就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒にクリスマス工作!おうちでできる簡単な遊びを紹介

子どもと一緒にクリスマス工作!おうちでできる簡単な遊びを紹介

子どもと楽しめるクリスマス工作をご紹介します。クリスマスは子どもにとって楽しいイベント!さらに子どもが文化に触れる素晴らしい機会でもあります。クリスマス前の時季は年末シーズンで忙しく、なにかとお金もかかりがち。クリスマス工作は手軽に親しめるので、みなさん試してみてくださいね。

年齢別「クリスマス工作」のすすめ

<0歳から>手形クリスマスカード

材料
・画用紙(白)…1枚
・絵の具(緑・黄・赤)…適量
・筆…1本
・タオル…1枚

まず、1枚の白い画用紙を用意しテーブルに置きます。器に緑色の絵の具を入れて水で溶いて、子どもの手のひら(もしくは足の裏)に絵の具を塗り、画用紙の上にツリーや柊の葉に見立てスタンプします。

しばらく乾かしている間に、子どもの手のひらを洗いタオルで拭きます。画用紙の絵の具が乾いたら、ママは、黄色の星を書いたり、赤の絵の具でリボンを書き込んで、クリスマス感のある絵に仕上げます。

赤ちゃんとママの共作作品は、クリスマスの飾りにもぴったり。額などに飾ってクリスマスを楽しんでくださいね。赤ちゃんの肌に絵の具が触れるのが心配という方は、ボディペイント用のものを使ったり、食紅で代用しても良いですよ。

<2歳から>ちぎり絵リース

材料
・画用紙(黄緑色・赤・黄色)…1枚
・色紙…数枚
・ノリ…1本
・ハサミ…1個

画用紙とノリで作るちぎり絵のリースです。2歳頃になると、ハサミは使えなくとも指の力が強くなってきて、紙をちぎるのが上手になります。

まずはママが黄緑色の画用紙を大きなドーナツ型に切って、テーブルの上に置きます。子どもには好きな色の色紙を渡し、一緒に小さくビリビリにちぎります。分厚い画用紙でもちぎれる場合は、画用紙で作ってもOKです。あとはちぎった紙切れをドーナツ型にノリで貼っていくだけ。

ママはその間、赤い画用紙をリボン型に切ったり、黄色の画用紙を星型に切っておきましょう。最後にリボンや星を張り付ければ完成です。壁に立てかけたり、額に飾ったり、紐をかければ実際に飾れるリースにもなります。

<4歳から>ハサミでオーナメント

材料
・画用紙(白・黄緑色 等)…数枚
・ノリ…1本
・ハサミ…1個
・毛糸…50cmほど

自由な発想ができるようになり、ハサミを使えるようになったら、クリスマスツリーに飾るオーナメントを作りましょう。黄緑色の画用紙は大中小の三角の形に3~6枚切って、大きなものから上に段差をつけて貼り付けていくとツリー(木の形)になります。

丸形が切れるようになったら、白の画用紙で丸形を2枚切り、ノリで段差をつけて貼り付ければ雪だるまになります。ママがお手本を見せながらであれば、様々な発想で上手に作品を作ってくれますよ。

ペンやシールで飾り付けをして、10cmくらいの毛糸で輪をつくりセロテープで貼り付ければオーナメントに!

親子で本格的な「フェルト」工作

「フェルト」を使うクリスマス工作

ハンドメイドが苦手なママでも、子どもと一緒に本格的な飾り付けを作りたいなら、素材は「フェルト」がオススメ。

フェルトがオススメな理由は、使うだけでクリスマスにぴったりの“冬の雰囲気〟が簡単に出せる素材だということ。そして普段ミシンを使わないママや、不器用なママでも、ハサミやボンドだけで簡単にオーナメントが作れるということです。

ハサミで切ってもほつれが出ないため、針や糸で留める必要がありません。また、フェルト同士を木工用ボンドでくっつけることができます。同じ形に切ったフェルトを何枚にも重ねれば分厚く本格的なオーナメントになりますし、並縫い程度の裁縫ができるようであれば、中綿を入れて立体的なオーナメントを作ることができますよ。

オーナメントを作ってみよう

一番簡単につくれるオーナメントは、厚めのフェルトを使った「切るだけ」の工作。フェルトにチャコペン(後に描いた線が消える裁縫用ペン)でツリー型、リース型、星型などを描いて、その線に沿って切るだけ。穴を開けて糸を通して完成です。トナカイやサンタさんを作っても良いですね。

手縫いができるママなら、薄めのフェルトを使った立体オーナメントもオススメ。たとえばリースの形に切ったフェルトを2枚作り、重ね合わせて輪郭に沿って並縫いします。最後まで止めてしまわず、数センチ空けた部分から綿を入れ、形を整えたらさいごまで並縫いで閉じます。

丸や星型に切ったフェルトを子どもと一緒に木工用ボンドで飾り付ければこれだけで本格的なオーナメントになりますよ。

大きな靴下も手作りできる?

フェルトを使えば、子どもの憧れ、大きな靴下も作れます。

フェルトをなるべく大きな靴下の形に2枚切り、重ねます。輪郭には数センチごとに穴あけパンチなどで穴を空けておきます。この時靴下の足首になるところだけは穴をあけないようにしてください。あとは穴に通るくらいの細さのリボンを通していくだけ。リボン通しなどを使えば子どもでも簡単に作ることができますよ。

穴に紐を通す遊びは、幼児教室などで使用される教材にもなっています。指先を使い、集中力を高めることもできますね。赤色の靴下なら、白や緑などのフェルトを使ってデコレーションしてもかわいい!お好みの色のフェルトを使って是非作ってみてくださいね。

「アドベントカレンダー」でワクワク!

「アドベントカレンダー」とは?

「アドベントカレンダー」とは、12月1日から24日までの間、日数を数えるために使用されるカレンダーです。元々、キリストのお誕生日までの毎日を楽しみに待つためのもので、引き出しに日数分の数字が書かれていて、毎日ひとつずつ開けていくと、チョコレートなどのお菓子や小さなお人形などが入っています。

最近では市販品として24個の箱がセットになった子ども用商品や、スキンケアブランドが大人の女性向けに出している中身が美容グッズのものまで販売されています。

このアドベントカレンダーは、形にこだわらなければ簡単に手作りすることができます。工作として親子で一緒につくるのもオススメですし、ツリーのオーナメントにすることもできますよ。

紙袋でつくるアドベントカレンダー

小さな紙袋を24枚用意します。茶封筒を半分くらいに切ったものでもよいですし、100均などで購入できる、ラッピング用の小さな袋でも良いです。中身が見えないように、透明な袋は避けましょう。

袋の表に「1~24」の数字を書きます。数字が書ける子であれば自分で書いてみてもいいですね。シールやペンで袋に飾り付けしてもOK。ここまでは親子で作りましょう。

そうしたらあとはママの出番。子どもが寝ている間に、チョコやキャンディー、小さなビースや人形など、子どもがちょっとうれしくなるようなグッズを袋に入れてテープで止めます。あとはその袋を壁にカレンダー上にピンで止めたり、紐に吊るしてガーランド風にすれば完成!もちろんクリスマスツリーのオーナメントにしてもOK。

ウォールポケットで簡単作成!

100均などでも売っている、透明のウォールポケットを使ってつくることもできます。24個分のポケット収納を用意します。ウォールポケットは、カードや資料を壁掛けで収納する収納グッズなので、クリスマスが終わっても利用価値があるのでオススメ。

まず1ポケットのサイズを測り、そのサイズに合わせた紙を用意します。画用紙でもOK。そこに数字を書いてシールを貼ったりしながら飾り付けて24日分を作ります。カードをカレンダーのようにポケットに入れたらOK。あとはお菓子やおもちゃをカードの裏に入れていきます。

子どもは好きなお菓子やおもちゃが見えてしまうとなかなか我慢ができないので、色付きの紙袋など入れてからポケットに入れると良いですよ。

まとめ

保育園や幼稚園に通っていれば、クリスマス工作は身近なものかもしれません。でも、おうちでママやパパと一緒に作る工作の時間は、子どもにとっては特別な時間です。忙しい時期なので「クリスマスの飾り付けはちょっと大変…」と思っている方も、簡単工作でプチ飾りを作ったり、アドベントカレンダーでイベント感を盛り上げて、子どもと一緒にクリスマスを楽しんでみてください。

全ての子ども達とママに素敵なクリスマスが訪れますように!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018