就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもがおもちゃに飽きる原因は何?長く楽しく遊べる方法を紹介

子どもがおもちゃに飽きる原因は何?長く楽しく遊べる方法を紹介

「子どもにおもちゃを与えても、すぐに飽きてしまうので困っている」と悩んでいるママは多いものです。子どもがおもちゃに飽きてしまう原因や、飽きずに遊び続けてもらうための親の関わり方、長く使えるおもちゃの選び方についてご紹介していきたいと思います。

子どもがおもちゃに飽きてしまうのはなぜ?

完成されたおもちゃは飽きやすい

最初のうちは興味をもって遊んでいたのに、いつのまにか飽きて遊ばなくなったというおもちゃたち。実はそれらには特徴があるのです。

ボタンを押すと光ったり音が鳴ったりするもの、立派なおままごとセットなど、子どもの興味を引きつける見た目やしかけがたくさんほどこされているものは、一見長く遊べるように思いますよね。でも「遊び方が決められていて、そこから遊びの幅が広がらないおもちゃ」は、子どもはひととおり遊んだら興味を失ってしまうのです。

お皿に見たてたものに積み木をのせて「おにぎり、どうぞ」とままごと遊びをするなど、見たて遊びができるもの、想像力を働かせる余地があり、子どもが柔軟に考えて意欲的に関われるおもちゃなら、飽きずに長く遊べるのではないでしょうか。

おもちゃを与えすぎると飽きやすくなる

おもちゃ屋さんでおもちゃの見本に夢中になって遊んでいるわが子をみているとつい買い与えてしまう、お子様ランチについてきたおもちゃやガチャガチャのおもちゃがたくさんある、誕生日やクリスマスに祖父母が買ってくれた大型のおもちゃで押入れがいっぱい、なんてご家庭は少なくはないのでは。

おもちゃが周りにあふれていると、子どもは一つの遊びに集中することができずにすぐ目移りしてしまい、飽きっぽくなってしまいます。少ないおもちゃでも自分なりに工夫して遊び方を考え、想像力を働かせて遊びを応用したり展開したりできるよう、おもちゃの数や種類を厳選していくとよいでしょう。

おもちゃを与えすぎることで子どもの視野を狭めてしまってはもったいないですよね。

飽きやすい子は好奇心が旺盛だと考えよう

「買ってほしいとダダをこねられたから買ったのに、すぐに飽きて次のおもちゃを欲しがる」と子どもの飽きっぽさをなげいている親の話はよく耳にしますよね。

たしかにそのように飽きやすい場面を目にすると、「根気がない」と子どものことを責めてしまいたくなるかもしれません。しかし、たとえ1つのことに子どもが集中しなくても、実はそれは欠点ではなくその子なりの長所なのです。

あるおもちゃに飽きてほかのものに目移りしてしまうのは、好奇心旺盛な子どもである証拠。その子なりに自分が夢中になれるものを模索しているのです。その過程で、いつか飽きずに没頭するものが見つかる可能性もありますよ。焦って怒らず、長い目で見守ることも大切ですね。

おもちゃに飽きないために親ができること

おもちゃをローテーションしよう

おもちゃで遊ぶことに子どもが飽きてしまわないように、親としてどのようなことができるのでしょうか。まずはおもちゃをローテーションすることからはじめてみましょう。

大人でも、毎日同じことの繰り返しでは飽きてしまい、たまにはちょっとちがうものを取り入れたくなりますよね。子どもも同じで、毎日同じおもちゃで遊んでいてもつまらないので飽きてしまうのです。

すべてのおもちゃを出しっぱなしにせず、いま気に入っているおもちゃのみを、子どもの目線の高さや、ちょっと背のびをすれば届くところに出しておきましょう。飽きてしまったおもちゃはいったん押入れなどに収納し、また期間をあけて出してみると再び遊びだしたり、新しい遊び方を発見して夢中になったりすることもありますよ。

大人も一緒に遊びに加わり楽しもう

子どもがおもちゃに飽きてしまわないようにするには、大人も一緒になっておもちゃで遊ぶことが大切です。

「おもちゃは買って与えて終わり」ではなく、それを用いて一緒に遊ぶことで、親子のコミュニケーションを図るためのもの。買った当初は真新しいので、しばらくの間は1人遊びをしてくれるかもしれませんが、ひととおり試したら飽きてしまいます。大人も一緒に遊びに加わることで、子どももおもちゃに興味をもち、楽しみ方を学んでいきますよ。

いちどは飽きてしまったおもちゃも、大人が新しい遊び方を見せることでまた遊びだすこともあります。親子でおもちゃで遊ぶことを通して「新しい遊び方を発見する楽しさ」を伝えていくこともできますよ。

想像力がわくものを親子で探してみよう

「どんな子でもかならず夢中になって遊び、ずっと飽きずに長く使える、魔法のようなおもちゃ」はおそらくないでしょう。子どもの個性が様々であるように、その子にピッタリなおもちゃは様々です。

たくさんのおもちゃがなくても、子どもは四角いブロックや積み木、身のまわりにある石ころや小枝などだけで永遠と想像力を働かせて遊ぶことができます。親子でおもちゃ遊びをすることを通して、わが子が何に対して興味をもちやすいのか、どのようなものが子どもの好奇心や探究心をくすぐりやすいのかといった傾向をつかんでみましょう。

子どもの目線に立っておもちゃ遊びをしてみることで、子どもの想像力がわくものを親子で探し、子どもの可能性を広げてみるとよいですよ。

長く使えるおもちゃの選び方やおすすめは?

長く楽しめるおもちゃを選ぶポイント

長く飽きずに遊べるおもちゃを選ぶポイントは、以下の2つです。

さまざまなパターンで遊べ、想像力をかきたてるものであること

1つのパターンでしか遊べないものは、遊びに広がりがないため、長く遊ぶことは難しいですよね。さまざまなしかけや感触のものがあって五感を刺激するもの、また自分の想像力を働かせて何通りもの遊び方ができるものがよいですよ。

大人も一緒に夢中になって遊べるものであること

子どもとおもちゃで遊ぶとき、ついいやいや遊んでしまうことはないでしょうか。子どもは大人の気持ちに敏感です。大人自身もおもちゃ遊びに一緒にのめり込み、心から楽しんでみましょう。大人が楽しむ様子を見て、子どももおもちゃ遊びに引きよせられますよ。

親子で楽しめるおすすめのおもちゃを紹介

子どもはおもちゃで遊ぶことを通して、興味の幅を広げ、あらゆる能力や可能性を伸ばしていくことができます。また親子で一緒に遊ぶことでコミュニケーションを図ったり、集中力を高めたりすることも可能ですよね。

以下に親子で楽しめる、おすすめのおもちゃをご紹介します。

■積み木
白木積み木、動物や忍者の形の積み木、KAPLA

■ブロック
ニューブロック、ピタゴラス、LEGO、LaQ

■図形遊び
たんぐらむ、賢人パズル、KATAMINO

■そのほか
粘土、キネティックサンド、アイロンビーズ、ぬり絵、トランプ、オセロなどのボードゲーム

お子さんの興味や関心が向くものであるかどうか、また対象年齢に合っているかを確認のうえ、購入のさいの参考にしてくださいね。

身近にあるものでおもちゃを作ろう

「お金をかけて購入しても、いつまで遊んでくれるかわからない」と買うことをためらってしまう方には、身近なものをおもちゃとして活用できる以下のような遊び方はいかがでしょうか

どの家庭にもあるもの

  • ティッシュの箱に薄い布をつなげて入れておき、引き出して遊ぶ
  • ペットボトルに小豆やビーズ、米、おはじきなどの様々な大きさのものを入れてガラガラをつくり、音のちがいを楽しむ
  • 紙コップとハサミで人形や新幹線など、好きな形をつくる造形遊び
  • 大きなダンボールでお家や列車づくり

自然のもの

  • 石を積む、並べて形をつくる、ちがう色の石を集める
  • どんぐり、葉っぱ、小枝、さらにプリンやヨーグルトのカップも用意して、砂場でままごと遊びや型はめ遊び

まとめ

決まった遊び方のおもちゃだと子どもはすぐに飽きてしまいます。毎回さまざまなパターンで遊べるものだと「昨日は〇〇をしたけれども、今日は××をしてみようかな」と遊び方を変えたり、大人と遊ぶ中で「こんな遊び方もあるんだ!」と新しい遊び方を見つける楽しさも味わえますよね。

子どもがおもちゃで長く遊ぶことを通して想像力や集中力を高めていけるよう、ご紹介したことをぜひ参考にしていただき、親子で楽しみながらおもちゃを選んでみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018