就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【仙台】キラキラの星空・宇宙を体験ができる「仙台市天文台」

【仙台】キラキラの星空・宇宙を体験ができる「仙台市天文台」

仙台の中心から車で約30分の距離にある宇宙のスケールを体感できる天文総合博物館「仙台市天文台」。施設のミッション「宇宙を身近に」にちなんだ展示物や体験などを行っています。プラネタリウムの鑑賞や望遠鏡を使った天体観察の企画等が楽しめる施設に取材へ行ってきました。

子どもの宇宙への好奇心を刺激する天文台

未就学児も楽しめる仙台市天文台

宇宙を身近に感じられる「仙台市天文台」は、大人だけでなく未就学の子どもも楽しめます。施設には、プラネタリウムやリニューアルした展示室内にある「GEN理(げんり)の広場」、芝生で遊べる「惑星広場」など遊びながら宇宙や天文学の基礎原理を学べます。

施設内はベビーカーの貸し出しや授乳室、おむつ交換台も完備しており、小さな子どもが一緒でも安心。また、展示室内には、キッズルームを完備。宇宙に関する絵本やおもちゃを中心に用意されており、展示室よりもキッズルームにこもりっきりになってしまう子どももいます。

また、離乳食の温めやポットの利用したいなど困ったことがある場合は、スタッフに相談してみましょう。

来館は車、バスで

仙台駅前から約30分、遠方からの方は東北自動車道「仙台宮城IC」より国道48号経由で約10分の場所。125台の無料駐車場も完備されています。また、施設の周辺には、有名な温泉街秋保温泉や木の室内創造あそび場「感性の森」などのある「錦ケ丘ヒルサイドモール」などもあり、仙台市天文台以外にも子どもと楽しめます。

電車を利用する場合は、JR仙山線「愛子駅」から「錦ケ丘」行きのバスに乗り換え、最寄りのバス停「錦ケ丘七丁目北・天文台入口」で下車。そこから徒歩5分の距離になります。

また、仙台駅から出ているタケヤ交通「秋保・川崎仙台西部ライナー」は、施設内の駐車場にあるバス停まで運んでくれます。

子どもにはプラネタリウムがおすすめ!

子ども向けの番組もあります

270席あるプラネタリウムは、日付や曜日によって番組内容が変化します。内容によっては子どもには難しい番組もありますが、初めての子どもでも楽しめるのが子ども向け番組「こどもの時間」。クイズを用いたりしながら楽しく、進行していく番組で、主に土・日・祝日の午前中(11:30〜)に投映されます。

興味がある方は、公式ホームページから投映スケジュールをチェック。

プラネタリウムは1番組45分で、一般600円、高校生350円、小・中学生250円で未就学児は無料。また、観覧席にはベビーカー用の席も用意されています。

子どもがぐずったり、飽きてしまうんじゃないかと心配の方は、スタッフが待機している入口近くの席を利用することをオススメです。

見るだけでもワクワクする展示室

2018年4月1日にリニューアルした展示室は「GEN理(げんり)の広場」を新設。「光」「重力」「原子」など、宇宙や天文を知るうえで欠かせない基礎原理をゲーム感覚で体験しながら学べます。

まだ小さな子どもには、理解するのが難しい内容ですが楽しみながら遊んだ記憶が大きくなってから役立つことも。

展示室内の各エリアでは、模型やCG映像を使ってイメージできるようになっています。小さな子どもも興味がわくような演出があり、プロジェクターで映し出すキラキラした世界(銀河)は小さな子どもは夢中になるコーナーのひとつ。

そして、新設された「GEN理の広場」は、「ガリレオ・ガリレイ」「アイザック・ニュートン」「アルバート・アインシュタイン」の頭文字から名付けられており、重力、光、回転、原子、磁界の五つの原理をゲーム感覚で体験できます。

パズルのように発泡スチロールの原子を組み合わせてみたり、光に透明なガラスを置いて光の向きを変えてみたりと、親子で楽しめるポイントです。

大型の望遠鏡で星が見られるイベントも開催

天体観察の体験もできます!

国内屈指の大きさを誇る口径1.3mの「ひとみ望遠鏡」で天体観察ができる「天体観望会」を毎週土曜日の19:30〜21:30に開催しています。参加料は、一般・高校生が200円、小・中学生が100円。チケットは受付にて21:00まで販売中です。

見たことのない大きな望遠鏡で星を見てみませんか?天候状況によって中止になる場合もるので注意してください。

移動天文車「ベガ号」が、勾当台公園や七北田公園へ出動して天体望遠会を開催しています。参加料は無料なので、ベガ号が近くに行ったときには参加してみてください。

休憩場所のテーブルをチェック

オープンスペースのお弁当が食べられるテーブルに注目!このテーブルをよく見ると、地球や土星などが隠れています。テーブルが太陽のサイズに例えられており各惑星の大きさの比較ができます。地球の小ささにびっくりです。

また、ミュージアムショップが併設。ここでは、宇宙に関連した商品が多数販売されています。その中で最も気になったのが、ずんだもちの宇宙食。他にも、たこやき味なども販売しているので、宇宙飛行士になった気分で食べてみよう。

太陽系の惑星軌道を75億分の1のスケールでデザインした「惑星広場」は、芝生になっており、暖かい日は、子どもたちが走り回れる場所です。

見学の合間に、レジャーシートを敷いてお弁当を食べたりするのにもピッタリです!

まとめ

宇宙や天文が学べる「仙台市天文台」は、子ども向けの設備が充実しており、小さな子どもが一緒でも遊びやすい施設になっています。見たり、触れたりして感じる宇宙の世界は、驚きがいっぱい。

小さな子どもへはプラネタリウムや天体観察などわかりやすいコンテンツがおすすめです。いつもとは、違ったスポットに行ってみたい方は、候補に入れてみてはどうでしょうか。

仙台市天文台(せんだいしてんもんだい)

宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32

022-391-1300

9:00~17:00(土曜日は21:30まで、展示室は17:00)※最終入館30分前

水、第3火曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29〜1/3)※学校の長期休み期間は開館

3歳以上

展示室/一般600円、高校生350円、小・中学生250円、未就学児無料 プラネタリウム(1回)/一般600円、高校生350円、小・中学生250円、未就学児無料

http://www.sendai-astro.jp/

ベビーカー入場可、おむつ交換台有、駐車場、授乳室、弁当持込可

ライター紹介

羽根田 圭司

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR