就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで栃木旅行に行こう!親子で楽しめる観光スポットと宿泊施設

子連れで栃木旅行に行こう!親子で楽しめる観光スポットと宿泊施設

栃木には、自然と触れ合える観光スポットや、親子で楽しめるテーマパークなど、家族みんなで楽しめる場所がいろいろありますよ。ここでいくつかご紹介しますので、栃木旅行に行ってみたいと思っているけれど、どこがよいのか悩んでいるママはぜひ参考にしてくださいね。

自然と触れ合える人気観光スポット

動物と触れ合える「那須どうぶつ王国」

那須どうぶつ王国は、馬や羊、うさぎ、アルパカ、カンガルー、カワウソ、ペリカン、ネコ、パンダ、ペンギン、タカなど、子どもに人気のたくさんの動物たちに会うことができる動物園です。

園内は、王国タウンと王国ファームの二つのエリアに分かれており、王国タウンは屋内施設中心のエリアなので、雨の日でも楽しむことができます。王国タウンでは、ペンギンやビーバーを間近で見たり、レッサーパンダやカピバラへのエサやり体験をしたりなどが人気です。

王国ファームには大自然が広がる広い牧場があります。羊やカンガルー、アンデスコンドルなどと触れ合うことも可能です。ほかにも、いろいろな動物たちを目の前で見ることができますよ。

バードパフォーマンスや羊のショーも人気です。

釣りや乗馬ができる「美濃が原森林公園」

美濃が原森林公園では、ウサギや馬、ハリネズミなど、いろいろな動物たちに会うことができたり、釣り堀でイワナやニジマス釣りを楽しんだりすることができます。

馬が食事をしている姿や、羊がのんびりお昼寝している姿など、動物たちが自由に過ごしている様子を見られるので楽しいですよ。動物たちには会えるだけでなく、馬やヤギにエサやりをしたり、乗馬をしたりなど直接触れ合うこともできます。

魚に興味がある子どもなら、釣り堀での釣りを楽しみましょう。エサ付きの竿を使って気軽に釣りを体験することができ、自分で釣った魚は、囲炉裏で焼いてその場で食べることもできます。

遊具やツリーハウスなどもあるので、小さい子ども連れにもおすすめです。

宝石探しの「トレジャーストーンパーク」

トレジャーストーンパークは宝探しアトラクションを楽しめるテーマパークです。クリスタルやターコイズ、エメラルド、アメジストなどのパワーストーンを砂や川のなかから見つけることができます。お宝発見みたいなワクワク感が子どもたちに人気です。

宝探しのコースは、「地下高山」と「水晶の谷」の2種類あります。「地下高山」では、チームで協力しながら探すことができるので、子どもだけでなくパパやママも一緒に参加して、制限時間内にどれだけ見つけられるかを楽しみましょう。集めたパワーストーンはすべて持ち帰ることができるので、みんな夢中になって探すことでしょう。

施設内を歩くだけでも、洞窟や秘密基地を探検しているみたいで楽しく、子どもが喜ぶこと間違いなしですよ。

親子で非日常を楽しめるテーマパーク

江戸時代に家族でワープ「日光江戸村」

日光江戸村は、江戸時代を再現した歴史のテーマパークです。施設内は街道、宿場町、商家町、武家屋敷、忍者の里とエリアが分かれています。どれも本格的な建築なので歩くだけでも楽しめますよ。

江戸人に変身すれば、より江戸時代の気分を味わいながら楽しむことができますよ。子ども向けの変身メニューは、侍、忍者、武家娘、新撰組、町人、町娘、殿様、姫様、子ども丁稚と、種類は盛りだくさんです。大人も変身できるので、家族みんなで好きな衣装に着替えて施設内を散策するとよいでしょう。

忍者や新撰組などの江戸時代に存在した職業体験や、忍者アクション、手裏剣や弓矢などの江戸の遊びなど、体験やショーなどがいろいろあるので、何度行っても楽しめますよ。

1日で世界旅行「東武ワールドスクウェア」

東武ワールドスクウェアは、世界の建造物や世界遺産を1/25スケールで再現した世界建築博物館ともいえるテーマパークです。47の世界遺産を含む世界の有名建築物102点が展示されています。

園内は「現代日本ゾーン」「アメリカゾーン」「エジプトゾーン」「ヨーロッパゾーン」「アジアゾーン」「日本ゾーン」とエリアを分けて、建築物や世界遺産が再現されているので、いろいろ回って世界旅行をしているような気分で楽しみましょう。

春は梅や桜の盆栽、冬はイルミネーションなどと、季節によって違う楽しみがありますので、季節ごとにお出かけするのも楽しいですよ。

園内には授乳室や子ども用トイレ、キッズルームなどもありますので、小さな子連れでも安心してくださいね。

乗り物好きなら「ツインリンクもてぎ」

36 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事