就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園入園後に時短にできる?退園の心配や変更のメリットと注意点

保育園入園後に時短にできる?退園の心配や変更のメリットと注意点

子どもが保育園に入園して仕事復帰したのはよいものの、出産前に比べて体力が落ちているなどの理由から時短に変更したいと感じることがあります。しかし、時短に変更すると保育園を継続利用できなくなるのではないかと不安ですよね。保育園入園後に時短勤務に変更するとき、どのような点に注意すればよいのか見ていきましょう。

フルタイムから時短勤務に変更するメリット

ママが心身ともに余裕が持てるようになる

例えば、就業時間が朝9時から夕方5時までのフルタイムで、保育園と会社間の移動に1時間かかるとします。

朝8時までに保育園に預ける必要があるため、ママは朝から大忙しになるでしょう。子どもがぐずったり、わがままを言ったりすると、朝からイライラが爆発するかもしれませんね。

終業時間きっかりに職場を出ても、子どもを迎えに行ったときはすでに夕方6時です。お腹が空いたとぐずる子どもをなだめながら夕食を作り、お風呂や寝かしつけをすませたあとは疲れ切っているのではないでしょうか。

時短勤務に変更すると常に時間に追われているというプレッシャーが軽くなります。肉体的な疲労も軽減され、ママが心身ともに余裕を持てるようになります。

子どもに寄り添える時間が増える

同居している両親やパパに協力をしてもらう、延長保育をフル活用するといった方法を使えば、フルタイムでも家事・育児と両立させることは可能です。

しかし、仕事の時間が長くなるほど、子どもと接する時間は短くなります。寂しさを感じた子どもが問題行動を起こしてママの気を引こうとするなど、子どもの心にストレスがかかるかもしれません。

また、仕事が長時間化することで体に疲労が溜まり、ママがイライラしやすくなります。子どもが靴を履いたり、食事を食べ終えたりするまでの「間」を待つことができず、叱りつけてしまうこともあるのではないでしょうか。

時短勤務になると、子どもに寄り添える時間が増えます。心に余裕を持って、子どもの成長を見守ることができるのではないでしょうか。

仕事を割り切ってできるようになる

フルタイムで働いていると、子どものお迎えや世話を理由に残業を断ったり、会社を休んだりするのが難しいと感じるママもいるのではないでしょうか。

しかし、時短勤務に変更すると「早く帰らなくてはならない理由がある人」という認識になるため、残業を振られることが少なくなります。子どもが急な病気になったときも早退したり休んだりしやすくなるようです。

また、フルタイムだと同僚や上司が残業している場面では帰りづらいと感じることがありますが、時短だと堂々と帰ることができます。

ママ自身、働く時間が短いのだから効率よく仕事を進める意識が生まれ、生産性が高くなることも多いようです。仕事を割り切ってできるようになり、ライフスタイルが豊かになったというママもいますよ。

時短勤務に変更したら保育園は退園になる?

入園後の変更は退園せずにすむことが多い

保育園入園後に時短勤務に変更したいと思ったとき、もっとも心配なのは「保育園を継続利用できるか」ということではないでしょうか。

保育園の利用基準は園や自治体によって違いがありますが、入園後の勤務時間変更は退園にならないことが多いようです。

また、ママの希望とは別に、会社側が育児と両立させやすい部署を配置換えしたり、雇用形態を変更したりすることがあります。このような場合も、退園となることはほとんどないようです。

会社の方針変更などが理由で勤務時間が変更になるなど、保育園在籍中に勤務時間や労働環境が変化することは珍しいことではありません。このようなケースも想定し、入園後の変更に関してはおおらかな対応をとることが多いようです。

保育時間や保育料が変更になる可能性はある

保育園の保育時間には、フルタイム勤務を想定した「標準時間保育」と、パート勤務などを想定した「短時間保育」の二つがあります。それぞれ、設定された時間内であれば追加料金なしで子どもを預けることができます。

保育時間は1カ月あたりの就労時間によって決められるため、時短勤務に変更すると保育時間が変わるかもしれません。

また、保育料は「世帯所得」「子どもの年齢」「子どもの人数」「保育時間」によって設定されるため、保育時間が変わると保育料も変更になります。さらに、時短勤務で収入が減ると保育料が変わるかもしれません。

時短にしたら保育時間が変わり、延長保育が必要になったということもありますので、保育時間が変更になるかどうか事前に確かめておくとよいでしょう。

自治体により違うので役所に確認と届出を

多くの自治体では、時短勤務に変更しても退園になることはないようですが、勤務時間が大幅に減ると保育園の利用基準から外れる可能性もあります。時短に変更する前に役所に確認しておきましょう。

保育時間が変更になると出勤などのスケジュールを調節しなくてはならないことがあるため、保育時間が変更になるか、変更後のスケジュールに支障はないかを確認してください。

また、時短勤務に変更したあとは役所に就労状況変更届などの書類を提出する必要があります。変更の届出を出さず保育園を利用し続けると、最悪の場合「不正」とみなされ、退園させられるかもしれません。

保育園に届出などをする必要はありませんが、お迎えの時間などが変わるときは伝えておきましょう。

勤務時間の変更で退園の可能性があるケース

内定後入園前に時短勤務に変更した

保育園入園後に時短勤務に変更した場合、退園になることはほとんどありません。しかし、保育園に内定したものの入園はまだという場合は注意が必要です。

保育園入園は、保護者の就労時間や雇用形態、家庭環境などによって定められた点数の合計で選考されます。1カ月あたりの就労時間が長いほど点数が高くなり、優先的に入園できる仕組みです。

点数の定め方は自治体ごとに異なるため、時短勤務に変更しても点数が変わらないこともあります。しかし、点数が下がった場合、保育園の内定が取り消され、点数が高いほかの家庭が優先されるかもしれません。

保育園激戦区と呼ばれる地域では、「フルタイムでも入園できない」ということも多いようです。時短に変更するのは入園後がよいでしょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC