就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【東京・青梅】東京で1番長いすべり台と豊かな自然「花木園」

【東京・青梅】東京で1番長いすべり台と豊かな自然「花木園」

今回は、東京で一番長いローラーすべり台のある「花木園」にお邪魔してきました。東京の青梅市にある花木園はたくさんの自然に囲まれた公園です。たまには都会から離れてお子さんと思いっきり自然の中で遊びたいですよね。滑り台以外にもたくさんのオススメポイントがありましたよ!!

「花木園」ってどんなところ?

自然がいっぱい!!大きな公園!

花木園は、約80種類8000株の花木が植えられているとても大きな公園です。

四季折々の花が楽しめるので、どの時期に行ってもいつも新しい発見ができます。

このように大きな植物公園は入園料がかかるところが多いですが、「花木園」は入園料がかかりません!これは嬉しいポイントですね!


花木にはそれぞれ説明が・・・。お子さんと一緒に植物のお勉強もできますね。

春には梅や桜やモクレン、夏にはあじさいやムクゲ、秋は紅葉も楽しめるようです。

果樹の展示見本園やバーベキューも!

他にも「果樹の展示見本園」や、作付から収穫まで体験できる「体験実習農園(一般利用不可)」なんていうものもあります。農業の体験実習ができるなんてとっても貴重な体験ですね!

また園内にはバーベキュー用のかまど(要事前予約:公園緑地課まで)もあります。近くには、売店やコンビニがないのでここでバーベキューをするかお弁当を持参するといいと思います。

日よけのできる休憩所もあります!まだまだ暑い日が続くこの季節にはとても嬉しいです!!

都内で一番長いローラーすべり台!!

カラフルでインスタ映えするすべり台!

花木園のすべり台は、東京都内で最も長い211メートル!

虹色のカラフルなすべり台は見るだけでワクワクしてきます!

途中には飽きないような工夫もたくさん!

長い長いすべり台の途中には、子どもが飽きないように可愛らしい豆知識の書いてある看板がいくつもあります!

子どもと一緒に看板を探してみるのもまた一つの楽しみですね!!

青梅市の鳥や木などを紹介してくれています。

ダンボールかビート板を持って行こう!

こんなにも長いローラーすべり台はすべっている間にお尻が痛くなってしまうので、ダンボールか水泳で使うビート板のようなものを持参していくのをオススメします。

すべり台の上まで楽に行けるコースも!

長いすべり台のスタート地点まで行くのはけっこう大変です。子どもが何回もすべりたいと言ったら、上に行くだけでもヘトヘトになってしまいます。

そんな時は、すべり台のスタート地点まで楽に行けるコースも用意されているので、こちらも活用してみてください!

すべり方はちゃんと守りましょう!

小さい子どもとすべる場合は特にパパとママが注意を払ってあげましょう。小さい子どもはすべっている間に立ち上がったりしようとすることがありとても危険なので、しっかりとフォローしてあげてくださいね。

ルールを守って安全に楽しみたいですね!

他にも子どもが喜ぶアスレチックがたくさん!

花木園には他にも子どもが喜ぶたくさんのアスレチックがあります!

下の写真の木でできたアスレチックは、子どもたちのテンションがとっても上がりそう!大きいのでパパとママも一緒に遊んであげられそうでいいですね。

子どもが大好きなターザンロープだってありますよ!!

まとめ

「花木園」はJR東青梅駅からバスに乗り、「小曾木診療所」下車後徒歩10分のところにあります。

小さな子どもを連れて電車やバスを乗り継ぐのは大変なので、車を使って行くのがいいかもしれません。ちなみに駐車場は土・日・祝は300円ほどかかりますが、平日は無料です。

また授乳室や、おむつ交換台はありません。心配なママは授乳ケープや新聞紙を持って行ったり、車の中で子どものおむつ替えを済ませてから遊ぶなどの工夫をするといいと思います。

都内で1番長いすべり台を体験しに、ぜひ「花木園」に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

花木園(かぼくえん)

東京都青梅市小曾木4丁目2615−1

0428-22-1111

9:00~17:00

休園日なし

2~6歳

無料

https://www.city.ome.tokyo.jp/koen/kabokuen.html

ベビーカー入場可、おむつ交換台無、駐車場有、授乳室無、弁当持込可

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018