就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの毎日に北欧アイテムを!おすすめ食器、おもちゃ、インテリア

子どもの毎日に北欧アイテムを!おすすめ食器、おもちゃ、インテリア

シンプルでいて機能的、木を使った暖かみのあるナチュラルな雰囲気が人気の北欧アイテムは、ただオシャレなだけではなく、子どもにとっても使いやすくて長く愛用できるような工夫がされています。子育てがしやすいともいわれ、注目されている北欧の国々の暮らしのアイテムをチェックしてみましょう!

子ども部屋には北欧インテリアがおすすめ

北欧インテリアのポイント

北欧とは主に、デンマーク・フィンランド・ノルウェー・スウェーデンの4カ国のことを指し、長く厳しい冬が続く地域です。そのため、室内で過ごす時間を少しでも明るく快適なものになるように、という思いが込められ、現在の北欧インテリアのスタイルが作られています。

ポイントは白や明るいグレーを基調とした床や壁に、木や布を使ったナチュラルな家具を配置すること。金属製や革製の無骨なものよりも、森や自然を連想させるような木製のものが相性がよいです。

また、ただシンプルなだけでなく、幾何学模様やビビッドカラーのファブリックやペンダントライトなど、白を基調とした室内で、明るく見た目にも映えるアイテムを取り入れることでグッと北欧インテリアに近づきます。

北欧インテリアの有名なブランド

北欧の代表的なブランドをいくつか紹介します。

デンマークの照明ブランド、「ルイス・ポールセン」は特徴的なデザインのPH4/3ペンダントライトが有名です。下に柔らかい光を集め穏やかな明るさを感じることができます。

フィンランドのテキスタイルメーカー「マリメッコ」は、ビビッドなカラーリングと大きな花柄で有名な「ウニッコ」の他にも、カラフルな花や動物、幾何学模様などが目を引きます。

スウェーデンの「アルメダールス」は幾何学模様や自然をモチーフにしたデザインが可愛く、シンプルながらもおしゃれな色合いの雑貨が有名です。

そのほかにも、北欧4カ国それぞれに特徴のあるデザインがありますので、探してみると面白いですね!

北欧テイストの子ども部屋を紹介

子ども部屋を北欧テイストにしたい場合は、リビングルームよりもちょっとだけ色を大胆に使う部分を作るのがおすすめです。

例えば、壁の一面だけを鮮やかな黄色や青に塗る、もしくは壁紙を変えてしまうなど。最近では賃貸のお部屋でも既存の壁紙の上から貼ったり剥がしたりできる壁紙が売られていますので挑戦しやすくなっています。

壁に抵抗がある場合は、派手な色のラグを敷くだけでもよいと思いますし、カーテンやベッドカバーなど、手軽に変えられるファブリックアイテムをカラフルにするのもおすすめです。

そこに木製の家具を配置したり、子どもの遊び心を刺激してくれるようなおもちゃや、隠れ家にもなるようなカラフルなテントなどがあると、さらに北欧っぽくなりますよ。

子ども部屋にほしいおすすめ北欧家具

夢のある部屋を実現できるベッド

デンマークの「FREXA」と「Manish-h」の子ども用家具は、まさに子どもたちの夢のお部屋にぴったりです。

FREXAのベッドはインテリアや好みに合わせたテーマに沿ったオプションアイテムが充実しており、滑り台をつけたり、ロフトベッドの下に机や収納を配置することができます。一般的なシングルベッドよりも横幅が90cmと小さめに作られているので、限られたスペースしかない部屋の場合でも配置可能です。

Manish-hのベッドはシンプルな白い家具シリーズ。成長や兄弟の人数の変化に合わせてオプションを組み合わせて行くことで、二段ベッドやロフトベッドにすることができ、長い期間使用することができるのが特徴です。

成長に合わせて長く愛用できる椅子

ノルウェーのストッケ社の「トリップトラップ」は赤ちゃんから大人まで使用できるハイチェアとして有名です。どんなインテリアにも合わせられる豊富なカラーリングと、80kgまで耐えられる丈夫な作りが人気です。

オプションである「ニューボーンセット」を取り付けることで、0カ月から使用することができ、ダイニングテーブルで赤ちゃんも同じ目線の高さで食事を楽しむことができます。

小学校準備で勉強環境を整えたいと考えているならば、ノルウェー発祥の「バランスチェア」もおすすめです。こちらは座るだけで姿勢がよくなると人気です。前傾した座面と、膝で体を支えるデザインで、自然と背筋を伸ばした姿勢になるので体に負担がかかりません。

子ども部屋のアクセントになる壁掛け時計

北欧雑貨の壁掛け時計は、モノトーンのシンプルなデザインから、あえて文字盤をなくして長針と短針の位置で時間を把握するデザイン性の高いものまで色々です。

子ども部屋に使うのであれば、きちんと時計を読むことができるように文字盤に数字がついているものがおすすめです。デザイン性の高いものは大人にとっては特に苦労なく時間が読めますが、これから時計を読むようになる子どもにはわかりづらいかもしれません。

文字盤や枠がカラフルなものや、北欧スウェーデンの代表的なキャラクターである「ムーミン」や「リサ・ラーソン」の壁掛け時計も子ども部屋に合うのではないでしょうか。

また、日本でもおなじみの「IKEA」でもシンプルで読みやすい時計が揃っています。

ほかにもある、おすすめ北欧アイテムの紹介

シンプルで使いやすい北欧デザインの食器

フィンランドの陶器メーカー「イッタラ」のオリゴシリーズはカラフルなストライプ模様が印象的です。50mlサイズのカップは赤ちゃんの離乳食にも最適なサイズで、マグカップやボウル、プレートまでシリーズで揃えることができます。

「アラビア」もフィンランドの陶器メーカーです。24hアベックプレートは映画「かもめ食堂」でも印象的に使われ、ファンも多い食器です。細かく放射状に広がる青い模様が家族の食卓を明るく演出してくれるでしょう。

また、プラスチック食器では「IKEA」のKALASシリーズが可愛らしくておすすめです。例えば幼稚園や保育園友達が遊びに来たときなど、軽量で丈夫で割れない食器は気兼ねなく使うことができ、ゲストも安心して子どもに使わせることができます。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事