就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

産後のスキンケアは時短が命。綺麗なママを維持するスキンケア方法

産後のスキンケアは時短が命。綺麗なママを維持するスキンケア方法

妊娠中は体調や肌の調子が気になりますが、産後それらがすぐに改善するとは限りません。とくに肌は妊娠中よりも乾燥して肌荒れやシミが目立つと感じるママも多くいます。産後も綺麗でいるためには、どのようなことに気をつけてスキンケアをすればよいのでしょうか?産後に肌の調子が悪くなる理由も合わせてご紹介します。

産後の肌はボロボロ?スキンケアで綺麗に!

産後の肌は不安定。乾燥から肌を守る

女性の身体に大きな影響を与えるホルモン。月経はもちろん、妊娠や出産に備えるためにもホルモンの働きが大事です。

ところが、このホルモンのバランスが大きく変わる月経や妊娠のタイミングで、体調や肌にも変化が出てきます。出産後は女性ホルモンが妊娠前の状態に戻ろうとしている時期で、肌荒れの大きな原因になります。

同時に、育児で不規則な生活になると、自律神経が乱れて肌のターンオーバーが遅れたり、肌のバリア機能が低下したりします。バリア機能とは、外部の刺激から肌を守る機能で、これが低下すると乾燥が進み、かゆみなどが出ることがあります。

このように、産後の肌はとても不安定になりやすいので、現状に合ったスキンケアをすることが大事です。

お風呂上がりは戦争!スキンケアは時短で

赤ちゃんが産まれたばかりだと、ママもゆっくりお風呂につかるということは難しいですね。一緒に入れるようになったらなったで、ママは服を着る余裕もないままに赤ちゃんの着替えに突入してしまうなんてこともあるのではないでしょうか。

お風呂上りは、着替えて、ミルクをあげて、寝かしつけの準備をして、とバタバタしてしまうので、スキンケアにゆっくり時間をかけるひまがないのが現実です。ですが、これでは綺麗な肌を維持するどころか、余計に乾燥が進んでしまいます。

お風呂上りは肌の水分蒸発が激しく、保湿をするためには浴室を出てから1分以内に化粧水や乳液を塗るのが効果的といわれています。忙しいママですが、時短でできるスキンケア方法を考えましょう。

産後のスキンケアを怠ると将来大変!

産後のママの身体はトラブルも多いですが、徐々に妊娠前の状態に戻ろうとしている大事な時期です。妊娠中に増えたシミや色素沈着も、産後に時間をかけて徐々に薄くなっていくことが予想されますが、だからといってなんのケアもしないで過ごしていたら将来どうなるかわかりません。

肌が敏感になっているために起きる乾燥肌や吹き出物といったトラブルも、放っておくとさらに肌の機能が衰え、自力で回復するのが難しくなります。産後の身体が完全に回復するまで1年かかるともいわれますので、それまでのんびり構えるのはリスクが高いですね。

産後は肌自体も本来の機能を取り戻そうと頑張っているときです。ママが適切なスキンケアをすることで、その力を助けてあげましょう。

オールインワンは産後ママの救世主

オールインワンは一つのアイテムでケア終了

忙しいママでも満足のスキンケアアイテムがオールインワン化粧品です。化粧水、乳液、美容液、クリームといったステップが、一つのアイテムでできてしまいます。

基礎化粧は一つ一つにかかる時間は短くても、まとめて考えるとそれなりの時間になってしまいます。蓋を開けたり、閉めたりするだけでも、時間がもったいないと感じるママも多いことでしょう。

それが一つで済めばかなりの時短になりますね。「一つのアイテムだから効果が薄い」「しょせんその場しのぎのスキンケア」と思っていた人も安心してください。

最近のオールインワン化粧品は、基礎化粧品を全種類使用するのと同じくらいの効果が見込めます。こだわりの成分で作られたものなど種類も豊富ですよ。

プチプラから高級品まで品揃えも豊富

手軽なことで人気なオールインワン化粧品ですが、経済的という面でも多くのママに選ばれています。プチプラのものなら500円から手に入り、高級品になっても5000円台が目安です。

基礎化粧品を全種類そろえようとすると、軽く10,000円前後かかってしまいますが、オールインワン化粧品なら一つ購入するだけなので比較的高価なものを買ったとしても安あがりですね。

敏感肌用やエイジングケアができるもの、高保湿成分配合のものや美白成分を含んだものなど、品揃えも豊富になってきています。自分の悩みに合わせて、求める効果に有効な成分をチェックしておくと選びやすくなります。

プチプラでも優秀なオールインワン化粧品をみつけてみましょう。

産後のスキンケア商品の選び方

産後のママの肌は敏感になっているので、産前と同じものを使っていると肌荒れしてしまうことがあります。やはり、産後の肌の状態にあったスキンケアの成分、方法を心がける必要があります。

スキンケアアイテムを選ぶ場合、低刺激、無添加、オーガニックなどのキーワードに注目してみると、赤ちゃんと触れ合うママにも安心です。ほかにも、乾燥が気になるならアルコールフリーで保湿成分がたっぷり含まれたものを選ぶこともポイントになります。

また、商品を選ぶときにあまり重要視されませんが、使い勝手のよさというのも実は大切です。蓋の開け閉めが必要な容器よりも、片手で使えるポンプ式ならスピーディーに日々のお手入れができますよ。
31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版