就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・渋谷】NHKスタジオパークでEテレのキャラクターと遊ぼう!

【東京・渋谷】NHKスタジオパークでEテレのキャラクターと遊ぼう!

NHKをまるごと楽しむ体験型のテーマパークが「NHKスタジオパーク」。子どもが大好きなEテレ番組のキャラクターで遊べるコンテンツがいっぱい!他にもドラマの展示物などもあるので、ママも興奮間違いなしです。では、早速親子で楽しめる「放送の世界」へ探検に行ってみましょう!

スタジオパークはどこにあるの?

渋谷のNHK局内にあります

「おかあさんといっしょ」から「みいつけた!」などユニークな子ども番組が人気のEテレや、ドキュメンタリーやドラマなど様々な番組を放送するNHKは渋谷にあります。この建物内に、撮影スタジオは50以上もあるんだとか。ここで数々の名作が生まれているんですね。

渋谷駅からは徒歩10分程度。直行バスも出ているので、小さな子どもが居てもラクラクです。原宿駅からは徒歩約12分、代々木公園方面に歩いて向かうこともできますよ。

NHKの1Fがスタジオパークの入り口

スタジオパークは大きく分けて3つのフロアに分かれています。案内図を見てのとおり、かなりのボリュームがあるので子供とじっくりゆっくり回ることをおすすめします。

授乳室やトイレ、休憩スペースやカフェもあるので子連れでも安心です。

まずは入ってみましょう!

Aフロアでまずはキャラクターにご対面!

入り口すぐでウエルカムグリーティング

中へ入るとどーもくんのお友達たーちゃんがお出迎え。か、カワイイ!

エントランスでは1時間半おきにグリーティングタイムがあるので、ハグしたり写真を撮ることができます。キャラクターは随時変わるそうなので、行ってからのお楽しみ!(一回のグリーティングは30分ほど。混雑時は撮影できない場合もあります)

企画展「昆虫展」ではスタンプラリーが

Aフロアにある企画展ブースでは、夏の間の企画として「あつまれ昆虫大特集」がやっていました。企画ブースでは大きなカブトムシと綱引きができたり、虫眼鏡をのぞいて虫を探したりと子どもたちも大はしゃぎしている様子。

パーク内の各地でスタンプを集めていくスタンプラリーも開催しているので、各コーナーを楽しみながらコンプリートすることができます!全部集めると素敵なプレゼントが。

「あつまれ昆虫大特集」は期間限定のため2018/9/9までなので注意が必要です。

今回間に合わなくても、こちらの企画展では今回のような子ども向けの内容だけでなく朝ドラの展示をやっていたりと季節によって様々な展示が行われていますよ。

今回はこちらのキュートなどーもくんストラップがもらえるそうです!子どもと一緒に館内を探検してスタンプを集めるというイベントも、親子仲が深まっていいですね。

企画展を見たら、まずはそのまま下に降りてBフロアへ向かってみましょう。ベビーカーの場合はエレベーターで昇り降りすることができます。

BフロアにはNHKの歴史が詰まってる!

最先端の技術を体験できるコーナー

過去のNHK番組がアーカイブされた「メディアウォール」は迫力満点!タッチパネルが大好きな子どもが食いつくこと間違いなしのコーナーです。

ドラマやドキュメンタリー・歌番組など気になる映像をタッチすると、画面が拡大されてその番組が見れるという画期的な仕組みになっています。

4Kも驚きの高画質ですが、8Kテレビはさらなる鮮やかさ。実際に「8Kリビングシアター」では、どれだけ映像がキレイなのかを体験することができます。

こちらのどーもくんアニメでは、この画面の中に隠れたなぞなぞを解読するゲームができます。画面を間近で見ると本当に細かいところまで見れるので、花びらの数まで分かるんですよ!

こちらの「NHKクエスト」ではキッズやドラマなどジャンルを選んで、クイズにチャレンジできます。タッチパネルになっているので、小さな子どもでも楽しめそうです。文字を読んだり言葉が理解できなくても、感覚的に楽しむことができますよ!

Bフロア中盤は子どもが大興奮するコーナー

はてなルームで日常のナゾを知ろう

Bフロアの中盤は、より子どもが楽しめそうな「はてなルーム」へ。「ガッテン!」と「すイエんサー」のコーナーから始まります。カラフルでポップなデザインが子どもの好奇心をそそりますね!

なぞなぞ好きな子どもは謎解きゲームにチャレンジしたり、「ガッテン!」の出演者になったつもりで「ガッテン!」ボタンを押して遊ぶことができます。連打すると「ガッテン!ガッテン!ガッテン!…」と何度も繰り返すので、子どもたちは大喜びでボタンを押していました。

ママも子どももみんな大好き横山だいすけお兄さんといとうあさこさんがいます!

アニメアフレコにチャレンジ!


なんと、「アフレコスタジオ」では自分が声優になれる体験ができます!「おじゃる丸」や「機関車トーマス」など好きな番組を選んで、映像に合わせてセリフを録音すると、自分の声でキャラクターが喋るのです。これは、かなり貴重な体験ですね。

もちろん、まだうまく話せない子でも体験できるので自由にマイクに向かって話してみると喜びそうです。

ニュースキャスターにもなれる

その先にある「スタジオパークNEWS」では、誰でもニュースキャスターになれるコーナーが。天気予報士、アナウンサー…みんなとってもキマっています!これはシャッターチャンス。こちらも、なかなか普段では体験することができないのでよい刺激になりそう。

向かい側には「クリエイティブラボ」という最先端のゲームができるコーナーもあります。ipadとカードを使い、好きな音とイラストを選んでカードを並べていくとその2つが組み合わさった映像が出来上がります。年齢問わず自由な発想で遊べるので、その子の個性を楽しみましょう!

