就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れでスキーを楽しもう!必要な持ち物やスキー場の選び方

子連れでスキーを楽しもう!必要な持ち物やスキー場の選び方

子どもと一緒にスキーを楽しむためには、どんなことがポイントになってくるのでしょうか?子どもが一緒だからこそ忘れてはいけない持ち物や、子連れにやさしいスキー場を紹介します。また、子どもを飽きさせないために親ができることとは?これから子どもと一緒にスキーに行く予定の方は、ぜひ見てみてくださいね。

子連れスキーに必要な持ち物は?

防寒対策はしっかりと

スキー旅行は荷物が多くなりがちで、悩んでいるママも多いと思います。しかし、スキー中防寒対策ができていないと、子どもは寒いとグズりがちになります。そうなると、せっかくの旅行が台無しになってしまうかもしれません。

子連れスキーを思う存分楽しむためにも、防寒対策は万全にしていきましょう!

子供用のスキーウェアの他にも、ダウンジャケット、フリース、レギンス、スキー用の厚手のソックスなどを用意できるといいですね。とくに靴下は、普通のものだと「寒い〜」と子どもから文句が出るかもしれません。靴下用のホッカイロもおすすめです。

スキー場は、風も冷たいので、ネックウォーマーや帽子も必需品です。メルカリで中古品をゲットするのもアリですね。

ゴーグルや日焼けどめも必要

ゲレンデは照り返しがある上、スキー場は標高が高いので、天気が良いと日差しが眩しくなります。なので、ゴーグルは欠かせません。

普通のサングラスはNGです。というのも、転んだ時にケガをする可能性が高いからです。子どもの安全のためにも、あくまでもスキー専用のゴーグルを装着するようにしましょう。

また、日焼け止めも必需品です。じつは、雪の紫外線反射率はとても高いんです。街のアスファルトが10%、夏のビーチが10~25%ですが、なんとスキー場のゲレンデでは、最大で80%にもなるんです!

つまり、スキー場では紫外線は倍増するということ。小さなお子さんの肌を守るためにも、日焼け止めも忘れずに用意するのがベターです。とくに鼻や頬にしっかり塗りましょう。

子どもは汗かき。着替えやタオルも忘れずに

子どもは汗をかきやすいです。そのため、肌着・アンダーウェアは、吸湿性・速乾性にすぐれた素材のものを選びましょう。わざわざ買うのが面倒な場合は、家にあるTシャツやタイツなどでもOKです。

また、汗を拭くのにタオルも必要です。子どもの背中にタオルを入れてあげるのもよいと思います。休憩時間にサッと取り替えたり抜いてあげるだけでいいので、楽ちんですね。

そして、着替えも忘れずに!子どもは雪遊びに夢中になっていると、汗や寒さを気にせずに遊び続けてしまいます。なので、風邪をひいたりしないためにも、大人がしっかりと管理してあげることが大切。とくにお昼頃に気温が高くなるので、タイミングを見極めて着替えさあせてあげるとよいですね。

子連れでも安心できるスキー場の選び方

キッズパークがある場所

子連れでスキーの行くなら、やっぱり子ども専用の遊び場があると安心ですよね。ここで、いくつかキッズパークのあるスキー場をご紹介します。

新潟県の「ガーラ湯沢スキー場」は、雪遊びやそり遊びができるコーナーがあります。まだスキーができないお子さんでも楽しむことができますよ。

長野県の「黒姫高原スノーパーク」は、ファミリー向けのスキー場として大人気の場所。長靴のままで乗れるリフトがあったり、キッズ向けのスクールもさまざまなレベルがあるので、お子さんに合わせて楽しむことができます。

群馬県の「水上高原スキーリゾート」では、なんとポケモンに会えちゃいます!「ピカチュウリフト」やポケモンのアトラクションがあるので、お子さんもきっと喜びます♪

ホテル直結のスキー場

子連れスキーは、移動するのにも一苦労ですよね。ここでは移動のストレスが少ない、ホテルとゲレンデが直結したスキー場を紹介します。

長野県の「白馬コルチナスキー場」は、ホテルの目の前がゲレンデ。人気の白馬エリアのなかでも、ふわふわのパウダースノーが自慢のスキー場です。子供用のスノーモービルなどがあるキッズパークもあるので、子連れスキーにぴったりです。

