就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育ての悩みについて相談しよう!行政サービスや電話、ネットの窓口

子育ての悩みについて相談しよう!行政サービスや電話、ネットの窓口

子育てをしているといろいろなことで悩むママは多いですよね。「子どもがこういうときどうすればいいの?」「誰かに話しを聞いてもらいたい」と思っていても、なかなか相談できるできる相手がいない場合もあるのではないでしょうか。ここでは、そんなママの悩みを相談できる場所やサイトなどをまとめています。

まずは行政のサービスを利用する

子育て支援センターでママ友や保育士に相談

子育て支援センターは、地域のママたちや子どもたちが自由に集まることができ、子ども同士で遊んだり、ママ同士でおしゃべりしたりできます。

同年代の子どもを育てているママ同士で話をすれば、自然と子育てについての話題で盛り上がり、仲よくなりやすいですよ。たとえば、「フォローアップミルク飲ませてる?」「夜泣きしたときどうしてる?」「パパも家事を手伝ってくれる?」など、おしゃべりで気分転換しつつ、ほかのママたちの意見を聞くこともできます。

また、子育て支援センターでは、保育士に相談することもできます。子どもの成長に合わせたお世話の仕方や、遊び方などを相談して、専門家の意見やアドバイスを取り入れてみてください。

保健センターで保健師や栄養士に相談

保険センターでは、健康に妊娠・出産・育児ができるように、妊婦や乳幼児の健康をはじめ、予防接種や各種教室・相談などを実施し、健康づくりのサポートをしています。

妊娠中や子どもの食事・健康のことで相談したいことがあれば、保健センターの乳幼児健康相談や栄養相談などを利用してみましょう。育児に関する相談や身体測定などを保健師が行ってくれます。また、栄養士に栄養についての相談をすることもできます。

妊娠中や子育て中は、いろいろなことで疑問に思ったり、不安になったりしてしまうものです。なかなか人に聞けないことや、こんなことでも質問してよいのかと思うようなことでも、遠慮せず相談してください。

実施日は各自治体のホームページで確認することができます。

こどもや家庭のことなら児童相談所へ

児童相談所では、育児やしつけ、発達など、子どもに関するさまざまな相談を受け付けしています。電話や手紙のほか、直接行って相談することもできますよ。

たとえば、以下のような相談や悩みはないでしょうか。

・赤ちゃんに湿疹ができている
・病気で子どものお世話ができなくて困っている
・何度注意しても子どもが同じことを繰り返すのはしつけがよくないのか
・同世代の子どもたちに比べてあまりしゃべらない
・悩みを話せる家族やママ友がいない

どんな些細なことでも、専門の相談員がしっかりと聞いてくれて、意見やアドバイスをしてくれます。また、必要に応じて子どもを取りまく状況の調査を行い、子どもとママにとって最善の方法についての提案・助言も行っています。

デパートやベビー用品売り場で相談する

デパートや量販店の「あなたの街の相談室」

「あなたの街の相談室」では、全国各地のデパートや量販店のベビー用品売場などの「赤ちゃん(ベビー)休憩室」で、保健師や助産師による健康相談、栄養相談、子どもの身長・体重測定などを無料で行っています。

子育て中のママだけに限らず、妊娠中のママでも気軽に利用することができますので、買い物のついでに相談してみてはいかがでしょうか。ちょっとした悩みでも、専門家からの意見やアドバイスが聞けると安心でき、悩みも解消するかもしれません。

赤ちゃん休憩室には、おむつ替えの台や手洗い場、授乳用の個室、ミルク用のお湯、おむつ用ダストボックス、イス、体重計などの設備が整っていますので、赤ちゃんを連れていても安心です。

アカチャンホンポの栄養相談会

アカチャンホンポでは、各店舗で赤ちゃんの栄養や離乳食の進め方などを気軽に相談できる栄養相談会を開催しています。事前に予約する必要がなく、栄養士がマンツーマンで アドバイスをしてくれます。

「離乳食を食べる量はどれぐらいがいいのかな?」「ミルクを飲む量は多すぎないかな?」「食事のバランスはこんな感じのメニューにしているのだけど…」など、たくさんの悩みがありますよね。栄養面や食事、赤ちゃんの成長などに関する疑問を気軽に相談してみましょう。赤ちゃんの月齢や体重・身長などから成長具合も確認してくれます。

「食べてるから大丈夫だろう」となんとなく離乳食を進めているママも、正しい知識を持って赤ちゃんの健康管理に自信が持てるようになりたいですね。

トイザらスの栄養相談会

トイザらスでは、さまざまな栄養相談会を開催しています。ここで、いくつかご紹介しますね。

・ビーンスターク マザー&ベビー相談会
ビーンスタークの栄養士が、ママやベビーの栄養面についての相談に答えてくれます。母乳やミルク、離乳食、ママの食事のことなどで疑問・不安に思ったことを相談してください。

・明治 ママと赤ちゃんの栄養相談会
「ミルクは1日どれぐらいあげたらいいのか」「離乳食におすすめの食材はあるのか」など、授乳や離乳食についての心配や悩みを栄養士に相談できます。

・森永乳業 プレママ・プレパパ注目!ミルク作り体験会
森永乳業の栄養士がミルク作りの解説を聞きながら、作り方を体験できます。赤ちゃんを迎える前に学んでおくと安心です。

育児全般について聞ける電話相談窓口  

子育てホットライン「ママさん110番」

日本保育協会が運営しているママさんホットライン「ママさん110番」では、未就学児童を育てているママの悩みを相談することができます。

「子どもの熱が続いている」「赤ちゃんの成長が遅いような気がする」「育児と家事のストレスで子どもかわいがる自信がない」など、子どものことだけでなくママ自身の不安なども話してみてください。

日本保育協会は、保育に関する専門図書の発行や、保育に関する各種調査研究の実施なども行っていますし、保育に詳しい専門の団体ですので、不安解消につながるアドバイスがもらえるのではないでしょうか。

・電話番号 03-3222-2120
・相談時間 月・火・水・木・金10:00~16:00

森永乳業「エンゼル110番」

森永乳業のエンゼル110番では、妊娠中から小学校入学前まで、妊娠や育児などに関するママの相談を受けてくれます。よくある相談を以下にまとめました。

・風邪をひいて下痢気味のとき、母乳から風邪や下痢がうつるのか
・おしりふきをする回数が多く、おしりが赤くなってしまう
・抱っこすると肩を噛まれるようになったので、対処法を知りたい
・離乳食では果物も加熱したほうがよいのか

ホームページでは、ほかにもよくある相談について見ることができますよ。似たような相談内容があれば参考にして、解決しなければ自分で相談するのもよいですよ。

・電話番号 0800-555-110
・受付時間 月・火・水・木・金・土10:00~14:00

日本助産師会の無料電話相談

日本助産師会では、妊娠・出産・子育てに関する無料電話相談を行っています。助産師は、妊娠、出産、新生児・乳児のケアなど、さまざまな専門的知識を持っていますので、安心して相談することができます。

「出産予定日が近づいてきて不安になってきた」「おっぱいをあげても泣いて飲んでくれない」「夜中に赤ちゃんの泣き声でイライラする」など、妊娠中から育児中まで多くの相談が寄せられています。

ママ1人で悩みや不安を抱え込んで解決できないときは、日本助産師会の無料電話相談を利用してみてくださいね。

・電話番号 03-3866-3072
・受付時間 毎週火10:00~16:00(祝日、お盆休み、年末年始を除く)

子どもの健康について聞ける電話相談窓口  

病院に行くか迷ったら「小児救急電話相談」

子どもが熱を出したり、けいれんが続いていたり、転んで頭をぶつけたりしたとき、どのように対処すればよいのかすぐに判断するのはむずかしいですよね。

「たいしたことなさそうだけでど、一応病院に行ったほうがいいのかな」「熱があるけどしばらく様子を見ていても大丈夫かな」など、判断に迷ったときには、小児救急電話相談に相談してみてください。小児科医・看護師から子どもの症状に応じた適切な対処の仕方や、受診する病院などをアドバイスしてもらえます。

短縮番号#8000をプッシュすることで、住んでいる地域の相談窓口に転送されます。また、受付時間は地域により異なりますので、事前にチェックしておくといざというときに安心です。

食事と栄養の悩みは「明治赤ちゃん相談室」

明治赤ちゃん相談室では、赤ちゃんとママの栄養や育児の相談を電話で受け付けしています。管理栄養士と栄養士などの専門家が相談に応じてくれ、ママの意思を尊重しながら1人1人に合わせてアドバイスをしてくれるので、普段の食生活で実践しやすいです。

「フォローアップミルクはいつはじめたらいいの?」「離乳食の増やし方は?」「授乳の量は足りているのか心配」などの相談が多く寄せられています。

相談後は希望により、その日の相談内容を記録し、また後日利用したときに今までの相談の経過を確認しながら、赤ちゃんの状況に合わせて話をしてくれます。

・電話番号 0570-025-192
・受付時間 月・火・水・木・金10:00~15:00(第3火、年末年始を除く)

栄養相談は「アイクレオ赤ちゃん相談室」

グリコグループのアイクレオでは、赤ちゃん相談室を設けて、赤ちゃんとママの栄養や育児の相談を電話で受け付けしています。

・フォローアップミルクは、いつごろから飲ませればいいのか
・順調に増えていた体重が、1歳近くになってあまり増えなくなったけれど栄養が足りていないのか
・母乳だけで育てているが栄養は足りるのか

上記のように、ママの悩みは子どもの成長により人それぞれ違いますよね。母乳やミルクについての相談、離乳食の進め方、妊娠中の栄養など、聞いてみたいことがあれば、気軽に相談してください。

・電話番号 03-5488-8444
・受付時間 10:00~15:00(土、日、祝日、夏季休暇、年末年始を除く)

契約している保険に付帯しているサービス

オリックス生命「24時間電話健康相談」

オリックス生命の「24時間電話健康相談サービス」では、妊娠・出産・母子保健・育児などに関する相談を受け付けしています。24時間、365日対応していて、保健師、助産師、看護師、産婦人科・小児科の医師など、知識と経験豊かな相談スタッフがアドバイスしてくれる安心のサービスです。

「夜中に子どもが熱を出したんだけどどうすればいい?」「子どもが転んでケガをしたのですが、応急手当の方法は?」「子育てにストレスを感じています」などの悩みや相談が寄せられているようです。

契約者専用のサービスですので、契約中のママは利用してみてはいかがでしょうか。電話番号は、オリックス生命から送られてきた「保険証券」や「健康医療相談サービスのご案内」などで確認してください。

ニッセイ学資保険「育児相談ほっとライン」

ニッセイ学資保険「育児相談ほっとライン」は、子どもの健康や育児に関する疑問などを、小児科医、看護師、保健師、管理栄養士など専門家に、契約者だけが相談できるサービスです。

たとえば、「夜中に子どもが急に吐いてしまったけど、どうしたらいい?」「子どもがおむつを替えても、ミルクをあげても泣き止まないのはどうすればいい?」などの相談ができます。

ほかにも、自分で探すと意外と時間のかかる、夜間・休日の医療機関案内も行っているので安心です。

24時間、365日対応ですが、管理栄養士の対応は、月・火・水・木・金10:00~18:00(祝日、12/29~1/3を除く)となっています。電話番号は、契約書類で確認してください。

あいおい生命「満点生活応援団」

三井住友海上あいおい生命では、健康・医療、暮らし、介護に関するさまざまな相談をすることができる「満点生活応援団」があります。たとえば以下のような、子育てや妊娠中の悩みを相談したいときにもご利用ください。

・妊娠中に便秘になりやすい原因を知りたい
・生後半年の息子のひどい夜泣きの改善策
・最近離乳食を始めたのだが、なかなか食べてくれないので順調に進める方法を知りたい
・2歳の子どもの言葉の発達が周りに比べると遅れているように感じる

電話番号は、契約後に届く保険証券同封のご案内、年1回届く 「ご契約内容のお知らせ」などでご確認ください。子育てに関する相談については、年中無休で24時間受け付けしています。

24時間対応している電話相談窓口

どんな悩みでも「よりそいホットライン」

「よりそいホットライン」では、電話相談の専門員が、どんな人のどんな悩みにも寄り添って、一緒に解決してくれる方法を探してくれます。

「うまく子育てできるか不安…」「赤ちゃんが毎日夜泣きばかりでイライラする」「パパが子どものお世話をしてくれない」など、子育て中のママの悩みも相談することができます。

周りに愚痴を聞いてもらう相手がいなくて、誰かに話を聞いてもらいたいというだけでもよいですし、必要なら悩みを解決するための情報提供や面接相談、他機関への同行支援など、具体的な問題解決に向けた支援も行ってくれます。

・電話番号 0120-279-338(岩手県・宮城県・福島県からの場合は、0120-279-226)

医療や健康の相談は「ティーペック」

ティーペックの「ハロー健康相談24」は、医療や健康、育児、メンタルヘルスなどに関する電話相談ができる会員専用のサービスです。

内科医、小児科医、産婦人科医、歯科医、保健師、助産師、看護師、心理カウンセラーなど、専門分野のスタッフが相談に応じてくれます。

たとえば、「妊娠中で、いつもよりお腹が張っている気がするけど大丈夫?」「赤ちゃんが夜中に熱を出してしまったのですが」など、子どものことや、妊娠中のママからの相談も多いようです。

個人で会員になることもできますが、加入している保険会社が提携していれば利用することができます。会員専用フリーダイヤルに電話するか、女性の相談員のほうがよい場合は、女性専用ダイヤルに電話してください。

子育てがつらくなったら「189」

子育てをしていると「子どもが日々成長していくのが嬉しい」「赤ちゃんの寝顔に癒される」など楽しいこともありますが、一方で「どうして泣き止んでくれないの?」「パパがまったく子どものお世話をしてくれない」など、イライラすることもありますよね。

このように子育てに不安や悩みを感じたときは、ママ1人で抱え込まずに児童相談所全国共通「189」に電話して相談してみてください。児童相談所といえば、虐待の相談だけのイメージがありますが、子育てに関する悩みを気軽に相談することができます。

誰かに相談するだけでも気持ちが落ち着いたり、いつでも相談できるところがあると分かるだけでも、安心して子育てしやすくなったりするかもしれません。

ネットで育児の専門家に相談する

公益財団法人母子衛生研究会

公益財団法人母子衛生研究会の「インターネット相談室」では、妊娠・出産・育児の悩みや疑問のリクエストを受け付けしています。

寄せられた悩みは編集されて、母子保健の各分野の第一線で活躍する小児科医や産婦人科医、管理栄養士など、専門家の回答と一緒に、月1回更新の「子育ての悩みQ&A」で見ることができます。

【相談事例】
・アレルギー持ちの子。離乳食の上手な作り方を教えてください
・1歳8カ月の子どもに、週2~3回の一時保育は負担でしょうか
・妊娠6週の初妊婦です。立ち仕事をこのまま続けていけるか不安です
・卒乳して1年4カ月経ちますが、最近乳首が痛みます
・子どもが1歳2カ月になり、少しずつ仕事復帰しようと考えているのですが、実母に反対されています

NPO法人日本子育てアドバイザー協会

NPO法人日本子育てアドバイザー協会は、「子育ては社会全体で」をテーマにママと子どもの健全な環境づくりを通して社会貢献を目指している団体です。その活動の一環として、誰でも利用できる子育てについての掲示板「子育て相談室パティオ」を運営しています。

