就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

卒乳の時期や目安を知ろう!卒乳の方法とママが気を付けること

卒乳の時期や目安を知ろう!卒乳の方法とママが気を付けること

「子どもにそろそろおっぱいを卒業してもらいたい」「うちの子まだ飲んでるけど大丈夫なのかな?」そう思いながら卒乳へ向けて、そわそわしているママも多いのではないでしょうか。まずは、卒乳についての知識を得ることと、十分な心構えをすることから一緒に始めてみませんか。

卒乳はいつ頃するの?どのくらいが目安?

卒乳を始める時期の目安はあるの?

自分はまだ子どもにおっぱいをあげているのに、まわりのママたちがどんどん授乳をやめていくのをみていると、「自分のところも卒乳を考えたほうがいいのかな?」なんて焦ってしまいますね。

卒乳は子どもの個人差や、ママの考え方なども関係してきますので、始める時期にも家庭によってばらつきがあります。ただ、1歳半くらいになれば自分で食事や水分もとれますし、生活リズムも整ってきて夜にはたくさん眠ってくれるようになるので、子どもにとっても卒乳しやすくなるのかもしれません。

日頃の子どもの様子や、栄養面を総合的に見て「そろそろ卒乳しても大丈夫かな?」とママが思えるのであれば、卒乳を考えてよいのかもしれないですね。

1歳半から2歳に卒乳する子が多い

子どもが卒乳する時期については、1歳半から2歳くらいの間が多いようですが、食事でしっかりと栄養をとれるようになってミルクや母乳を欲しがらなくなる【自然卒乳】や、ママが子どもに言い聞かせながらやめる【計画卒乳】などもあり、理由や方法は人それぞれ違うでしょう。

子どもも1歳半を過ぎた頃には、母乳自体の栄養が減ってきますから、食が細い場合には栄養面も心配ですし、それくらいの年齢になると歯も生え揃ってきて、夜間の授乳による虫歯も気になってしまいますよね。

また、そのほかの卒乳の理由としては、夫婦で二人目が欲しいと思うようになることや、ママが職場復帰をすることなどから、卒乳を考え始めるママが多いのではないでしょうか。

無理に卒乳させる必要はない

日頃、ママが母乳で育てている場合には、子どもがおっぱいに対して強く依存してしまうことがあります。授乳は、母親はおっぱいをあげながら子どもの顔を眺めていられる時間ですし、子どもにとってはママのことを独り占めできる大切な時間でもありますね。1歳半くらいになってくると、子どもにとっては母乳を飲むという行為よりも、「母親のおっぱいそのものに触れていたい」という気持ちの方が強くなるのかもしれません。

「卒乳しようかな」とママが考えたときには、できれば子どもにも心の準備をさせてあげたいですよね。子どが成長すれば、そのうちにおっぱいを飲まなくなりますから、ママがとくに卒乳を急いでいないのであれば、無理に子どもにやめさせる必要はないでしょう。

卒乳前にチェックしておくべきこと!

おっぱい、ミルクに代わる栄養がとれている

卒乳前にチェックしておきたいことに、おっぱいやミルクに変わる栄養がとれているかどうかということがあります。もし、離乳食の進みが遅かったり、もともと小食であるというような場合には、食事だけでは栄養面のバランスも心配になるでしょう。

【卒乳前の子どものチェックポイント】

・ストローやマグを使って水分が飲めるようになっている。
・離乳食も進んで、3食とおやつをしっかりと食べられるようになっている。
・遊びに夢中でおっぱいを忘れることが増えた。

子どもにとっておっぱいやミルクは体だけでなく、心の栄養でもありますから、授乳をしなくても精神的に安定できるのかどうかを、ママが見極めてあげることも大切だといえそうです。

おっぱいの分泌量が減ってきている

授乳をやめる前には、まずはおっぱいの分泌量が減ってきているのかどうかを気にしておきましょう。

離乳食が進んでいても、まだたくさん母乳を飲んでいるという子もいるでしょう。しかし、そのときママのおっぱいの分泌量は多いままなので、そのまま卒乳してしまうと、おっぱいが張ったり、ときには乳腺炎になってしまったりすることもあるかもしれません。

子どもがおっぱいを飲みたがるときには、なるべく先に食事やおやつを与えるようにして、子どもに飲んでもらう母乳の量を少しずつ減らすように心がけてみるとよいでしょう。そうすれば、子どものおっぱいへの執着も薄れやすくなるでしょうし、作られるおっぱいの分泌量も減っていくはずです。

家族みんなの心の準備ができている

子どもがぐずったときには、おっぱいやミルクをあげると落ち着いてくれることもありますが、卒乳すれば、それができなくなります。そのことをママをはじめとして、パパも理解しておかなければなりません。

卒乳は、決してママと子どもだけでするものではありません。まわりにいる、家族みんなのサポートが必要不可欠になってきます。卒乳するときには、子どももなにかとぐずりやすくなってしまいますから、なるべく普段とは違う刺激を与えて、授乳を忘れてもらうようにすることが大切です。

また、母乳の場合はママが寂しい気持ちになることも多いです。「卒乳の途中であげてしまった」ということにならないように、ママもしっかりとした覚悟を持っておくことが必要ですね。

卒乳の方法は?なにかコツはあるの?

あらかじめ予告しておく

大人でも、習慣になっているものをやめるのはなかなか難しいですよね。それは、子どもの場合も同じです。1歳半〜2歳くらいになれば、ママが話している内容もだんだんと分かってきていますから、卒乳することをきちんと説明して、子ども本人に心の準備をさせてあげることも重要です。

そして、ママにも心と体の準備ができているのなら、子どもとカレンダーを見ながら一緒に卒乳する日を決めたり、保育園や幼稚園の就園を機にやめたりするのもよいでしょう。

そのときには子どもにも、

「この日からおっぱいやめるんだね、すごいね〜」
「お友だちもおっぱいやめてるんだって〜」

などと声をかけながら、近いうちにおっぱいがなくなることを伝えておきましょうね。

日中はたくさん遊んであげる

家の中では、特にお腹が減っていなくても、おっぱいを飲むことがルーティンになっている子も多いでしょう。卒乳当日にはなるべく家の外へ連れ出すようにして、子どもにおっぱいのことを忘れてもらうことが大切です。

【卒乳する日からの対策】
・公園や遊べるところへ連れ出して、たくさん身体を動かす。
・ショッピングモールや、車の危険の少ない場所で一緒にたくさんお散歩する。
・祖父母のところへ行って、ママ以外の人ともしっかり遊んでもらう。

日中はとにかく子どもの体を疲れさせてあげましょう。そうすれば、遊んだ分だけ、夜にはたくさん眠ってくれるはずです。卒乳する前から、事前にしっかりとした計画を立てておくようにしましょうね。

食事や水分は十分に与える

せっかく卒乳がうまくいっていても、お腹が減ることや、喉が乾くタイミングで子どもがおっぱいのことを思い出してしまうことがあるかもしれません。

「子どもがそろそろおっぱいを欲しがりそうだな…」とママが思うタイミングで、こまめに食事や水分を与えていくことが大切です。

また、もともと食が細い子はおっぱいをやめたからといって、急にはたくさん食べられないでしょう。ママは、子どもの栄養面が心配になってしまうかもしれませんが、そのときには焦らず、食事の量を減らして、回数を増やすようにしてみるとよいでしょう。

子どもがおっぱいをやめた後には、食事からの栄養をしっかりととれるようになってもらいたいものですね。

卒乳後にママが気を付けるべきこと

太りやすくなるので食事に気を付けよう

おっぱいをあげている間は、お腹も空きやすくなりますから、ご飯やおやつをつい食べ過ぎていませんでしたか?それでも授乳をしているうちは、そんなに体重が増えることもなかったですよね。

それほどまでに、授乳によるカロリー消費が大きかったということになりますね。ですので、卒乳するときにママが食べる習慣も残ったままだったり、食欲も増えたままだったりだと、当然太りやすくなってしまいます。

また、卒乳のときにはどうしても子どものことで、頭がいっぱいになりがちです。同じ時期に、自分の食生活のことまで見直すのも難しく感じるかもしれませんが、できるだけ体重を意識しながら、食事や間食を減らすように心がけてみましょうね。

