就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京】ベビーカーで挑戦!子どもと高尾山を登ってみよう

【東京】ベビーカーで挑戦!子どもと高尾山を登ってみよう

秋には紅葉の名所となる高尾山は、ケーブルカーや舗装されている道があり子どもと登るのにおすすめの山です。今回はそんな高尾山を、テニテオスタッフの親子と一緒に登りレポートしてきました。ベビーカーを使う場合、どの道を使って登るのがよいのか、山中のお寺や名物グルメなど内容盛りだくさんな高尾山をご紹介します。

高尾山口駅から出発!

ベビーカーを持って山登りに挑戦

山登りに挑戦するのは4歳の息子がいるテニテオスタッフ親子です。ベビーカーに乗って行きます。

スタート地点になる京王線「高尾山口」駅にはお土産売り場や観光案内所がありとても賑わっている様子。駅から徒歩5分ほどの「清滝駅」というケーブルカーの乗り場をまずは目指します。

まだ小さな子どもなのでさすがに全部徒歩で登る…というのは難しいですね。中腹までケーブルカーを使って1号路に合流しそこから徒歩で山頂を目指すコースです。

「高尾山口」駅を出たら右に曲がりまっすぐ道なりに行くとケーブルカー乗り場につきます。そこまでの道も紅葉が色づいてとてもきれいです。

ケーブルカー乗り場に着いたらまず券売機か窓口で乗車チケットを買いましょう。大人片道480円で、未就学児は大人一人につき無料になります。少しお得な930円の往復チケットもありますよ。

子どもも大興奮のケーブルカー

ケーブルカーに乗れば6分で中腹まで行くことができます。美しい景色をゆっくり堪能できますよ。

紅葉シーズンの見ごろは例年11月初旬から下旬ごろ。多くの人が訪れるため乗り場には行列ができていました。でも、ケーブルカーは7分間隔で来るのであまり待ち時間があるようには感じませんでした。

ケーブルカーには緑色のあおば号と赤色のもみじ号があるのだとか。どっちに乗れるかはお楽しみです。

ふもとの「清滝」駅と「高尾山」駅から同時出発するので中間地点で対向車両を見ることができます。

クライマックスは日本一の急傾斜

到着直前には急な傾斜を一気に登ります。31.8度あるこの傾斜は日本一の勾配なのだとか。

体感だと45度は角度があるんではないかというくらい!ものすごい後ろに倒れるので立っているのがやっとでした。子どもも大はしゃぎで喜んでいました。

「高尾山薬王院」まで登ってみよう!

ケーブルカーを降りたら広々とした景色が広がります。

ここからは一号路を歩いて登ります。一号路の道は舗装されていて、傾斜もなだらかなのでベビーカーを押しながらでも楽に登れますよ。まずは「高尾山薬王院」を目指しましょう!

高尾山は食べ歩きも楽しい

食べ歩きしながら登山ができるのも高尾山の魅力の一つです。山頂まで様々なグルメスポットがあり、名物の「三福だんご」や「天狗焼」などを楽しめます。

特に「三福だんご」の食べられるお店は頂上までいくつもありました。ゴマ入りや雑穀入りなど、お店によって違うのでいろんな味を楽しめますよ。

「タコ杉」と開運を呼ぶ「ひっぱりだこ」

駅から5分ほど歩くと「タコ杉」という樹齢450年の大きな杉があります。ぐにゃりと曲がった根っこがむき出しになっていて、それはまるでタコの足のようです。

その隣には頭をなでると運を引き寄せてくれるといわれる「開運ひっぱりだこ」があります。長年多くの登山者になでられて頭はすっかりツルツルです。

さぁどんどん歩きましょう。

ここからは子どももベビーカーから降りて歩くことにしました。緩やかな登り道で自然を楽しみながらゆっくり楽しめます。

半分くらい歩みを進めると「高尾山薬王院」の参道につきました。道の両サイドに並ぶ赤い灯籠がとてもきれいです。

人気スポットを超え「高尾山薬王院」に到着

参道を抜けた後しばらく歩くと、「男坂・女坂」という二手に別れた道があります。「男坂」は108段ある階段、「女坂」は緩やかな坂道です。私たちは「女坂」を使いました。子ども連れにはやはり「女坂」がおすすめです。合流地点があるのでどちらを使っても行き着く先は同じです。

合流地点からまた少し歩くと「高尾山薬王院」に到着です。ケーブルカーを降りてから子どもとゆっくり歩いて30分ほどかかりました。

ここは天狗の信仰で有名なお寺。たくさんの天狗の像がありました。迫力満点です!

