就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

今年の秋冬はシックに行こう!男の子の洗練されたコーディネートテク

今年の秋冬はシックに行こう!男の子の洗練されたコーディネートテク

日中の気温が下がってくると、日々、季節は秋冬に向かっていきますね。夏に、子どもらしく元気いっぱいなイメージのコーデを楽しんだ男の子も、秋冬はシックに格好よくきめてみませんか?今回は、男の子のシックなコーデをご紹介します。洗練されたコーディネートテクでシックなコーデにチャレンジしましょう。

シックなコーデを楽しむコツとは

そもそもシックなコーデってどんなもの?

ファッションやインテリア、アートなどで、そのもののイメージを表す際に「シック」という言葉を使うことがあります。よく使われるワードですが、ファッションでの「シックなコーデ」とはどのような装いなのでしょうか。

シックは、フランス語の「chic」のことで、元々「上品な」「しゃれた」「粋な」などの意味があります。日本のファッションでいう「シックなコーデ」は、「落ち着いた装い」「上品で洗練された装い」などを意味します。

落ち着いた雰囲気の上品なコーデに子どもが身を包むと、グッと大人っぽい印象になりますよ。とくに、男の子は洗練されたコーデで格好よさが増して、いつもとは違う新たな一面が見られるでしょう。

シックなカラーを上手に取り入れよう

シックなコーデには、上品さを感じるパープル、落ち着いた印象のグレー、クールで格好よい白や黒のモノトーンを上手に取り入れましょう。全体的に色味を抑えることで、シックなイメージになりますよ。

華やかな色合いやインパクトがある色は、シックなイメージからかけ離れてしまいます。どうしても取り入れたい場合は、スニーカーの紐や帽子に描かれた小さなロゴなどにとどめ、目立たないようにするとよいですよ。

シックなカラーは、男の子でも違和感なく着こなせる色がほとんどです。黒とグレーの2色コーデで大人っぽく着こなしたり、白のワントーンコーデに黒の小物を合わせてクールさを演出したりできますよ。シックなカラーを上手に取り入れて、コーデを楽しみましょう。

地味すぎ防止には差し色が有効

シックなコーデを意識していると、モノトーンを中心したコーデになりやすく地味に見えることも少なくありません。中には、色の変化が少なくて地味すぎるコーデになってしまう場合もあります。地味すぎるコーデの防止には、差し色を有効的に使いましょう。

差し色は、全体的なバランスを見ながら小物で取り入れると失敗が少ないですよ。あくまでも元々のコーデを引き立てる色が差し色です。差し色になる小物が目立ち過ぎないように気をつけましょう。

たとえば、顔周りの小物に差し色を使うテクニックがあります。顔周りに似合う色を配置することで、地味な印象が薄れて魅力がぐんとアップします。差し色を取り入れやすい帽子やマフラーなどで試してみましょう。

我が子がグッと格好よく見えるコーデ12選

キッズコーデ:www.teniteowear.jp
袖がカットソー素材で動きやすいスタジャンに、個性的なデザインのパンツをコーデ。黒をメインにしてシックに。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ゆとりたっぷりのトレーナーに、サイドラインが恰好よいサルエルパンツをコーデ。グレーコーデでスタイリッシュに。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ビッグシルエットのシャツに、サイドラインが入ったパンツをコーデ。モノトーンで落ち着きを感じるシックな印象に。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ヘリンボーン柄が新鮮なニットに、大きめサイズのパンツをコーデ。ロング丈のチェスターコートを羽織って大人っぽく。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
軽くて着やすいキルトブルゾンを使ったトレンドコーデ。細身のボトムスを合わせた大人顔負けのシックなスタイル。
キッズコーデ:www.teniteowear.jp
ゆったりしたロンTと、裏ボア素材で暖かなジョガーパンツのカジュアルコーデ。色味を抑えて落ち着いたイメージに。
35 件

関連記事

ピックアップ記事