正しいサイズのブラジャーをつけよう

ママのおっぱいは、妊娠から出産、そして授乳をする1年〜2年くらいの短い間に、ずいぶんとサイズも形も変わってきますよね。

「効き乳の方ばかりあげていたら、左右のおっぱいの形が違ってきた」
「授乳が落ち着いてきた頃から、少ししぼんできたかも…」

なんていうママも、意外と多いのではないでしょうか。

卒乳後にはおっぱいのサイズもだんだんと小さくなっていきますが、産前や授乳中につけていたブラジャーとはサイズや形も変わっているかもしれません。サイズの合わないものをつけ続けることによって、おっぱいの形が崩れてしまう可能性もありますので、授乳を終えたら正しいサイズに測り直して、おっぱいにぴったりと合うブラジャーをつけるようにしましょうね。

夜泣きに悩まされることがある

夜の寝かしつけにおっぱいが必須だという子は、もしかしたら、パパもママも夜泣きに悩まされるかもしれません。

夜間授乳をしている間、子どもは夜中にもおっぱいを飲むため、どうしても一度や二度は夜中に起きてしまいます。そして卒乳してしばらくは、子どもの体内リズムも前のままなので、どうしても夜中に目を覚ましやすくなっています。

もし、子どもが夜泣きを始めたときには、パパもママも睡眠不足で大変かもしれませんが、二人で協力しあうことが大切です。

いずれ子どもの体内リズムが整ってくれば、夜通し眠ってくれるようになりますので、新生児のときに戻ったものだと思いながら、子どもが眠りにつくその間まで、優しく抱きしめて安心させてあげて下さいね。

卒乳後のおっぱいケアはどうやるの

おっぱいの張りを抑えよう

授乳をしていたときには食べられなかったものも、卒乳すれば食べられるようになりますよね。しかし、おっぱいの中では、卒乳してもしばらくは母乳が作られています。卒乳したからといって好きなものばかり食べていたら、おっぱいが張りやすくなってしまうでしょう。

母乳の分泌量を抑えるためにも、なるべく授乳していたころと同じような食事内容にしておきたいものです。

【食生活で気をつけたいこと】
・炭水化物の取りすぎに注意する。
・甘いものを控える。
・水分を取りすぎないようにする。
・脂っこいものや、脂質を避ける。

また、長くお風呂に入るのも、血液の循環がよくなって母乳の分泌を促進してしまうので避けたほうがよいですね。

おっぱいを軽く搾ろう

授乳を止めたあとにはおっぱいが張りやすくなるかもしれません。だからといっておっぱいを自分でたくさん絞ってしまうと、さらに母乳が作られて逆効果になってしまいます。こんなときには正しいおっぱいのケア方法で乗り切りましょう。

授乳を止めたら、1日に2〜3度乳首をつまんで、おっぱいの先っぽに溜まっている母乳を逃がしてあげましょう。このときには、あくまで軽く絞るように注意が必要です。そして1週間経ったら、おっぱい全体から母乳を出す要領で絞り切ります。この間隔を1週間、1カ月と伸ばしていくことで、だんだんと母乳の色が、白色から透明な液へと変わってくるはずです。もし、自分でやるのが不安な場合には、専門医に相談するのもよいかもしれませんね。

専門家にみてもらおう

卒乳後に、こんな兆候が出てきたときには、そのままにせず、早いうちから専門医のところへ行って診てもらうようにしましょう。

・おっぱいがヒリヒリと熱く感じる。
・おっぱいにちくちくとした痛みや腫れがある。
・悪寒や発熱がある。

また、おっぱいにしこりのようなものを触れることがあるかもしれません。乳腺の詰まりなのか、乳がんなのかと不安になってしまいますよね。そんなときにもきちんと病院で診てもらえれば、安心することができるでしょう。

子どもが無事に卒乳できたときには、できれば一緒に喜んでいたいですね。おっぱいのトラブルからママの体調が崩れてしまうことのないように、卒乳後は、日頃からのおっぱいのメンテナンスを忘れないようにしましょうね。

まとめ

生まれてから卒乳する日まで、ママは授乳しながら我が子の成長を身をもって感じてきたことでしょう。子どもが大きくなってそのことを忘れてしまっていても、ママに優しく抱っこされてミルクやおっぱいを飲んでいたことは、きっと体のどこかで、あたたかい記憶として残っていくはずです。

母乳をあげていたママは特に、卒乳したときには、喜びよりも寂しさの方ががこみ上げてくるかもしれません。ママも【おっぱいをあげるのを卒業した】という意味で、まずは、授乳を終えたおっぱいをたくさん労ってあげて下さいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018