就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

離乳食後期にもおすすめ!自然な甘さが美味しいさつまいものおだんご

離乳食後期にもおすすめ!自然な甘さが美味しいさつまいものおだんご

ママへのおすすめポイント

ノンシュガーでも自然な甘さが楽しめる

ママの大好きな焼き芋などは、100%さつまいも。砂糖も添加物も入っていませんね。さつまいもの最大の魅力は、なんといってもその甘さではないでしょうか。

自然な甘さなので体に優しく、赤ちゃんもきっと喜んでくれるでしょう。ボディラインが気になるママにもうれしい、赤ちゃんと一緒に楽しめるおやつになりますね。

素材の甘みを最大限に引き出そう

お鍋でゆでるのは面倒、と思うママもいるかもしれませんね。電子レンジなら早く火が通るのですが「あれ?あんまり甘くない」という経験をしたことはありませんか?

さつまいもの甘さの秘密は、含まれている酵素の働きによります。酵素は60~70℃で最もよく働き、80℃を超えると活性が落ちてしまい90℃になればほぼ作用しなくなります。つまり、60~70℃の温度帯をいかに時間をかけて通過させるかが、甘みを引き出す重要なポイントなのです。

輪切りにしてゆでるほかに、皮つきのまま丸ごと(大きければ切って)蒸す方法もあります。家庭用の焼き芋器があれば、それもよいですね。ママのおやつを作るのと一緒にできますよ。

離乳食向けには市販品を便利に使う手も

時間をかけるのが甘さのポイント。とはいっても赤ちゃんがいると、なかなか時間をとることができないママが多いかもしれませんね。

そんなときには、市販品を便利に使ってみてはいかがでしょうか。

柔らかく加熱してつぶした冷凍のさつまいももありますし、近ごろはスーパーやコンビニでも店頭で焼き芋を売っていることがあります。皮を除いた中身だけをスプーンなどですくって丸めれば、簡単ですね。

まとめ

おいしいものは、ママも赤ちゃんも大好きですね。離乳食の時期には、栄養バランスを整えることなどにはあまりこだわらず、素材そのもののおいしさ、お腹がいっぱいになる幸福感、誰かと一緒に食べて「おいしいね」と分かち合う喜びをたくさん体験させてあげてくださいね。

悲しいとき、つらいとき、家族と囲む食卓がママを元気にしてくれたように。嫌なことがあったとき、スイーツが癒してくれたように。

おいしいものを「おいしい」と感じる力が、大きくなった我が子をきっといつか支えてくれますよ。
29 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND