就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

4歳でぶつかる子育ての壁とは?子どもの才能を伸ばす教育のポイント

4歳でぶつかる子育ての壁とは?子どもの才能を伸ばす教育のポイント

4歳は身の回りのことを自分でできるようになります。やっとママも楽になるかなと思い始めたころ「最近よくぐずるなあ」と感じるときがありますよね。また、教育を意識し始めるのもこれくらいの時期ではないでしょうか?ここでは4歳児の特徴や子どもの才能を伸ばす教育のポイントを紹介します。

男の子と女の子で全然違う4歳児の特徴

「4歳の壁」とはどんなことが起こるの?

「4歳の壁」という言葉があります。子どもが4歳ころになると、育児の壁にぶつかってしまうママが多いことからそう言われています。今までと同じ育児法では、子どもがよく泣いたり、ぐずったりとうまくいかないことが増えてくるようです。

今までの育児法が通用しなくなるのは、子どもが成長したからです。今までは、現在のこと・自分のことを中心に考えていたのに、4歳になり大脳が発達し、時間軸・空間軸で物事を考えるようになったのです。

「明日このお菓子を食べたい」や「お兄ちゃん怒るかな」など、未来や過去があること、他人の気持ちまで考えるようになります。そうした脳の発達段階で、子どもは混乱し、うまく気持ちを伝えられず、ぐずったり泣いたりしてしまうのです。

4歳児の男の子の特徴

同じ4歳でも、男の子と女の子では少し違います。まず男の子は、自分が理解してもらえない場合、相手を叩いたり、手を出してしまうことがあります。汚い言葉、例えば「うんち」や「うるせー」などという言葉で攻撃したりするのも、男の子の特徴といえます。

これを止めさせようと、ママは同じように叩き返したり、汚い言葉で応戦しないようにします。子どもと同じことをしていては、子どもも「叩けばいい、汚い言葉を使えばいい」と思ってしまいます。

ママは冷静になり、子どもが叩いたりする理由を聞きます。叩くにも理由があるはずなので、それを聞いてから「それでも叩くのはいけない」と伝えます。汚い言葉も「相手に伝わらないから、きちんと話そう」と正しい言葉を伝えていきましょう。

4歳児の女の子の特徴

4歳ころは、女の子のほうが言語能力などの発達が早いので、抵抗のやり方が男の子と違います。自分の都合がよいように「後片づけはあとでするの」とごまかしたり、何でも自分でしたがって「自分でするの!」と言い張ったり、それをやらせてもらえないとふて腐れてしまったりします。

背伸びをしたい女の子の気持ちを理解すると、ママも対処しやすいのではないでしょうか。なかなか後片づけをしないなら「いつするのか教えて」と言い、その時間を約束しましょう。自分の言葉は守る子が多いですよ。

何でも自分でやりたがるときは、危険なこと以外は挑戦させてみましょう。できれば褒めてくださいね。自分でできるようになれば、ママも助かりますし、子どもの成長を感じ嬉しくなってきますよ。

遊びを通して子どもの才能を伸ばそう

幼児教育は生きる力を育む

4歳ころになると教育を意識し始めるママも多いですよね。幼児期に行う教育を幼児教育といいますが、早期教育とは意味合いが異なります。そもそも早期教育とは、専門的な知識を学んだり、お受験を見据えた勉強をしたりすることを指します。

一方で、幼児教育とは、小学校就学前に行う教育のことを指します。具体的には、幼稚園や保育園、家庭で教材を使用して学習したり、しつけを受けたりすることです。外で体を動かして遊ぶことも幼児教育に含まれます。

また、幼児教育の目的は生きる力を育むこととです。生きる力には、学力や健康な体、豊かな人間性などの要素があります。これらをバランスよく育むことが、幼児教育には求められます。

4歳で身につけておきたい力

年齢ごとに身につけておきたい力の目安があります。ここでは4歳で身につけておきたい力を挙げていきます。

・順番やルールを守って、友だちと遊ぶ
・ボールを片手で投げたり、両手でキャッチしたり、蹴ったりする
・自分の気持ちを言葉で伝えようとする
・相手の目を見て話を聞いたり、話したりする
・3~4個のものを瞬時に記憶する
・10までのかずを数えることができる
・ハサミを正しく持ち、大きな丸を切ることができる
・紐をこま結びできる

ただし、発達には個人差があるので、できないからといって焦る必要はありません。環境作りや興味を持たせるためのヒントとして、ここで挙げたことを参考にしていただければと思います。

子どもにとって勉強は遊びの一つ

人間の脳は6歳ごろまでに、約90%完成することがわかっており、その子の才能を最大限に引き出すには、幼児教育が重要な役割を担っていると考えられています。そのため、幼児期にはたくさんの経験をしたいものです。

ですが、「家庭での教育をどう進めていけばよいかわからない」「無理やり子どもに勉強をさせたくないけど、賢くなってほしい」というママは多いですよね。ここで思い出してほしいのが、4歳児の特徴です。

この時期の子どもは自らやりたいと意欲を見せることが多くなります。この意欲を活かせば、勉強しているという意識なしに、楽しく学ぶことができるでしょう。大人は勉強を難しく捉えてしまいがちですが、子どもにとっては遊びの一つであることも多いですよ。
36 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版