ひと休みしたらママのご褒美タイム

どーもくんイスの休憩スペースが

可愛いどーもくんとその仲間たちが沢山いる「どーもくんスクエア」。どこにいるか探してみると楽しいですよ!お菓子やジュースが売っているので、疲れたらここでひと休みしましょう。

ドラマライブラリーに感動!

朝ドラや大河好きのママなら感動もの!実際に撮影で使われた小道具や衣装が展示された「ドラマライブラリー」を抜けて、Aフロアへと戻ります。あの作品やこの作品…朝ドラファンの筆者は特に「あまちゃん」が大好きなので、興奮を隠せませんでした( ‘ jjj ’ )

再びAフロア。スタジオを見学後は自然の世界へ

土日には本物の収録現場を見学できる

Aフロアには収録スタジオがあり、土日には生放送のテレビ番組「土曜スタジオパーク」やラジオ番組「日曜バラエティー」の様子を実際に見ることができます。もし好きな芸能人が出ていたらラッキー!?

平日はスタジオを解放しているので中に入ってじっくり見ることができます。

次のコーナーへ向かう途中にもこんな面白スポットが。家族で

子どもがネイチャーカメラマンになれる

Aフロア奥には自然番組をテーマにしたコーナーが。こちらではどう猛な動物たちを撮影するための戦車カメラなど特殊なカメラを操作することができます。撮影が難しい動物たちをどのような技術を使って行っているのかを、体験しながら知ることができます。

楽しさもピークになる「キッズワールド」へ

Cフロアは子ども番組のキャラクターが沢山

ここまででもボリューム満点ですが、小さな子どもたちはCフロアのEテレ教育番組のコーナーで本領発揮です!

雲が描かれてまるで空のような空間にあるスロープを降りていくと…そこには子どもたちの天国!多くの子どもがこれを見て育ったであろう「おかあさんといっしょ」のキッズスペースが。

子どもたちが画面の前でお姉さんお兄さんたちと踊ったり、ボールで遊ぶことができます。ここにもイスがあるのでママにとっては休憩場所にもなりますね。

このすぐ横には小さな子どもの目線に合わせたパネルでお絵かきなどのゲームが。ベビーカー置き場があるので、そこに置いていろんなコーナーを楽しめますよ。

「みいつけた!」のコッシーを発見!子どもと一緒に2ショットを撮りたくなります。ベンチのおじいさんにもほっこり。この他に、ドアを開けてキャラクターを探すコーナーもありますよ。カラーリングがポップでとってもキュート!

「いないいないばあっ!」の人気キャラ・いつも元気なワンワンのお腹のモフモフを体験できるコーナーや、「おかあさんといっしょ」に出てくるガラピコぷ〜のコーナーもあります。

いつもテレビ越しに見ているキャラクターがこんなに沢山いるなんて、子どもだけでなく親も一緒にはしゃいでしまいそうですね。

最後はイベントホールで企画展を満喫

現在は「スタパDEアート」開催中

Cフロアの最後にはイベントギャラリーとして毎回ユニークな企画が行われています。現在は10月18日まで「スタパDEアート」が。

「びじゅチューン」「デザインあ」「ノージーのひらめき工房」など子ども向け番組から大人まで、アート関連の番組も多くもつNHKならではの内容になっていますよ。

実際に番組内で制作したものも沢山飾ってあります。アイデアを駆使してお絵かきするコーナーもあるので、ここで子どもの意外な才能を知るかも!?

俳優・草刈正雄さんが出演する「美の壷」記念写真コーナーも。スタッフさんに座っていただきました。華がありますね!

お土産コーナーやカフェもあります

キャラクターグッズやCDを販売

こんなにNHKの番組グッズが豊富に揃うのはここだけ!番組ごとにコーナーが分かれているので、わかりやすいです。有料で記念写真を撮れるサービスもありますよ。

どれもかわいいので迷ってしまいます。

カフェも併設されているので、ランチやおやつタイムでのんびり食べながら休憩できます。店内も広いので席数も多く見受けられました。

ボリューム満点の学べる遊び場

楽しく遊んで楽しく学ぶ。大人も子どももたくさんの刺激を受けられる場所がスタジオパークでした。

何度訪れても違った楽しみを味わえると思うので、ぜひ皆さんも子どもと一緒に楽しんでくださいね!

最後はどーもくんに見送ってもらいました。ありがとう、どーもくん!ありがとうNHK!

NHKスタジオパーク(エヌエチケイスタジオパーク)

東京都 渋谷区神南2-2-1

03-3485-8034

10:00~18:00(最終入場17:30)

定休日:毎月第4月曜(祝日の場合翌日)、その他休館日あり

0〜6歳

一般200円、こども無料

https://www.nhk.or.jp/studiopark/index.html

ベビーカー入館可、授乳室・オムツ交換台あり

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

大曽根 真悠

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018