いママであれば、両手があくリュックタイプがおすすめです。ショルダーをつけて肩掛けもできるものを選べば、シチュエーションによって使い分けができ、便利です。

まとめ

いかがでしたか?出産祝いをする機会は少ないため、マナーやママに喜ばれるプレゼントなど、意外と知らないことがたくさんあった、という方も少なくないのではないでしょうか。

赤ちゃんが生まれることは本当にうれしいことですし、幸せなことですよね。だからこそ相手に嫌な思いをさせないよう配慮することが大切です。「おめでとう」の気持ちが少しでも相手に伝わるよう、ここでご紹介したことを参考にしながら、素敵な出産祝いを贈ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018