就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの秋のお風呂の温度は?入浴後の湯冷め防止のコツもご紹介

赤ちゃんの秋のお風呂の温度は?入浴後の湯冷め防止のコツもご紹介

少し肌寒くなる秋。赤ちゃんの体を温めようとお風呂に入れるママも多いと思います。お風呂のお湯の温度は夏より高くした方がよいの?ゆっくりとお湯につかった方がよいの?湯冷めしないコツはあるの?秋のお風呂に関する疑問を解決できるように、お湯の適温と入浴時間、湯冷めしないコツをまとめて紹介します。

赤ちゃんと入るお風呂の温度と入浴時間

お風呂の温度は38~40℃が適温

赤ちゃんがママのお腹にいるときは、37.8℃ほどの羊水の中で過ごしていました。ですから、赤ちゃんにとって心地よいお風呂の温度は、羊水の温度に近い38~40℃といわれています。

寒い時期には熱いお湯にしてあげた方が、温まるかと思いがちですが、赤ちゃんは季節を問わず38~40℃のお湯が適温だそうです。大人にはぬるいと感じるぐらいがちょうどよいのです。

赤ちゃんの肌はデリケートですから、熱いお湯では肌のうるおい成分が逃げてしまいます。ただでさえ乾燥しやすい赤ちゃんの肌ですから、肌トラブルになっては大変です。

少し肌寒く感じるようであれば、お風呂のお湯の温度を変えるのではなく、部屋の中の温度を温かくして対応しましょう。

のぼせやすい!お湯につかるのは2~3分で

ママもたまにはゆっくりとお湯につかって疲れをとりたいと思いますよね。大人はゆっくり体を温めることが気持ちよくても、赤ちゃんにとってはゆっくりとお湯につかることが疲れをとることにはなりません。

赤ちゃんは体が小さいですし、体温調節機能がまだ発達していませんから、周囲の温度が高いと体温もすぐに高くなってしまいます。ですから、赤ちゃんは長時間お湯につかると体が熱くなりすぎて、のぼせてしまうのです。お湯につかるのは2~3分で十分です。

ただ、理想ではそうだと分かっていても、ママが1人でお風呂に入れると時間がかかってしまうこともあるでしょう。あまり気にしすぎるとママも大変ですから、できる範囲で気をつけてくださいね。

熱すぎるお湯は肌トラブルの原因に

赤ちゃんの肌はデリケートで、乾燥しやすく、湿疹もできやすいので、肌トラブルに困っているママもいるのではないでしょうか。肌トラブルを避けるためにも、肌を清潔に保つためのお風呂はとても大切です。

デリケートな肌の赤ちゃんがトラブルなくお風呂に入るには、お湯の温度は38~40℃と適温にし、長時間入らずに2~3分でお湯から出ましょう。この適温と時間を守ることが、赤ちゃんの肌のうるおい成分を守ることにもなります。

熱いお湯に長時間つかることでうるおい成分が壊され、肌トラブルの原因になるのです。赤ちゃんを洗うときもせっけんを泡立ててやさしく洗い、入浴後には保湿剤をしっかりと塗りましょう。肌トラブルの予防にもなりますよ。

秋の湯冷め防止に!入浴前に準備したいこと

寒いときは部屋を暖めておこう

秋といっても11月になれば、かなり寒い日もあります。ママが寒いと感じたときは、お風呂に入る前に脱衣所やリビングを暖めておきましょう。

部屋が暖かければ、赤ちゃんが湯冷めをすることもありませんし、ママも湯冷めしませんよね。浴室もお風呂のふたを事前にあけるなどして暖めておきましょう。

お風呂の温度と、部屋の温度差が少ないと、身体への負担も最小限におさえることができますよ。寒暖の差があると、自分のエネルギーを使って体を暖めようとします。赤ちゃんに負担をかけないためにも、部屋を暖めておくことは大事なことなのです。

赤ちゃんのことを最優先しているママも、湯冷めをして体調を壊してしまったということがないように気を付けてくださいね。

バスタオル、肌着をスタンバイしよう

赤ちゃんがお風呂から出てきたときに、すぐに体を拭く準備をしておくことも湯冷めをさせないポイントです。お風呂からあがったら、すぐに赤ちゃんを拭けるようにバスタオルを広げて用意しておきましょう。

