就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

サファリ旅行の食事!6つのロッジに泊まってわかった南アフリカの定番

サファリ旅行の食事!6つのロッジに泊まってわかった南アフリカの定番

南アフリカ旅行中のおやつや飲み物

気になる飲料水はロッジで貰える

南アフリカでは水道水を飲んでもよいのかどうか、ずっと気になっていました。調べていても場所によりけりという情報ばかりではっきりしません。ロッジにつくと部屋の冷蔵庫に飲料水のボトルが必ずといってよいほど用意されていたので、それを飲んで過ごしていました。

ロッジごとにロッジオリジナルのラベルがボトルについているのが面白かったです。南アフリカの水は基本的に硬水のようですが、フランスの硬水よりはかなり柔らかく感じました。味は飲みやすかったです。

部屋の冷蔵庫に水がない場合は、ロッジやホテルのバーなどでも飲料水のボトルを購入できます。

余談ですが、ロッジのプールを見るとあまり清掃されていないことも多いので、プールに入る場合は誤飲しないよう水に顔をつけないなどの注意をしていました。

道中のおやつは朝食ビュッフェで入手

ほぼ毎日、宿泊先を移動する旅だったので道中の娘のおやつをどうするかはちょっとした課題でした。ドライブ中、山間にある小さな村に格子扉のついた小さなスーパーを見かけたものの、そこに車を停めて買い物をするのには少し抵抗がありました。

パリから最低限のおやつを持参しましたが、それだけでは足りないのであとは朝食ビュッフェで調達できたのは助かりました。朝食ビュッフェには個装になったマフィンやバナナ、リンゴなどが置かれていたので、娘のおやつ分だけ持ち帰っていました。

田舎のロッジの場合、施設内に売店がないことが多く、さらに近隣にスーパーや店が一切ないというケースも珍しくありません。南アフリカで田舎めぐりをするときは、食べ慣れたおやつを持参した方が無難です。

ママやパパには美味しいワインやビールも

お酒が好きなママやパパもいますよね。私たち夫婦は普段はあまりアルコールを飲まないものの、旅先では現地オリジナルのビールやお酒類を楽しむのが定番です。

今回、パパは南アフリカのビールを色々と飲み比べていました。ビールの種類によって柔らかさが違い、辛めのビールが好きなパパにはCarling Black Rabele(カーリングブラックレーベル)が一番しっくりきたそうです。

私はほぼ毎晩白ワインを食事のおともにしていました。特に指定せずにグラスワインを頼むと、甘口が出てくることが多かったです。フランスでは小さめのワイングラスでサーブされるグラスワインも、南アフリカでは大きめのワイングラスにたっぷりと注いでくれるケースが多く、お得感がありました。

まとめ

どんな食事が楽しめるのか想像もできなかった南アフリカ旅行でしたが、毎食大満足で食べすぎてしまうほどでした。特に南アフリカは肉料理に定評があるので、訪れたらステーキはぜひ一度食べてみたいものです。

赤身が多いので小さな子どもでも噛みやすく食べやすいと思います。ステーキが難しい場合は、肉汁たっぷりのハンバーガーもおすすめですよ。

鉄製の鍋に肉類と野菜を入れて煮込んだ「ポイキ」と呼ばれるシチューも絶品でした。機会があればぜひお試しください。
38 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND