就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てに里山保育を取り入れるメリット。感性豊かな子どもに育てよう

子育てに里山保育を取り入れるメリット。感性豊かな子どもに育てよう

「里山保育」を知っていますか?森や川、田畑などの自然の中で体験することを基軸とした保育のことです。「森のようちえん」という名称で呼ばれることもあります。今回は「里山保育ってどういうもの?」「子どもにどういう影響があるの?」など、まだまだ知らないことの多い「里山保育」についてご紹介します。

里山保育ってどんなことするの?

何があるかな?たくさん外へ出かけよう

外へ遊びに行くと、気温や木、花や生き物から季節を感じ、毎日違う景色を見ることができます。直接手に触れたものや耳から聞こえる音、鼻で感じる匂いなど、体中で様々な経験ができるため、新しい発見も多いでしょう。

家から一歩外に出るだけで「木々が色づいてきたな」「飛行機雲があるな」など、ワクワクする体験もたくさん見つかります。

テレビやインターネット、図鑑で見たり調べたりするのもよいですが、実際の体験に勝るものはありません。外へ出て直接感じることで、より知識を深めることができるでしょう。

また自然と触れ合うことは、問題に直面したときに自分自身で判断をしたり、解決したりする力を養う効果も期待できるといわれています。

子どもが主役!大人は見守ろう

子どもの成長に欠かせないことが「遊ぶこと」です。毎日の遊びを通して、子どもは様々な経験をします。

大人が遊びを教えるのもよいですが、子ども自身が「身近にあるものを使ってどう遊ぶか」や「どういうルールで遊ぶか」など考えることも大切です。大人が思いつかないような面白い発想で、ママを驚かせてくれることもありますよ。

自然の中で遊ぶときには危険がともなうことも少なくありません。子どもは遊ぶことに夢中になってしまうので、ママがハラハラすることも多いでしょう。

しかし、なんでもかんでも「危ないよ」「ダメだよ」と先回りして注意すると、子どもの考える機会を奪ってしまいます。大きなケガをしそうなときなど、大人の助けが必要なときは、しっかり手を差し伸べ、それ以外はできるだけ見守るようにしてくださいね。

食育に力をいれているところも

「食べること」も成長には欠かせない要素の一つです。

米や肉、野菜、魚、果物など、毎日の食事で出てくる食べ物が、どう作られ、育てられているのかを実際に見ることは、子どもにとって貴重な体験になります。

直接目にすることで、食べ物に感謝の気持ちを持つ子どもも多いようです。自分のご飯が、誰かが大切に育ててくれたものだと知れば、好き嫌いもなくなっていくかもしれませんね。

また子どもと一緒に家庭菜園を楽しむのも、食べ物について学ぶよいきっかけになります。「自分が育てた野菜だから」と野菜嫌いを克服した子もいるそうですよ。

里山保育には、実際に動物を育てる農業体験や、育てた野菜などを使って食事を作る調理体験を通して、命や食の大切さを学べるところもあります。

里山保育のメリットはどんなこと?

自分で考えるようになる

お店で売っているおもちゃには、使い方があらかじめ書かれているものがほとんどです。しかし当然ですが、自然の中には遊び方が書かれていません。

おもちゃがないと「遊ぶものがない」と思う子どももいますが、里山保育では自然そのものが「遊び道具」です。目に映るものすべて、どのように使ってもよいのです。

木の枝や落ちている葉っぱ、小さな石など「遊びたい」という思いがあれば、子どもはそれらをどう使って遊ぶか考えていきます。大人が思いつかない遊びが始まることも多いでしょう。

使い方が決まっていない自然のものだからこそ、自由に考え、工夫して遊ぶことができるのです。発想を膨らませ、想像力を鍛えることは、生きていく上で大切な力を育てます。

自然や命の大切さを学べる

命の大切さを知ることは、生きていく上でとても大事なことです。生きているからこそ命があり、いつかは終わりを迎えます。

毎日の散歩中に見る花があるとします。「芽が出てきたね」「綺麗な花が咲いたね」と話していても冬を迎えるころには、花は枯れてしまいます。枯れた花を見て、とても悲しく感じる子どももいるかもしれません。しかし「命には限りがある」ということを知ることで、豊かな感情性は育っていくのです。

「今この瞬間を大切にしないと、二度と同じ瞬間はやってこない」ということを、自然の中ではたくさん実感することができます。「生きているとはどういうことか」を自然と感じることができるのも、里山保育の魅力ではないでしょうか。

自然の中で遊んで健康に

やはり家の中で遊ぶより、外で遊ぶ方が心も体もたくましく育ちます。外の空気に触れて、太陽の日差しをいっぱい浴びることは、健康の基本です。

自然の中で遊ぶときは、走り回ったり、木登りをしたりと、いつも以上に体を思い切り動かします。

水たまりがあれば靴が濡れないようにジャンプをしたり、つま先だけで歩いたりすることもあるでしょう。少し高くなったところから落ちないように、バランスをとって歩くこともあるかもしれません。

何度でもチャレンジできる自然の中だからこそ、失敗を恐れることなく楽しんで体を動かせます。五感をフルに働かせる遊びは、知らないうちに子どもの基本的な身体能力を高め、健康な心と体に導いてくれるでしょう。

自然体験は子どもの自己肯定感を高める

自己肯定感が低い人が増えている

自然の中での遊びには、子どもの自己肯定感を高める効果も期待できます。「自己肯定感」とは自分で自分を認めてあげる力、言い換えれば自分自身を愛する力のことです。

近年、子どもも大人も、自己肯定感の低い人が増えています。東京大学社会科学研究所とベネッセ教育総合研究所が2015~2017年の間に共同で行った研究によると、自分の長所を答えられない子どもは、実に43.4%にものぼりました。

自己肯定感は、誰しも生まれながらに持っているものですが、成長していく中で、壁にぶつかったり、周囲から否定的な言葉をかけられたりすることで、失われることがあります。

しかし感受性が豊かな子どもの自己肯定感は、些細なきっかけでプラスに転じることも多いものです。
32 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事