上の写真は「願叶輪潜」。輪をくぐって、その先にある鐘をならすと願い事が叶うのだそう。

山頂までは二通り!無理ない方を選びましょう

「高尾山薬王院」から先は山頂に行くまでに二つの道があります。一つは階段を上る道、もう一つは登山道を歩く道です。ここから先はどちらも少し険しくなるので体力と相談して登ってみましょう。

階段を登れるならお寺を突き抜ける方が早い

一つ目の道は「高尾山薬王院」をそのまま突っ切ってしまう方法です。ただ上の写真のように急な階段が続くのでベビーカーは一度折りたたみましょう。

階段を登る道を選ぶと「高尾山薬王院」を隅々まで楽しむことができます。

ちょっと険しい山道を登っていく

二つ目の道は「高尾山薬王院」の階段から少しそれたところにある山道を登って行く道です。途中までは緩やかでベビーカーを押して登ることができます。また、これまでは舗装されていた道を登りましたが、この道は途中から完全には舗装されていない道になります。自然もより多くなり一気に「山登り」感が増します。より自然を体感したい人にはおすすめです。ベビーカーを押せないほどではないですが少しガタガタします。

私たちは今回ベビーカーを押しながらこちらの道を使ってみました。子どももここまでくると疲れたようで、またベビーカーに乗ることにします。

少し険しい道を30分ほど歩きます。最後は角度も少し急になり一人でベビーカーを押すと結構疲れます。ベビーカーを押していた私はバトンタッチしてもらいました。皆さんもパパやお友達と力を合わせて登りましょう。力を合わせて登り切れば達成感が得られます!

山頂到着!お疲れ様でした

とうとう山頂到着です。標高599mからの景色は圧巻。ここまで登った達成感とともに広い景色に癒されます。

お店でもお外でも!美味しいご飯を食べよう

最後は山頂でご飯です。ここまでたくさん歩いたのですっかりお腹が減りました。高尾名物のお蕎麦とおでんをいただきます。

山頂には飲食店も幾つかあり、お弁当を持参すれば外で食べるスペースもありますよ。お店でくつろいで食べるのもよし、外で景色を眺めながら食べるのもいいですね。

子どもとの登山に必須の持ち物

今回実際に子どもと高尾山を登り「これは必要だな」と思った持ち物をご紹介します。

防寒対策や抱っこ紐は必須

冬の寒い時期は地上とは気温が違うので防寒対策はしっかりしましょう。天気が良くても山頂の方は空気がとても冷たいです。ホッカイロなども持って行って、体調を崩さないようにしましょう。

また、抱っこ紐の準備もあるといいです。今回は全てベビーカーで登りましたが、階段の道を使いたい場合など抱っこ紐があると便利だと思います。

高尾山のトイレ事情

まず子どもとのお出かけで気になるトイレ問題。道中トイレはほとんどありません。途中のお寺や山頂にはあるのですがどれもとても混んでいます。

そのため、山中での緊急のためにオムツがあると安心です。

また「高尾山口」駅にはベビーシート付きのトイレがあるので改札を出る前に済ませておくこともおすすめします。

「高尾山」へのアクセス

交通機関を利用される方

高尾山へのアクセスは電車で京王線「高尾山口」駅下車徒歩5分です。「新宿」駅から「高尾山口」駅まで京王線を使い約50分、中央線だと特急快速で45分、快速で1時間ほどです。高尾山商店街を抜けると高尾山の入り口やケーブルカー乗り場になります。

車でお越しの方

車でお越しの方は中央自動車道八王子JCT経由、圏央道高尾山インターをおりて国道20号線を新宿方面に5分程走ると高尾山です。「高尾山口」駅の「八王子市営山麓駐車場」と「高尾山薬王院祈祷殿駐車場」があります。

まとめ

「高尾山口」駅から出発して高尾山を満喫するのにトータルで4時間ほどかかりました。途中観光スポットやお土産を買うのも含めた時間です。半日遊ぶのにはちょうどよい時間でした。

寒い時期は家にこもってしまいがちですが、外に出て自然の中で体を動かすのはとても気持ちがいいです。事前準備や計画をきちんと立てて子どもとの登山を思いっきり楽しんでくださいね。

高尾山(たかおさん)

東京都八王子市高尾町

0歳以上(ケーブルカー利用)

ケーブルカー大人片道480円小児240円未就学児無料

ベビーカー可、駐車場あり、弁当持込可

ライター紹介

金子 寧々

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR