就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子連れで行く草津温泉の楽しみ方。宿泊や遊びスポットも充実

子連れで行く草津温泉の楽しみ方。宿泊や遊びスポットも充実

子どもと一緒の初めての温泉旅行、いろいろと不安もありますよね。日本有数の温泉地・群馬県の草津温泉には赤ちゃん連れ・子ども連れに優しい宿やお出かけスポットがたくさんあります。ここでは、赤ちゃん連れ・子ども連れでも行きやすい草津温泉周辺のスポットをご紹介します。

子連れでも草津温泉は楽しめるの?

赤ちゃんも温泉に入れるの?

一口に温泉といっても、成分や効能は様々です。温泉デビューには、肌に優しい成分の温泉を選ぶのがよいかもしれません。脱水症状を起こさないよう水分補給はこまめにし、お湯の温度が高い場合は短時間で済ませるようにしましょうね。

草津温泉は強酸性のため、肌の弱いお子さんの場合は刺激になる場合もあるそうです。心配な場合は、お子さんはシャワーだけにしたり、温泉から上がった後シャワーで洗い流したり、気をつけて入浴しましょう。なお、強酸性のお湯は殺菌効果が高く、あせもなどに効くというメリットもありますよ。

ちなみに、施設によっては、オムツの取れていない子どもは入浴できない場合もあるので、出発前に確認しておくことをおすすめします。

赤ちゃんも入浴できる日帰り温泉はあるの?

草津温泉といえば、湯めぐりですよね。地元客しか入れない共同浴場から、観光客向けの日帰り温泉施設まで、草津温泉には様々な温泉施設があります。赤ちゃんと一緒に入れる温泉はあるのでしょうか?

観光客向けの日帰り温泉施設の代表格が、「三湯めぐり手形」で入れる「大滝之湯」「御座之湯」「西の河原露天風呂」です。この3施設とも、赤ちゃんの入浴に対しては基本的にお客さん自身の判断に任せており、目安として6カ月くらいから入浴OKとしているようです。

赤ちゃんの場合、湯めぐりで何カ所も入浴するのは、体に負担もかかるでしょうから無理は禁物です。1日に1カ所だけにするなど、様子を見ながら負担にならないよう一緒に温泉を楽しめるとよいですね。

子どもも楽しめる観光スポットはあるの?

小さな子どもと一緒に観光するなら、「草津熱帯圏」がおすすめです。温泉の熱を利用して亜熱帯や熱帯の気候を再現し、そこに住む動物や植物たちに出会えるという施設です。

カピバラやアルパカ、ワニやヘビ、イグアナなど、日本では珍しいいろいろな動物や爬虫類たちに出会えます。カピバラや猿が温泉に浸かっている姿を見ることができたり、動物たちと触れ合ったりエサをあげたりすることができるので、小さな子どもと一緒に行くと楽しめますよ。

そのほか、草津の中心・湯畑周辺にはたくさんのお土産物屋さんや食べ物屋さんが並んでおり、足湯などもありますので、少し大きな子どもであれば、おまんじゅうを食べたり足湯に浸かったり、温泉街観光を楽しむのもよいですね。

親子で楽しめる草津の観光スポット

環境体験アミューズメントで無料体験

草津温泉についてもっと深く知りたいという家族におすすめなのは「環境体験アミューズメント」です。地元に住む人や草津町、国土交通省によって運営されている公的な施設で、草津温泉やその周辺の歴史や自然について知るのにぴったりですよ。

石灰石に絵や文字を書き、世界でただ一つのオリジナルクラフトを作る体験も無料でできるので、家族で楽しんでみましょう。作品は温泉水に2日間浸ける必要がありその場で持ち帰ることはできませんが、後日自宅に郵送してくれるそうですよ。

そのほかにも、期間によっては環境体験ツアーを行っているので問い合わせてみるのもよいですね。草津の酸性の水や自然環境などについて学び、子どもの知的好奇心を刺激してみるのも一案です。

草津温泉のシンボル湯畑で温泉情緒に浸る

草津温泉の中心には、温泉の温度調節をするための湯棚があり草津温泉のシンボルともいえる存在です。毎分4,000Lの温泉が湧き出て、湯けむりを上げながら流れ落ちている光景は迫力がありますよ。

高温の温泉は、ここから木樋を通りながら少しずつ温度を下げ、各温泉施設へと送られています。湯畑の周りは散策用に整備されており、温泉情緒に浸りながら家族で散歩を楽しめますよ。

周囲には休憩用のベンチはもちろん、足湯やお土産物屋なども充実しているので、のんびりと湯畑周辺の散歩を満喫してみてくださいね。

夜の闇の中を湯気がもうもうと上がっていく光景も神秘的で美しいので、夜の散策もおすすめです。湯畑を背景に家族で記念撮影をするのもよいでしょう。

西の河原公園で湯遊びを楽しむ

温泉だけでは子どもが退屈することもありますよね。子どもが温泉に飽きたら、西の河原公園まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

西の河原公園は温泉町ならではの公園で、園内を流れる川は水ではなくすべて温泉となっています。いくつか湯溜まりがあり、場所によっては高温なので子どもが火傷をしないように注意しましょう。

園内には足湯や有料の露天風呂もありますよ。温泉に浸かる場合はタオルを忘れずに持参してくださいね。あちたこちらに湯けむりが上がる光景を楽しみながら、舗装された遊歩道を家族で散歩してみましょう。

夜、公園全体がライトアップされた光景も幻想的で一見の価値ありと評判ですよ。湯畑と合わせて訪れてみたいですね。

子連れでも安心して泊まれる宿

31 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

おすすめ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版