フード付きのバスタオルがあれば、フードを頭にかぶせながら体を拭けば、髪の毛も早く乾くでしょう。広げたバスタオルの横には服を用意しておきましょう。

秋の暑い日には肌着を、寒い日であれば肌着とカバーオールを用意しておきましょう。カバーオールと肌着を着る場合は、赤ちゃんの手を一度で通せるように、事前にカバーオールの袖に肌着の袖を入れておくと便利です。用意した肌着の上におむつを置いておけばすぐに服を着ることができますね。

ママの湯冷め防止にバスローブが便利

ママが1人で赤ちゃんをお風呂に入れる場合、まず赤ちゃんのお世話をしてから、自分のことをするママが多いと思います。ママはどうしても自分を後回しにしてしまいがちです。

寒い日にママが湯冷めをしてしまっては大変です。ママの湯冷め防止には、バスローブが便利ですよ。

湯上りに体を拭かなくても、そのまま着れば水分を吸収してくれますし、簡単に脱ぎ着ができるので、赤ちゃんを湯冷めさせないように短時間で着ることができます。バスタオルを巻いたままでは動きにくいですし、寒いでしょう。

子どものお世話を優先できることが、ママの気持ちに余裕をうんでくれるでしょう。余裕を持って赤ちゃんのお世話ができたら、お風呂も楽しみになるかもしれませんね。

肌寒い秋!入浴後の湯冷めを防ぐ方法

濡れたままは寒い!早く体の水分を乾かして

体についた水分は、体の熱をすいとって空気中に蒸発します。ですから、身体が濡れたままでは体の熱がとられて寒く感じるのです。

赤ちゃんの体は体温調節機能がまだ発達していませんから、濡れたままでおかれると大人よりも早く体温が下がってしまいます。体温が下がることを避けるためには、体の表面についている水分をより早く拭きとることが必要になってきます。

お風呂から出た赤ちゃんをすぐにバスタオルの上に寝かして、バスタオルでくるみながら水分を拭きとりましょう。脇、首、耳の後ろなどは拭き残しやすく水分がついていることが多いですから、忘れないようにしてくださいね。髪の毛もできるだけ水分が残らないように拭いてあげましょう。

汗が落ち着いてから服を着せよう

赤ちゃんの体を拭いたら、すぐに服を着せたいところですが、赤ちゃんをよく見てみてください。汗をかいていませんか。汗はお風呂で上がった体温を適度に下げてくれているのでしょう。

汗をかいていれば、おむつだけを履かせて汗がひくのを待ちましょう。汗が残ったまま服を着せてしまえば、きちんと拭かずに服を着たことと同じになってしまいます。服を着たとしても湯冷めをしてしまう可能性があるのです。

3~10分ほど様子を見ていたら汗はひいてくるでしょう。汗がひいてきたのを確認してから、保湿クリームやベビーオイルを塗ってもよいですね。赤ちゃんの肌はデリケートですから、保湿することは肌トラブルから守ってくれます。それから、ゆっくりと服を着せてあげましょう。

動き回るときは吸水ヘアキャップで時短

赤ちゃんが動き回る前であれば、ママのペースでお風呂にいれることもできますが、赤ちゃんがハイハイするようになったり、歩き回るようになったりしたら、身体を拭くときも服を着せるときもママが追いかけなくてはいけなくなるかもしれませんね。

裸のまま動き回られて、湯冷めしてしまってはママも困ります。そんなときには、せめて髪の毛だけは早く乾かすように吸水ヘアキャップをしてみてはどうでしょうか。

吸収性も速乾性にもすぐれ、伸び縮みもしますので、大人でも子どもでもかぶることができます。お風呂上りに頭にかぶせて、湯冷めをしないようにしてみましょう。ママも髪の毛を乾かす時間を時短できますよ。ママと一緒なら子どもも喜んでかぶってくれるかもしれません。

まとめ

肌寒くなる秋は入浴にも気を遣いますね。秋に赤ちゃんを入浴させるときは38~40℃のお湯に、2~3分ほど入るのがよいようです。赤ちゃんはのぼせやすいので、長い時間の入浴はやめておきましょう。

お風呂に入る前は、部屋を暖め、赤ちゃんとママの着替えの準備をしてから入浴し、湯冷めをしないように手早く体を拭いてあげましょう。汗がひいてから服を着せてくださいね。汗も湯冷めの原因になりますよ。

寒くなり始める秋に体調を壊さないようにお風呂に入り、心地よい秋をすごしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018