就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 子どもとパン作りを楽しもう!手作りのメリットと簡単レシピを紹介

子どもとパン作りを楽しもう!手作りのメリットと簡単レシピを紹介

自分で材料を選んだ焼き立てのパンを朝食やおやつに食べさせてあげたい!そう思ってパン作りを始めるママも多いようです。子どもが少し大きくなれば、一緒に作ってみたいですよね。ここでは子どもと一緒にパンを作るときのポイントや、子供と一緒にパン作り体験ができる施設などを紹介します。

子どもとパンを手作りする3つのメリット

親子のコミュニケーションツールになる

パン作りは粘土遊びのようにこねこねしたり、好きな形に整形したり、好きなものをトッピングしたりと親子がコミュニケーションをとれるポイントが盛りだくさんです。イーストのちからで生地が膨らむといった、子どもにとって不思議な体験も経験させることができます。

そしてなんといっても子どもと一緒に作った焼き立てのパンを「おいしいね」と食べるときは至福の時間になることでしょう。

パン作りは指先でパンの生地の感触を感じたり、パンの匂いを嗅いだりと、五感が刺激される活動でもあります。また、パンを整形したりトッピングしたりするときは想像力を働かせるので、脳の様々な部分が活性化され、発達を促すことができるでしょう。

アレルギーにも対応できる

パンを手作りするよいところは、材料はすべてママがチョイスできることです。

卵や小麦、乳製品などのアレルギーを持つ子どもにとって、街角のパン屋さんでパンを買って食べることは難しいですよね。お家で手作りすれば卵を使わなかったり、バターの変わりにオリーブオイルなどを使ったりしても美味しいパンが焼けますよ。

小麦粉は米粉や雑穀の粉に変えてパンを作ることができます。米粉はパン作り用のものを使うとより美味しく焼き上げることができるでしょう。

自然派嗜好のママにもパン作りは人気があります。食品添加物やマーガリンなどが使用されているパンは子どもに食べさせたくない。できれば材料はオーガニックがいいと思うと、手作りが一番の近道になることも。

好みの味付けで焼き立てを食べられる!

パンはなんといっても焼きたてが一番おいしいですよね。パン好きの子どもも多く「朝食や子どものおやつの時間にできたてのパンを食べさせてあげたい」という気持ちからパン作りを始めたママもいることでしょう。

パンの材料を自分好みにチョイスできるのも楽しいです。バターがたっぷりと入っているパンはおいしいですが、カロリーや健康を考えると毎日食べるには抵抗を感じるママもいることでしょう。手作りすれば、ヘルシーなパンを作ることができます。

手作りのジャムを入れたジャムパンや、高級チョコレートを使ったチョコパン、無添加ウィンナーを使ったウィンナロールなど、普通のパン屋さんでは買うことができない、こだわりのパンができるのも手作りならではです。

子どもと一緒に作る簡単手作りパンレシピ

アレンジ自在!食べやすい「ちぎりパン」

子どもが食べやすく、簡単にかわいくアレンジできるちぎりパンを作ってみましょう。

食パンなどの好きなパンのレシピでパンをこね、1次発酵まで進んだら、型に合わせて生地を小さく等分にわけます。1次発酵まではホームベーカリーがあれば簡単に作ることができます。

分割した生地を丸くまとめ、上にふきんなどをかけて生地を休ませます。クッキングシートや油を薄く塗った型に均等に並べたら、2次発酵の時間です。その後オーブンで焼けばできあがり。

ちぎりパンは中に入れる具や動物やキャラクターの顔など、かわいくアレンジすることができます。ネットで「ちぎりパン 作り方 かわいい」などと検索するとかわいいちぎりパンの作り方がたくさん紹介されているので見てみてくださいね。

コネコネ楽しい!発酵ナシ「手ごねパン」

パン作りは発酵に時間をとられてしまいます。食べたいと思ってもおやつの時間に間に合わないから諦めるということもあるかもしれません。

実は、発酵時間をとらなくても、子どもと一緒にパンを作ると何かと時間がかかるものです。不手際やトッピングを楽しんでいる時間など、生地はそれなりに膨らんでくれ、パンとして十分なクオリティに焼き上げることができるんですよ。

子どもとパンを作る場合、美しく作ることは二の次という方は発酵なしで作ってみるのもいいでしょう。また、イーストの変わりにベーキングパウダーやホットケーキミックスを使って作るパンの作り方もあります。混ぜるだけではなくこねる作業もあり、見た目はパンそっくりに焼き上がります。

ピクニックに!混ぜるだけ「ミニバーガー」

こねる作業がめんどくさいというときには、菜箸で材料を混ぜるだけという作り方もあります。

作り方はバターと牛乳を人肌に温め、イースト、砂糖、塩をしっかりと混ぜたら小麦粉を半量加え、粉っぽさがなくなったら残りの小麦粉を入れ、また粉っぽさがなくなるまで混ぜたらひとかたまりにまとめ、ボウルにラップをかぶせ、200wの電子レンジで30秒加熱します。

小さく均等に生地を分割し、丸く形を整えたらふきんをかぶせ20分間生地を休ませます。190度に予熱したオーブンで8分やけばできあがりです。

できあがったパンを半分に切り、中にお好みの具材を挟めば、かわいらしいハンバーガーの完成です。上に旗のついた爪楊枝などを刺すとさらにかわいく見えますよ。

子どもと本格的なパン作りができる施設

北海道「ロッジニセコベアーズ」

ロッジニセコベアーズは北海道磯谷郡のニセコ湯里温泉郷にある宿です。ニセコは札幌から車で2時間という立地にあり、夏はラフティングやトレッキング、冬はスキーやスノボを楽しむことができます。

雨や吹雪などで外でのアクティビティーが中止になったときなど、パン作りの体験ができたら嬉しいですよね。

この宿では、朝食に焼きたてのおいしいパンが食べられることで人気を集めています。パンに使用される材料は北海道産にこだわり、添加物なども使用していません。

本格的なパン作りの作り方を教えてもらえる、パン教室も開催されています。ベーグルやじゃがいもパンなどのほかにもシュトーレンの作り方なども教えてもらえるようです。日程や詳細は宿に直接お問い合わせしてくださいね。

神奈川県「長井海の手公園ソレイユの丘」

長井海の手公園ソレイユの丘は神奈川県横須賀市にある横須賀市市営公園です。園内にはふれあい牧場や畑、ゴーカートや芝すべり場、巨大遊具や水遊びができる池など、1日いても子どもが飽きずに遊べる公園です。

ここの体験教室で開かれているパン作りの教室は、種類が多く、かわいいことで人気を集めています。例えば「カラフルアニマルメロンパン」はピンクのうさぎさんと緑のかえるさん、白地に茶色のパンダさんなど可愛らしい動物のお顔を作ることができます。そのほかにも「アルパカのちぎりパン」「スマイルくるくるチョコパン」など子どもが喜びそうなパンの作り方を教えてもらえますよ。

所要時間は30分〜40分で料金はパンの種類によって、1,500円〜2,000円です。

熊本県「モーモーファーム竹原牧場」

モーモーファーム竹原牧場は熊本県阿蘇市にある観光牧場です。牧場というと、車がないと行けないんじゃないかと心配になる方もいると思いますが、この牧場は肥後本線「いこいの村駅」から徒歩10分の立地にあるので、熊本観光で訪れる際にもおすすめしたい牧場です。

牛以外にも、アルパカやポニー、ダチョウなど様々な動物と触れ合うことができます。パン作りのほかにも色々な体験ができる施設なので、子どももきっと喜んでくれると思いますよ。

パンづくりの体験は、牧場でとれた新鮮な牛乳を生地にたっぷりと練り込み、オリジナルな形に整えて焼きます。所要時間は約2時間で料金は1人1,500円です。3日前までに予約が必要なので、早めに予定を立てておきましょう。

まとめ

1人でパンを作るときは、美味しくきれいに焼くことを目標にして作るママも多いとおもいますが、子どもと一緒に作るときは、作る過程をより楽しみたいものですよね。

今までのパン作りの常識を覆すようなレシピでも、それなりに形になるので、手軽に子どもと一緒にパンを作りたいときは試してみてくださいね。

また、子どもと一緒に参加できる体験施設もあります。参加してパン作りの腕をあげましょう。

一緒に作ったパンを食べているときの子どもの笑顔を見れば、ママの苦労も吹っ飛ぶことでしょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR