就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳児の教育は大変?毎日の子育てで気を付けたいポイント

4歳児の教育は大変?毎日の子育てで気を付けたいポイント

イヤイヤ期が終わり、お着替えもトイレも自分でできるようになって、これでやっとママも楽になるかなと思い始めたころ「何だか最近よくぐずるなあ」と感じるときがありませんか?4歳ころの子どもによくみられる成長が逆戻りしているような行動です。ここでは4歳児の特徴について知り、育児のポイントを考えてみます。

男の子と女の子で全然違う?4歳児の特徴

「4歳の壁」とは?どんなことが起こるの?

「4歳の壁」という言葉があります。子どもが4歳ころになると、育児の壁にぶつかってしまうママが多いことからそう言われているのです。今までの育児法ではうまくいかないことが増えてきて、子どもは以前より泣いたり、ぐずったりしてしまいます。

今までの育児法で通用しなくなるのは、子どもが成長したからです。今まで、現在のこと・自分のことを中心に考えていたのに、4歳になり大脳が発達し、時間軸・空間軸で物事を考えるようになったのです。

「明日このお菓子を食べたい」や「お兄ちゃん怒るかな」など、未来や過去があること、他人の気持ちまで考えるようになります。そうした脳の発達段階で、子どもは混乱し、うまく気持ちを伝えられず、ぐずったり泣いたりしてしまうのです。

4歳児の男の子の特徴

同じ4歳でも、男の子と女の子では少し違います。まず男の子は、自分が理解してもらえない場合、相手を叩いたり、手を出してしまうことがあります。汚い言葉、例えば「うんち」や「うるせー」などという言葉で攻撃したりするのも、男の子の特徴といえます。

これを止めさせようと、ママは同じように叩き返したり、汚い言葉で応戦しないようにします。子どもと同じことをしていては、子どもも「叩けばいい、汚い言葉を使えばいい」と思ってしまいます。

ママは冷静になり、子どもが叩いたりする理由を聞きます。叩くにも理由があるはずなので、それを聞いてから「それでも叩くのはいけない」と教えます。汚い言葉も「相手に伝わらないから、きちんと話そう」と正しい言葉を教えてあげましょう。

4歳児の女の子の特徴

4歳ころは、女の子のほうが言語能力などの発達が早いので、抵抗のしかたが男の子と違います。自分の都合がいいように「後片付けはあとでするの」と言葉たくみにごまかしたり、何でも自分でしたがって「自分でするの!」と言い張ったり、それをやらせてもらえないとふて腐れてしまったりします。

背伸びをしたい女の子の気持ちを理解すると、ママも対処しやすいのではないでしょうか。なかなか後片付けをしないなら「いつするのか自分で決めて」と言い、それを守らせるようにします。自分の言葉は守る子が多いですよ。

何でも自分でやりたいなら、危険なこと以外ならやらせてあげましょう。ママが見守って、できれば褒めてあげます。上手に自分でできるようになれば、ママだって助かるし嬉しいですよね。

4歳児の教育で気を付けたいポイント3つ

1)子どもの心も揺れていることを理解する

上に書いたように、子どもは大脳の発達段階で、さまざまなことを考えるようになっています。相手の気持ちも考えて「相手を受け入れてあげたいけど、受け入れられない」など、子どもは自分の中で闘っているでしょう。そんな時、急に怒ってしまったり、感情をコントロールできなくても仕方がない状況だといえます。

揺れている子どもの心を、ママはしっかり受け止めてあげましょう。ぐずったり、泣いたりするのも、子どものわがままだけではないかもしれないので、頭ごなしに怒ったりしないようにしましょう。

子どもの成長は早いので、この4歳の壁もそのうちに終わります。揺れている子どもの心を理解し、ママが寄りそうことで、子どもはうまく成長していくことができるでしょう。

2)甘えを受け止め、疑問に答える

子どもが甘えてきた時には、ギュッと抱きしめて、ママからの愛情を感じさせてあげましょう。心が揺れている状態なので、不安もたくさん抱えています。ちょっとした問題も、子どもにとっては大きな問題だったりします。不安なときにママがいてくれたら、子どもはとても安心するでしょう。

子どもの疑問にもできる限り答えてあげます。子どもたちは「なぜ?」「どうして?」の疑問をいっぱい抱えています。大人にとっては当然、常識なことでも、子どもにとってはどうしてそれが普通なのかわかりません。

日々の小さな疑問にママが答えてあげることで、子どもは社会生活に必要なことを学んでいきます。忙しくて答えられないときでも「食器洗いが終わったらね」と言い、後できちんと教えてあげたいですね。

3)成功体験をさせてあげよう!

興味津々のこの時期の子どもは、何にでも挑戦したがります。積極的な気持ちを育てるためにも、子どもにできるだけ自由に挑戦させてあげましょう。成功したときの達成感は「やればできる」という気持ちを起こさせてくれます。

とは言っても、まだ何でも上手にできるわけではないので、自分の思うようにいかず怒りだしたり、物に当たったりしてしまうのが4歳児です。紙をハサミで丸く切りたいのに、ガタガタになってしまって、怒って紙を床に投げつけたりもします。

そんなときは、ママがはさみの使い方を教えてあげたり、ちょっと切るのを手伝ってあげてもいいでしょう。まだうまくできないことは「○○するのを手伝って。お願い。」と、誰かに助けてもらいながらがんばることを学ぶのも大事ですよね。

成功体験を味わえる!おすすめの習い事3つ

1)小さいころから耳を養う!英語、英会話

子どもは柔軟な頭で、どんどん学習していきます。将来のことを考えると、英語を早くから始めるのはいいことですね。英会話を小さなころから学んでいた人は「学校での英語の授業が楽だった」「仕事で役だった」と、よかったという人が多いようです。

小さなころから始めると、耳から聞く音を自然に覚えるので、英語に対する抵抗感が少なくてすみます。先生やお友達と英語で歌ったり踊ったりして、遊びと勉強がまじっているのも、子どもにとって馴染みやすい環境ですね。

英会話教室は全国にたくさんあるので、家から近い場所に見つけやすいのも利点です。教室によっては、無料体験をさせてくれるところもありますし、入学する前に、体験で様子をみることができるのも嬉しいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC