就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

おやつは子どもの栄養源!簡単レシピやママが注意したいこと

おやつは子どもの栄養源!簡単レシピやママが注意したいこと

おやつと聞くとスナック菓子や甘いスイーツが頭に浮かび、「晩ごはんを食べなくなったらどうしよう」「子どもが太ったらどうしよう」と心配になるママもいますよね。ですが、本来のおやつは子どもにとって様々な役割をはたしています。ここでは、子どもにとってのおやつの役割や、おやつの食べ方の注意点をご紹介します。

子どものおやつにはどんな役割があるの?

食事だけでは足りない栄養素を補う

おやつを食べると「晩ごはんを食べなくなるか心配」「太ったらどうしよう」と心配になるママもいるかもしれませんね。しかし、ほとんどの保育園ではおやつの時間が設けられているほど、子どもにとっておやつは大切です。

まず、おやつには食事だけでは足りない栄養素を補う役割があります。子どもは消化器官の発達が未熟なため、三度の食事だけでは1日に必要な栄養素を補うことが難しくなります。さらに、その日の体調や気分によって食べる量にばらつきが出るので、不足した栄養素をおやつで補う必要が出てきます。

実際に、保育園ではおやつとして、サンドイッチやうどんが出てくることも少なくありません。保育園でのおやつは軽食に近いイメージでしょう。

子どもがリフレッシュできる時間になる

大人は小腹が空いたときのほかに、ストレス発散の目的でおやつを食べることもありますよね。子どもにとってもおやつはリフレッシュできる時間になります。おやつを食べることで心身の疲れを癒すことができるのは、大人も子どもも同じですよ。

実際に三度の食事より、おやつの時間を楽しみにしている子どもも多いですよね。年齢が上がるほど、栄養補給より、気分転換の役割の方が強くなるようですよ。家庭ではママと、保育園では友だちとコミュニケーションをとるきっかけにもなります。

子どもは毎日のように心身をフルに動かして活動しています。そんな子どもにとっておやつは頭をクールダウンさせ、休憩できる時間になります。おやつの時間にはあわせて水分補給も行いましょう。

楽しみながら食育のきっかけにも

子どもと一緒におやつを作れば、食育のきっかけにもなります。おやつ作りを通して、食への興味を楽しみながら深められるとよいですね。親子の絆も深まりますよ。

いつも当たり前のように食べているものが、何でできているのか、どれだけの手間暇がかかっているのかを伝えることで、食べ物やそれを作ってくれた人たちへの感謝の気持ちを高めていくこともできるでしょう。

また、苦手な野菜や食材も、自分で作ったおやつなら美味しく食べられるかもしれませんよ。実際に普段はあまりおやつを食べない子どもが自分も参加して手作りしたおやつは完食した、苦手な食材を入れたものでもペロッと食べたというのはよく聞く話です。親子でできるレシピがあれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。

アレルギー・添加物が気になるママも安心!子どものための「marutaのおやつ」

PR

お子様が普段口にするおやつ。原材料や添加物が気になるママは多いと思います。特にアレルギーで悩むお子様がいる場合、食べ物選びに苦労しますよね。そんな時は、太田油脂が発売している「marutaのおやつ」はいかがですか?

簡単にできて栄養もあるおやつのレシピ

野菜を入れた「おやき」

おやつにはできるだけ足りない栄養素を補えるものを選びましょう。ここでは、簡単にできて栄養もあるおやつのレシピをご紹介します。まず紹介するのは野菜を入れた「おやき」です。

【材料】
・お好みの野菜 適量
・片栗粉または小麦粉 適量
・サラダ油 適量

【作り方】
1.お好みの野菜を細かく刻み、電子レンジで軽く加熱します。
2.野菜の水分が出てきたら、片栗粉を入れて混ぜます。水分が少ない場合は、水を加えてください。
3.フライパンに少量の油を引き、中火で両面をこんがり焼けば出来上がりです。

軽く加熱してから混ぜることで、野菜の甘みが出てきます。カレー粉や粉チーズを入れると風味がついて、野菜が苦手な子どもでもパクパク食べられるかもしれませんよ。

食感が楽しい「フルーツヨーグルト」

市販のものも多く販売されている「フルーツヨーグルト」は、家庭でも簡単に作ることができます。普通のヨーグルトもフルーツが加わることで、食感が楽しくなりますよ。

【材料】
・お好みのフルーツ 適量
・ヨーグルト 適量
・砂糖、蜂蜜など お好みで

【作り方】
1.お好みのフルーツを食べやすい大きさにカットします。
2.ヨーグルトと混ぜ合わせます。
3.砂糖や蜂蜜を加えて甘みを調節すれば出来上がりです。

また、最近はフルーツヨーグルトを凍らせた「ヨーグルトバーク」も話題になっています。バットにクッキングシートを敷き、水気を切ったヨーグルトにフルーツを並べ、あとは凍るのを待つだけです。見た目もキレイで、写真映えすること間違いなしですよ。

電子レンジでも作れる「プリン」

「プリン」が好きな子どもも多いですよね。工程が多く、手間暇がかかって大変そうなイメージがあるかもしれませんが、実は電子レンジでも作ることができます。

【材料(2つ分)】
・牛乳 200ml
・卵 1個
・砂糖 大さじ1
・メープルシロップ お好みで

【作り方】
1.泡が立たないように、卵と砂糖を混ぜます。
2.1に何回かに分けて牛乳を入れ、混ぜ合わせます。
3.耐熱容器に2を入れ、軽くラップをします。
4.小皿の上に乗せてから、電子レンジ弱で6~8分ほど加熱します。
5.固まったらメープルシロップをかけて出来上がりです。

電子レンジで加熱は一つずつ行うと、気泡が入りにくく、ムラができにくいですよ。どれも簡単なので、挑戦してみてくださいね。

子どものおやつでママが気をつけたいこと

おやつを与える時間と量を決める

子どもにとっておやつには様々な役割があります。しかし、おやつを食べるとお昼ごはんや晩ごはんに影響が出るのではないかと心配になるママもいますよね。子どものおやつでいくつか気をつけたいことがあります。

まず、おやつを与える時間と量は決めておきましょう。1~2歳の子どもは10時と15時の2回、3歳以上の子どもは15時の1回が一般的です。そのため、時間ではないときになだめる目的でおやつを与えるのはなるべく控えるようにしましょう。

1回のおやつの量は、カロリー換算で1~2歳で150kcalほど、3歳以上では250kcalほどになるのが理想です。食べ過ぎると次の食事に影響が出てくるので注意してください。また、おやつも座って食べる習慣をつけましょうね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC