就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

手洗いによる赤ちゃんの手荒れ!予防策と対応法を知ってすべすべ肌に

手洗いによる赤ちゃんの手荒れ!予防策と対応法を知ってすべすべ肌に

もちもちだった赤ちゃんの手が、気がつけばカサカサになっていることがあります。「乾燥しているのかな?」「もしかして病気?」と心配するママもいるでしょう。原因はいろいろ考えられますが、その一つに「手洗いによる乾燥」があります。ここでは手洗いで肌が荒れる理由を知り、予防策と対処法を考えてみましょう。

赤ちゃんの手荒れの原因と手洗いの注意点

過度な手洗いは手荒れの原因になることも

人の皮膚は皮脂で守られています。皮脂は汗とともに分泌される脂分で、皮膚が乾燥しないようにカバーしてくれています。手洗いをすると汚れとともにこの皮脂も洗い落とされるので、肌は乾燥しやすい状態になります。

皮脂が減っても比較的早く再び皮脂が分泌される子や、皮膚そのものがもう強くなっている子は、手洗いしてもそれほど影響はありません。でも皮脂の少ない子、皮膚がまだ弱い子にとっては、手洗いは手を乾燥させる原因になるのです。

手洗いした直後は皮膚が少し湿った感じなので、乾燥するといわれてもなんだがよく分からないかもしれませんが、しばらくするとカサカサしてくるのを感じるでしょう。空気が乾燥し汗をあまりかかない冬場は特に皮膚にダメージを与えやすい時期だといえます。

水温と石鹸の使い方に気を付けて手洗いを

皮脂を落とし過ぎないことが、手荒れから赤ちゃんの手を守る第一歩です。だからといって手洗いをしないわけにはいかないので、できるだけ皮脂を落とさないような方法を考えてみましょう。

見直したいのはまず石鹸です。強い刺激の石鹸よりも、無添加のものを選びましょう。デリケートな子どもの皮膚は、ちょっとした刺激が何度も積み重なることで荒れてしまいます。石鹸はよく泡立てて優しくこすって洗いましょう。

水の温度も大切です。水は温度が高いほどよく脂分を洗い流します。石鹸を使えば十分汚れは落ちますので、わざわざ温水にしなくても汚れは落ちます。水が冷たい冬は温かいお湯を使いたくなりますが、ちょっと我慢して普通の水で手を洗うようにすれば、皮膚の乾燥がおさえられるでしょう。

手洗い後はしっかり拭いて保湿も忘れずに

手を洗った後はしっかり水気を拭き取ります。赤ちゃんは、まだ自分の手をタオルで拭くということができませんので、ママが気にして、きちんと拭いてあげましょう。

濡れたままの手は細菌がつきやすいです。せっかく洗った手なのにまた細菌がつかないようにしたいですね。

しっかり拭いた後はできるだけ早くハンドクリームやワセリンを塗って保湿します。手洗いで失った皮脂を補うつもりで塗りましょうね。ハンドクリームは子ども用の低刺激のものが望ましいですね。薬局で聞いてみて、子どもの手に合うものを見つけてあげましょう。

ワセリンは乾燥に強く、医療現場でも広く使われています。顔やくちびるにも塗れるので家に一つあれば便利ですよ。

手荒れ予防の石鹸と保湿剤を選ぶポイント

安全で洗いやすい無添加の泡ハンドソープ

子どもの手洗いには、無添加の石鹸をおすすめします。無添加だと汚れがよく落ちないのではと気になるママもいるかもしれませんが、無添加でもほとんどの細菌をきれいに洗い流すことができるという研究結果が出ています。

それどころか、ほどよく皮膚に常在菌を残してくれるそうです。常在菌は皮膚に常に存在する細菌で、皮膚を守る働きをしています。その一つである表皮ブドウ球菌は「美肌菌」ともいわれ、皮膚に潤いを与える物質を分泌してくれています。よい働きをしてくれている菌もいるので、洗いすぎは禁物なのですね。

