就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児に最適な冬の服装の選び方。雪遊びや薄着をさせるときのポイント

幼児に最適な冬の服装の選び方。雪遊びや薄着をさせるときのポイント

子どもを寒さから守りながら、快適に冬を過ごすにはどのような服装がベストなの?冬ならではの雪遊びをするときは?今回はそんなママの疑問に、ポイントをおさえつつお答えしていきます。それにあわせて薄着育児のメリットや注意点もご紹介していますので、子どもの冬服コーディネートの参考にしてみてくださいね。

幼児の冬の服装の選び方と気をつけたいこと

幼児の冬の服装選びのポイント

幼児の冬服は、まず保温性が高いことが基本です。ウールやコーデュロイといった暖かい素材のものを選び、なおかつ子どもが遊びやすいように、動きやすいデザインのものをチェックしましょう。

洋服だけでなく、肌着選びも大切な要素の一つです。「冬は肌着を着せなくてもよいのではないか」と思うママもいるかもしれませんが、汗を吸収して汗冷えを防いだり、化学繊維の衣服から素肌を守ったりする役割があるので着せたほうがよいでしょう。

子どもは冬でも活発に動きますし、暖房のきいた屋内ですごしていたらいつの間にか汗だくになっていることも珍しくありません。あせもなどの肌トラブルの原因になってしまうこともあるので、着せすぎには注意しましょう。

幼児の肌はデリケート!肌触りは重視しよう

ナイロンやポリウレタン、レーヨンといった化学繊維を使用した衣服は手頃で使いやすい反面、肌への刺激が強いのが難点です。特に幼児期の子どもはまだまだ肌が弱く、タグなどの少しの刺激でもかぶれたり湿疹が出てしまうことも。

汗をかいていないのに、肌が赤くなっていたら要注意です。衣服に使用されている素材が肌を乾燥させたり、静電気を引き起こして刺激を与えている可能性があります。

綿やオーガニックコットンなら安全で機能性も高いのですが、化学繊維のものと比べると少し価格が高めです。いきなり着るものすべてを天然素材にするのは大変なので、直接肌に触れる肌着やシャツの素材だけでも刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

冬は重ね着スタイルで体温調節

寒いからといって、生地の分厚い洋服1枚だけを着せるというのはおすすめできません。子どもは遊んでいる間に汗をたくさんかきますし、室内と屋外で気温にも差が出やすいので、こまめに体温が調節できるように重ね着をするのが基本です。

上手に重ね着をするには、空気の層を作ることがポイントになります。肌着の上にニットだけを着せても、空気が逃げてしまうのであまり暖かくありません。薄手のシャツにニットを重ね、その上にコートなどの防寒具を着せるとよいでしょう。

重ね着をしても動きやすいように、下着の袖は半袖がマストです。長袖の肌着は腕の部分がもたついてしまい、動きにくくなってしまうことも。ノースリーブの肌着は脇汗を吸収しにくいので避けたほうが無難です。

雪遊びをするときの幼児の服装の選び方

雪遊びはスキーウェアが活躍する

積雪がある地域では、雪遊びは冬のだいご味ではないでしょうか。雪遊びが大好きな子どもは多いですが、普段のお外遊びとは気をつけるポイントが少し違います。

防寒性と防水性、それに加えて透湿性が重要になります。透湿性とは、汗による湿気を外に排出する能力のことで、これがないと汗冷えをおこしてしまいます。

当たり前のことですが雪は体に触れると溶けて水になるため、防水は必須です。だからといって雨がっぱだと防水はできても透湿性がないため、遊んでいるうちに汗だくになってしまうのです。

やはり雪遊びに適しているのはスキーウェアでしょう。最近ではサイズ調節機能が付いたものも多いので、数年に渡って着まわせるものもあります。

スノーブーツなら足も冷たくならない

ついつい着るものに目がいきがちですが、足元の防寒も大切です。長時間雪に触れる箇所なので、普通の靴ではあっという間に水でびしょびしょになってしまいます。

濡れた足はしもやけになってしまうことも珍しくないので、しっかり防水できるものを選びましょう。長靴よりもスノーブーツがおすすめです。

スノーブーツは靴底の凹凸が深く、滑りにくい構造になっているのが特徴です。靴の内側にはボア素材などを使用しているものが多く、保温性にもすぐれています。

長靴と違って、足を入れる開口部にコードやベルトが付いているものがほとんどです。これを巾着のように絞ったり止めたりすることで、靴の上部から雪が侵入するのを防いでくれます。

