就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

広島県内の子どもと行ける遊び場は?楽しく過ごせるスポットを紹介

広島県内の子どもと行ける遊び場は?楽しく過ごせるスポットを紹介

子どもと遊びに行く場所がパターン化してきて、たまには違うところに連れていきたいと思うことはありませんか?今回は広島県内にある子どもと楽しく過ごせるスポットをご紹介します。広島県や広島近郊にお住まいのママは子どもとお出かけするときの参考にしてみてくださいね。

子どもがワクワクする遊び場【公園編】

1日では遊びきれない「国営備北丘陵公園」

子どもと一緒にお出かけしたいけれど、近隣にどんな施設があるかわからないというママもいますよね。ここでは子どものテンションが上がること間違いなしの公園をご紹介します。まずは「国営備北丘陵公園(こくえいびほくきゅうりょうこうえん)」です。

国営備北丘陵公園は1日では遊びきれないほど、数多くの遊具と広大な敷地面積を誇る公園です。年齢ごとに大型遊具やスロープが設置されているので、小さな子どもをベビーカーに乗せて遊びに行くこともできますよ。

夏には水遊びやキャンプ、冬はイルミネーションなど、季節ならではのことを楽しめるのもこの公園の魅力です。何度も遊びに行って、国営備北丘陵公園の魅力を満喫してみてくださいね。

東屋でランチもできる「新宮中央公園」

二つ目は廿日市市にある「新宮中央公園(しんぐうちゅうおうこうえん)」です。新宮中央公園にはけん玉をモチーフにした遊具「たまちゃんの宮殿」があり、地域住民からは「けん玉公園」の愛称で親しまれています。

たまちゃんの宮殿は小学生向けですが、隣には3〜6歳の子ども向けの遊具「たまちゃんの庭」もあり、小さな子どもも楽しんで遊ぶことができます。遊具のほかにも芝生広場があり、かけっこやボール遊びをすることもできますよ。

また、夏に人気のある水遊びエリアの奥には東屋があり、お昼時にはランチをする親子の姿が多く見られますよ。芝生広場も広いので、お弁当とレジャーシートを持って、ピクニックに行ってみてはいかがですか。

川で水遊びしたくなる「憩いの森公園」

三つ目は東広島の風景を一望できる「憩いの森公園(いこいのもりこうえん)」です。公園内にある山はハイキングにぴったりで、展望台から見る景色に癒されますよ。

憩いの森公園は大型の複合遊具や公園に流れるきれいな川も人気です。遊具は大きな子ども用と小さな子ども用で分かれているので、年齢を問わず楽しめます。大型遊具だけでなく多目的広場やキャンプ場もあり、キャンプやバーベキューを楽しむことでもできますよ。

夏は公園内に流れる川で川遊びもおすすめです。水深も子どものふくらはぎ程度なので、小さな子どもでも安心して遊ぶことができますよ。また、春は桜、秋は紅葉などの季節の草花も楽しめます。季節を問わず遊べる、子ども連れに人気の公園ですよ。

親子で楽しめる遊び場【レジャー施設編】

一度に色々楽しめる「広島マリーナホップ」

ここからは広島県内の親子で楽しめるレジャー施設をご紹介します。子どもに、ママパパ、おじいちゃんおばあちゃんと三世代で楽しめる施設もありますよ。まずご紹介するのは「広島マリーナホップ」です。

広島マリーナホップは水族館、遊園地、ショップやレストランなど、一度に色々なことを楽しむことができます。水族館ではサンゴ礁のラグーンやナイトアクアリウム、遊園地ではメリーゴーランドやピエロコースター(ジェットコースター)などが楽しめます。

施設内にはアウトレットモールもあります。パパに子どもを預けて、ママはゆっくりお買い物を楽しむのもよいですね。また、「思い出横丁」では昔ながらの駄菓子を買ったり、おもちゃすくいをしたりすることができますよ。

大人も楽しい道の駅「湖畔の里福富」

二つ目は大人も楽しめる道の駅「湖畔の里福富(こはんのさとふくとみ)」です。隣には福富ダムがあり、湖にも囲まれているので景色がきれいですよ。道の駅なので、お土産を買ったり、食事を楽しんだりすることもできます。

道の駅ならではのお店以外にも、子どもも楽しめる21種もの遊具があるふれあい広場や芝生、キャンプ場があります。道の駅のイメージとは一味違った楽しみ方ができるのが、湖畔の里福富の魅力でしょう。

施設内にはベンチや木陰などの休憩スポットもありますが、休みの日は家族連れでにぎわっているので、レジャーシートやテントを持っていくことをおすすめします。授乳室やおむつ台もあるので、赤ちゃんのいるママでも安心ですよ。

祖父母も一緒に遊べる「みろくの里」

三つ目は親子だけでなく、祖父母も一緒に楽しめる「みろくの里」です。みろくの里には昭和30年代の街並みをモチーフにした「いつか来た道」という施設があります。子どもたちにとっては新鮮で、おじいちゃん・おばあちゃんにとっては懐かしく感じるでしょう。

みろくの里内には遊園地もあります。アトラクションは約20種類あり、フリーパスを購入すれば、料金を気にせず楽しむことができます(一部アトラクションに回数・身長・年齢制限あり)。夏にはプールや花火も楽しめますよ。

遊園地の近隣にはホテルや温泉つきの宿泊施設もあり、みろくの里の入場券とセットになったお得なプランも用意されています。三世代でのプチ旅行にも最適ですよ。

雨の日も楽しめる遊び場【室内施設編】

無料で遊べる「広島市こども文化科学館」

雨の日は何をして過ごそうと困ってしまうことがありますよね。連日、外で遊べないと子どもの元気もあり余って大変です。ここでは雨の日でも楽しめる室内施設をご紹介します。まずは「広島市こども文化科学館」です。

広島市こども文化科学館は、遊びながら科学について学ぶことができる室内施設です。広島県立総合体育館や中央公園ファミリープールに隣接し、天気に関係なく、無料で遊ぶことができます。平日でも多くの子どもたちでにぎわっていますよ。

施設内には科学を利用したおもちゃが用意されています。1階にはジャングルジム、2・3階には実習室と工作室、4階にはプラネタリウムがあります。ほかにも、週末や祝日にはマジックショーやサイエンスショーが開催されますよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版