同じく長野県の「エックスホテル」もゲレンデ直結の、本格的なリゾートホテル。ホテルがゲレンデ内に建っているというから驚きです。源泉かけ流しの天然温泉と美味しい料理で、スキーの疲れを癒やすことができますよ。

その他、岐阜県の「鷲ヶ岳高原ホテルレインボー」は、なんとホテルの目の前がリフト乗り場になっています。

託児所があるスキー場

スキーがまだできない小さなお子さんがいる場合は、託児所があるホテルがおすすめです。

群馬県の「軽井沢スノーパーク」は、2歳以上の子どもを預けられる託児所つきのスキー場。授乳室・オムツ室はもちろん、無料キッズスペースもあります。さらに、「迷子リストバンド」も無料配布されているのも嬉しいサービスですね。レストランには、ファミリー優先席や子ども用の椅子が用意されているので、お子様連れ家族にとってはかなり嬉しいスキー場です。

栃木県の「ハンターマウンテン塩原」には、生後6カ月~4歳の子どもが対象の託児所があります。キッズパークやキッズ用のスキー用品・ウェアのレンタルも充実。ハンドル付きのソリなど、子どもが楽しめるグッズもありますよ。

子連れでスキーを楽しむためには

子どもが飽きない工夫をする

子連れスキーを楽しむためには、子どもが飽きない工夫も大切になってきます。やはり、ご紹介したようなキッズパークやキッズルームがあるスキー場の方が、子どもが飽きにくいですよね。

スキーができるお子さんでも、途中で飽きる可能性は十分あります。そんな時には、キッズルームに移動して他のことで楽しんだり、ソリで遊んだり、あるいは雪だるまを作ってみたり…スキー以外のことでお子さんと遊べるといいですよね。そのうち、「またスキーしよう!」と言ってくるでしょう!笑

あとはやっぱり「おやつタイム」。子どもが好きなおやつの時間をもうければ、子どもは元気とやる気を取り戻してくれるはずです。子どものお気に入りのおやつを持っていくと、子どもが喜びますよ。

スキースクールの利用も選択肢

子どもにスキーを教えるのは、楽しいですが大変です。スキー場には、子供向けのスキースクールや講習会のプログラムが用意されていることも多いので、それらを利用するのもひとつの手ですね。

子ども用のスキースクールは、子どもが学びやすいように工夫されていたり、楽しみながら上達できるように考えられていることが多いです。そういったプロのサービスを利用してみるのは、子どもにとっても、親にとっても、得るものがきっとあることでしょう。

とくに小学生前の未就学児のお子さんの場合は、「楽しく教える」ことがとても大切。安全のことも考えられていますし、いろんな独自のノウハウが詰まった子供向けスキースクールは、一度利用して見る価値はあると思いますよ。

ケガ予防対策を忘れずに

楽しいはずの子連れスキーも、ケガをしてしまっては台無しです。一般のスキーコースは、スピードを出しているスキーヤーや、危ない滑りをしている人もいます。いくら注意して子どもを見ていても、衝突してしまう可能性をゼロにはできません。

やはり、子ども専用エリアで遊ぶのが、何よりのケガ予防になります。また、ストレッチなどの準備運動もしっかりとしておきましましょう。必ず守ってほしいのが、ヘルメットの着用です。小さなお子さんの大事な頭を守るためにも、ヘルメットは忘れずに!

また、慣れなうちは、コースの外や進入禁止エリア、雪の深い場所などに入ってしまう可能性もあります。子どもからは目を離さずに、しっかりと見守っていてくださいね。

まとめ

今回は子連れスキーに必要な持ち物やスキー場の選び方、子連れでスキーを楽しむためにできる工夫などをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

子どもと一緒にスキーをするのは、一生の思い出になるような、とても素敵な体験です。

だからこそ、多少面倒でも、防寒対策や着替えやグッズの準備はしっかりとやりましょう。そしてスキー場では、ケガやトラブルを起こさないように、しっかりと見守ってあげましょうね。

また、子連れ客にやさしいスキー場を選ぶようにすれば、より楽しい1日を過ごすことができるはずです。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018