就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

【秋冬】女の子のシックな装い。ちょっと大人コーデを楽しもう!

【秋冬】女の子のシックな装い。ちょっと大人コーデを楽しもう!

子どもらしくかわいい装いも素敵ですが、ときには少し大人っぽいコーデもよいですね。シックな服装ならママと女の子のリンクコーデもできますよ。しかし「小さい女の子のシックな装いってどんな感じなの」と思うママもいるでしょう。そこで、子どもにも似合う秋冬のシックな装いをご紹介します。

子どもらしい秋冬のシックな服装をするコツ

モノトーンでシックなスタイルが完成

モノトーンコーデというと、黒やグレーなどの暗めな色を使いがちですね。しかし、黒やグレーだけでまとめるとせっかくの子どもらしさやかわいらしさが生かせません。

そこで黒をトップスかボトムスに使ったら、ピンクやオレンジ系を合わせてみましょう。ボトムスをガウチョパンツにするとお姉さんっぽく見えますよ。

また、黒のスキニーパンツを一つもっていると簡単にシックなモノトーンコーデを作れます。トップスをオーバーサイズのセーターにしたり、スポーティーなものにしたりしても合うでしょう。

ワンピースをスモーキーピンクにして上着やタイツ、靴を黒に揃えると、かわいらしさの中に大人っぽさも出せますね。黒やグレーでコーデした服の上に白コートを羽織ると、明るさがプラスされます。

フレンチシックな服装でオシャレ上級者

フレンチシックコーデとは、パリジェンヌのようなナチュラル感があり飾らないかっこよさがある服装のことです。そして、少ないアイテムで着回します。言葉を聞くだけでも、取り入れてみたいという気持ちになるのではないでしょうか。

色数は3色までに抑えるのが基本です。フレンチシックの基本色は黒、グレー、白に加え、カーキやネイビーなど抑えた色です。できるだけシンプルなスタイルにするのがポイントですよ。

トップスには、ネイビーのボーダーシャツやVネックセーター、白シャツを取り入れることが多いようです。また、ボトムスはノーウォッシュの濃紺デニムパンツや黒のスキニーパンツにするとすっきりとするでしょう。羽織物は、トレンチコートが定番ですね。

差し色を上手に取り入れよう

黒やグレーの単色コーデや黒と白の組み合わせでは、ワンパターンになっているような気がしてきますよね。そこで、同じような服装でありながら、差し色を取り入れることによりおしゃれ度をアップさせましょう。

差し色コーデは、同じような色ではなく対照的な色を使うことでおしゃれ感を出す手法です。差し色コーデにする場合は、2色より3色使いにする方が簡単だといわれています。

3色コーデの割合は、基本色7、補佐色2、差し色1です。帽子や靴下、靴、かばん、マフラーなどを差し色に取り入れるとまとまりやすいようですよ。

黒に合う差し色は赤、ピンク、黄、白、青、ベージュで、グレーは白、黒、赤、ボルドー、ピンク、青や濃紺系、緑系、茶系、紫、カーキ、オレンジ、ベージュです。

ちょっと背伸びしたシックなコーデ12選

キッズコーデ:www.teniteowear.jp
黒のワントーンでまとめた落ち着きのあるワンピース。靴や小物を替えることでフォーマルにも日常にも着られそう。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ウール素材のチェック柄スカートとオーバーサイズのもこもこトップスを合わせれば暖かそうに見えますね。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ビッグシルエットのグレーニットワンピースにオリーブ色のレギンスを合わせると、個性的だけれどすっきりした印象に。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
黒のシンプルなフリルつきTシャツと、動きやすく子どもらしいスカートを合わせてママと一緒にお買い物へ。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
黒のタートルネックのセーターとストライプ柄のガウチョパンツの組み合わせは、ママとのリンクコーデに取り入れやすそう。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
キルティング加工の個性的な袖のトップスにふわっとしたガウチョパンツをはいてバランスの取れた装いに。
34 件

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事