就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【愛知】自動車の実物展示を通して世界の車の歴史がわかる「トヨタ博物館」

【愛知】自動車の実物展示を通して世界の車の歴史がわかる「トヨタ博物館」

世界の様々な自動車メーカーの自動車の展示を通して、自動車誕生以来の歴史がわかる「トヨタ博物館」。車好きの子どもにとって、目の前でいろんな車を見ることができるおすすめの施設です。今回はそんな「トヨタ博物館」を紹介します!

teniteo CHANNEL[テニテオ]

by teniteo

クルマが大好きならこの博物館に!

トヨタ博物館はどんな場所?

愛知県内には「トヨタ」に関連する博物館や施設がいくつか存在しています。これらはそれぞれ違ったコンセプトになっているのを知っていますか?

今回、取材に伺った「トヨタ博物館」は自動車が誕生してから現在まで、世界の自動車産業の歴史を実際の車の展示を通して学べる施設になっています。

着いたらまずは本館へ

トヨタ博物館は「本館」と「新館」に分かれています。車の展示を見るためには、まずは敷地内の南側に位置する本館に行きましょう。
赤い屋根がある建物が本館です。さっそく向かってみましょう!
駐車場から正面入口に向かう途中に、青いボンネットバスを発見!中に入ることもでき当時のバスの雰囲気を味わうことができます。

入口を入ると左手に受付とチケットの券売機があるので、チケットを購入しましょう。入館料は大人1,000円、中高生600円、小学生400円。未就学児は無料なのも嬉しいですね!

新館は、本館と2階の連絡通路でつながっており、1階と3階は無料で入館ができます。

世界中の自動車を間近で見てみよう

自動車の歴史がわかる博物館

館内には、トヨタ自動車の車はもちろん、世界各国の自動車メーカーの車を見ることができ、その展示数は常時約140台ちかく。企画展に合わせて、展示の入れ替えを行っているため、何度来ても楽しむことができます。
本館1階のエスカレータ前には、黒い車体とレトロなデザインの「トヨダAA型乗用車(1936年)」のレプリカが展示。この車はトヨタで初めて作られた自動車で、トヨタのシンボルカーとして特別な一台とされています。

形も色もいろいろなのが楽しい!

2階は、世界で自動車が作られ始めた頃から日本車が誕生するまでを主に紹介しているフロア。アメリカやドイツをはじめとした世界の自動車メーカーの車が並んでいます。

性能もそうですが、何よりも今の車と違い、車体のカラーもデザインも時代によって様々!小さい子なら、いろんな色、形の違いを楽しむのがおすすめなのだとか。

館内では「クルマたんけんマップ」というスタンプラリーも行っているので、展示を見ながら一緒にまわってみるのもよいですね!

3階は自動車技術の進展と多様化として、現在まで生活スタイルの多様化とともに生まれたいろいろな自動車が展示されています。パパやママにとっては馴染みのある車も出てくるフロアです。おじいちゃんやおばあちゃんも一緒に来館するともっと楽しめるかもしれませんね!

「のりもの・えほん・としょしつ」へ

新館は企画展示室以外は無料で入館できます。展示室は2階にあり、1階にミュージアムショップ、3階図書室内に「のりもの・えほん・としょしつ」があります。
3階の「のりもの・えほん・としょしつ」はのりものに関わる絵本を300冊以上見ることができます。木のぬくもりがある室内は小上がりになっており、靴を脱いで利用します。

絵本は年齢順に置かれており、1~2歳の子から小学生まで絵本を楽しめます。絵本の貸出はできません。
1階には、トミカやオリジナルグッズを取り扱うミュージアムショップ、本を片手にお茶を楽しめるブックカフェ、週末ワークショップを開催している「タイニースタジオ」があります。

レゴやトミカを使ったジオラマも展示されており、子どもが夢中になってずっと見てしまうほどなのだそう!

1階フロアには実際に運転席に座ることができるクラッシックカーも展示されており、写真撮影も可能。

「ローバー6HP(1907年)」はイギリスのローバー社の自動車。レトロな色合いと作りがおしゃれな一台。

「スイフト 9HP(1905年)」では、1900年代初頭のロンドン市街をイメージした背景とともに記念写真を撮ることができます。

ゆっくり1日過ごせる博物館

赤ちゃん連れにも安心の設備

館内はエスカレーター、エレベーター完備。段差もなく、通路も広めなのでベビーカーでもスムーズです。受付ではベビーカーの貸出も行っているので小さい子どもがいても安心です。
本館1階トイレにおむつ交換台、新館1階のトイレにはおむつ交換台、授乳室が完備されています。
ちょっとした休憩にも利用できる情報コーナーには、小さな車のフィギュアなどが展示されており、ゆっくり過ごしながらも楽しむことができます。

飲食できる場所も完備!

館内は飲食禁止。また飲食物の持込も禁止です。

お昼には、本館、新館にそれぞれレストランとカフェがあるので、そちらを利用しましょう。特に本館のレストランは子ども用イスやカトラリーも完備されているので利用がしやすいですよ。
また天気のよい日には、施設の東側にある芝生広場でピクニックもおすすめ。自由に出入りすることができ、桜の時期にはお花見している人もいるのだとか。芝生広場に行くにはスロープか階段を利用します。

「トヨタ博物館」へのアクセス

公共交通機関を利用の場合

名古屋市営地下鉄「藤が丘駅」から、リニモ「芸大通前(トヨタ博物館前)駅」下車、徒歩約5分。

自動車を利用の場合

名古屋瀬戸道路「長久手IC」より北へすぐ。施設の入口に入って道なりに進んだ先に無料駐車場(320台)があります。

まとめ

たくさんの車の展示を見ることができる「トヨタ博物館」。現在までのいろんな色、形はクルマ好きの子どもの好奇心も満たしてくれること間違いなし!

パパ、ママだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんなど家族みんなで楽しめる、そんなトヨタ博物館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

トヨタ博物館(とよたはくぶつかん)

愛知県長久手市横道41-100

0561-63-5151

9:30〜17:00(最終16:30まで)

月(祝日の場合は翌平日)、年末年始

0歳〜

大人1,000円、中高生600円、小学生400円、未就学児無料

http://www.toyota.co.jp/Museum/

ベビーカー入館可、おむつ交換台・授乳室・売店あり、駐車場あり

ライター紹介

南 朝子

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj