就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

誰だってエリックカール風!子どもと一緒に世界に一つの絵本を作ろう

誰だってエリックカール風!子どもと一緒に世界に一つの絵本を作ろう

絵本作りは嬉しい効果がたくさん

五感を刺激し、感性が豊かに

私はエリックカールさんの用いた絵画技法の魅力は偶然の中にある美しさとだ思っています。好きな色を自由に重ねるだけですが、使う色が同じでも水加減によって色合いが変わります。

その様々な色合いが視覚を刺激し、子どもの感性をより豊かにするでしょう。特に子どもは大人と違い色彩の知識や固定概念がありません。そのため、子どもの方がより偶発的で魅力的な色合いを描くことがありますよ。

コミュニケーションが増え親子の絆も深まる

絵本作りでは子どもの表現したものを一緒に共有することが大切です。この過程でママと子どもの間に自然とコミュニケーションが増え、親子の絆を深めることができます。

4、5歳ぐらいの子どもであれば、どんなストーリーなのか、出来上がった絵に対して何を描いたのか質問してみてください。子どもならでは視点で、答えてくれますよ。中には奇想天外な発想に驚かされることもあるでしょう。子どもの世界観を親子で共有してくださいね。

まとめ

エリックカールさんの絵本は誰もが一度は手にしたことがありますよね。長年愛されている彼の絵画技法にはたくさんの魅力が詰まっています。小さな子どもからマネできる技法なので、家庭でもぜひ挑戦してみてくださいね。

また、絵本作りは子どもの感性を磨き、想像力を育むことができます。子どもならではの発想に大人が驚かされることもありますよ。絵本を作りながら、色々質問してみましょう。子どもの持つ世界観を、絵本を通して感じ取ってみてくださいね。
41 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事