掲示板では、NPO法人日本子育てアドバイザー協会の認定子育てアドバイザー(小児科医、幼稚園教諭、保育士、栄養士、助産師、看護師)が回答してくれます。

子どもの離乳食やしつけなどの相談だけでなく、「両親からの子育てについての口出しがうっとうしい」「幼稚園で他のママたちの雰囲気が苦手」など、ママの個人的な愚痴を相談してもよいですよ。子育て中で困っていること、迷っていることなど、どんどん相談してみてください。

日本子どもの虐待防止民間ネットワーク

日本子どもの虐待防止民間ネットワークでは、子育てや虐待防止で悩んでいる方のメール相談を受け付けています。ホームページ内にある「メール相談」から相談することができますよ。

「子育てがつらくてイライラする」「子どもがちょっと泣いただけでイライラする」「子どもをすぐ叩いてしまう」などの悩みで、ママ1人だけでは解決しないときに、ぜひ利用してください。

「手を軽くたたいただけ」「いうことを聞かないから大声で怒っただけ」などの場合、大ごとでないので、虐待しているという意識がないママも多いですが、こういうことがはじまりで虐待が深刻化していくこともあります。ママの小さなストレスが大きくならないうちに、早めに相談してイライラを解消することが大切です。

ネットの掲示板などで匿名で相談する

育児のことなら「ウィメンズパーク」

ウィメンズパークは、妊娠について考える女性からベテランママまでたくさんの仲間が集まり、育児のことについて相談したり、情報交換したり、知りたいことを教わったりする掲示板です。

会員登録することで、相談したいことを投稿し参加することができます。子育てのことについて相談したい場合は、「おしゃべり広場」の「子どものこと」の中から、テーマを選んで相談内容を投稿してみましょう。

また、投稿する前にキーワード検索をして、同じような悩みを相談しているママがいないか探すこともできますよ。自分と同じような悩みを抱えているママがいることが分かると、「みんな悩むことは同じなんだな、私も頑張ろう」と前向きになれるかもしれません。

悩みをは話せる友達を探す「ココトモ」

ココトモは、「悩みを話せる友達が見つかる」をコンセプトに、100人以上のボランティアスタッフたちが活動している無料相談サイトで、以下のような三つのサービスを提供しています。

・web、リアルでの相談サービス
・安心できる「友達」と出会えるサービス
・一緒に頑張る「仲間」と出会えるサービス

ココトモスタッフに、対面で直接相談したり、イベントやコミュニティスペースに集まり相談したりすることもできますが、匿名で相談したい場合は、「お悩み掲示板」「無料メール相談」「でんわ相談」を利用してみてください。

友達のように話を聞いてくれたり、意見やアドバイスをくれたりするので気軽に相談しやすいです。また、自分に合う相談相手がいれば指名することもできますよ。

悩み相談支援サイト「お悩み掲示板」

お悩み掲示板は、実名はもちろんニックネームも不要の完全匿名で、さまざまな悩みを相談することができる掲示板です。悩みを投稿すると複数の方から回答が得ることができます。回答を受ける期間は投稿から10日間以内で、お礼のスレを投稿するのもその期間内までという設定になっています。

育児についての相談をしたい場合は、トップページの「育児の悩み」から悩みを投稿しましょう。ほかに同じような悩みをもつ人たちがいないか参考にしたいときには、検索窓に「離乳食 アレルギー」「赤ちゃん 夜泣き」などのように、キーワードを入力してください。

悩みの投稿に対する回答やお礼は10日間以内になりますが、閲覧するだけなら、1カ月前や3年前の悩み相談なども見ることができますよ。

まとめ

引っ越ししたばかりで、周りに相談できる家族や友達がいなくても、相談できる窓口はたくさんありますので、1人で悩みを抱えているママも安心です。また、身近に家族や友達がいても、話しにくい相談もあるかもしれません。そのようなときにも利用してくださいね。

住んでいる地域の相談窓口や、企業や団体が運営している電話相談サービスなどを利用することで、専門家からの正しい情報や意見を聞けるので、安心感にもつながるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018