そのほかの雪遊びに準備するとよいもの

本格的にスキーやスノーボードを楽しむのでなければ、小物はニット帽に防水性のある手袋で充分でしょう。手袋の脱着に不慣れならば、ミトン型のものが使いやすくて便利です。

意外と忘れがちなのが、日焼け止めです。雪面の照り返しによる日焼けを予防するために、顔だけでなく首や耳にもしっかりと塗っておきましょう。

雪遊びでもたくさん汗をかくので、肌着や靴下の替えは準備しておくと安心です。また、水分補給と冷えた体を温めるためにも、ホットドリンクを持参しましょう。

遊び道具として、バケツや砂場遊びの道具を持って行くという方も多いようです。ソリがあれば子どもと一緒に楽しめますし、プラスチックのシャベルを持っていけばかまくら作りなどにも挑戦できますね。

幼児の冬の服装は薄着にしたほうがいいの?

幼児に薄着をさせるメリット

もともと子どもの体温は大人に比べて高めなので、冬の服装は大人より1枚少ない位で丁度よいといわれています。薄着をすることで肌が寒暖を感じ取りやすくなり、体温調節をする機能が高まるためです。

人間の体は暑さや寒さを感じると、血管が収縮・拡張して体温を調節します。これを何度も繰り返すことで、徐々に防御反応が鍛えられ、体温調節機能が養われていくのです。つまり自律神経のバランスを発達させるというメリットが薄着にはあるといえます。

常に厚着をさせているとこういった反応が起こりにくいため、発汗などをコントロールする自律神経が乱れてしまいます。子どもには厚着をさせるよりも、薄着で体を動かすことで温まるほうが、寒さ対策として有効でしょう。

薄着をしても風邪の免疫はつかない

結論からいうと、「薄着をしたから風邪の免疫がつく」という医学的な根拠はありません。風邪は病気であり、その原因はウィルスなので、寒さに対する免疫が上がったからといって風邪をひかないかというと、それはまた別の問題です。

寒さから体の抵抗力が弱り、風邪をひきやすくなることはあるかもしれませんが、それだけが原因とは限りません。もともとの体質など個人差が大きいため、一般論をうのみにせずに子どもの様子をよく観察することが大切です。

しかし常に厚着ばかりさせていると、今度は汗を大量にかいてしまい、体を冷やす原因になってしまうこともあります。汗のかきかたや顔色などに注意をしながら、こまめに服装を調節することが風邪の予防にも繋がるでしょう。

薄着をさせるときのポイント

薄着でよいとはいっても、真冬にTシャツ1枚というわけにはいきません。保温と吸湿のために肌着はきちんと着せる必要があります。とくに冷えやすいお腹や、内臓に影響するツボが多い背中はしっかり守るようにしましょう。

今まで厚着をしていたのに、急に薄着に変えてしまうとその変化に体がついていけず、体調を崩してしまうことがあります。秋ぐらいから徐々に厚着にならないように意識をしていくとよいですが、すでに寒くなっているなら、防寒具の下に着る服を1枚少なめにしてみましょう。

冷え過ぎを防ぐ方法として、体の「首」がつく部位を温めるという方法があります。レッグウォーマーや手袋、マフラーなどを利用するとほどよく体を寒さから守ってくれるでしょう。

まとめ

幼児の冬服の基本は暖かさと快適さです。薄手のものを重ね着することで、保温効果が上がるとともに動いて暑くなってきたときの調節も簡単になります。

冬の肌着は保温だけでなく、敏感な素肌を守る役割もあるので忘れずに着せましょう。遊ぶ環境に応じて服の素材を選び、とくに冷える雪遊びなどは靴や手袋もプラスします。

寒いからとたくさん洋服を着せるのではなく、動きやすい服装でたくさん遊んで体温を上げるようにすると、子どもの体温調節の発達にも繋がるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018