石鹸をよく泡立てるだけでも、優しく手を洗えて手荒れは軽減されます。泡ハンドソープは泡立てる手間がいらないので、おすすめですよ。

水をはじいて保湿が持続するハンドクリーム

ハンドクリームを選ぶときは、保湿力が持続するものを選びましょう。園に通っているなら、朝、園に行く前に塗ったら、家に帰ってくる夕方まで塗りなおすことができません。その間に、何度も手を洗ったり、乾燥の原因になるものを触ったりしているので、できるだけ長い間保湿状態が続くようにしてあげたいですよね。

ハンドクリームは保湿するだけでなく、手につこうとする汚れや水をはじく作用もあります。ハンドクリームを塗ることで、手はカバーされるのですね。

ローションを塗っても保湿はできます。ローションは早く皮膚にしみ込んでしっとりさせてくれますね。ただ乾燥から守る力はあまりないので、ローションを塗った後に上からハンドクリームを塗って、乾燥しないようにしてあげましょう。

ママも赤ちゃんも使えるワセリンが便利

薬局に行くとたくさんのクリームが販売されていますが、迷ったらワセリンをおすすめします。体のどこにでも塗ることができますし、乾燥を防ぐ以外にもいろいろ使えます。

食べ物に含まれる塩分などで肌荒れする子には、食事の前に口の周りにワセリンを塗れば肌を守ることができます。すり傷ができてしまったときにも、消毒した後に塗れば、傷口を乾燥から守れます。

ママも肌が乾燥気味なら、化粧の前に顔にうっすら塗れば化粧ののりがよくなりますし、ムダ毛処理する前に塗っておくと肌をいためませんよ。

ワセリンはほかのハンドクリームと比べると値段が安いです。しかも酸化しにくいので長期保存に向いています。家族みんなで長く使えるワセリンは便利ですね。

赤ちゃんの手が荒れてしまったときの対応

かゆみや炎症があるときは病院に行こう

赤ちゃんが手をかゆがったら、病院で診てもらいましょう。赤ちゃんはかゆいと我慢することなくかき続けてしまいますので、皮膚を傷つけ、そこから炎症をおこす可能性もあります。

皮膚にかゆみや痛みを感じるようになると、赤ちゃんはぐずりやすくなります。赤ちゃんもかわいそうですし、ママも赤ちゃんをあやすのに苦労するでしょう。症状がひどくなる前に、診察を受けるようにしたいですね。

手の異常は、単なる乾燥肌だけでなく、体におこっている異常を知らせてくれていることもあります。感染症では手に症状が出るものも多いですし、免疫の疾患かもしれません。検査を受ければ分かるので、気になることはなんでも医師に相談してみましょう。

生後6カ月くらいまでの赤ちゃんは小児科へ

病院に行くといっても、皮膚のトラブルの場合、小児科なのか皮膚科なのか迷いますよね。そんなときは、生後6カ月くらいまでの赤ちゃんなら小児科に行くのがよいでしょう。

赤ちゃんは皮膚の病気にかかりやすいので、小児科の医師は皮膚トラブルも熟知していて治療もできます。皮膚の異常は内科の病気からくる場合もあるので、小児科の医師は皮膚の症状をみて内科の病気なのか判断して、適切に治療もしてくれます。

子どもは小さなうちは病気にかかりやすいです。やっと病気が治って園に通い始めたと思ったら、また病気になってしまうことも。信頼できる小児科の医師を見つけ、なにかあればいつもその医師に診てもらうようにすれば、病歴も把握してもらえますし、ママは心強いですよ。

改善しないときや悪化したら皮膚科を受診

小児科の医師に診てもらっても症状が改善しないときや、悪化した場合は皮膚科に行きましょう。小児科の医師が皮膚科を紹介してくれるでしょう。

皮膚科に行ったら、今まで使用したクリームや薬を医師に伝えます。小児科ですでに処方されて、改善しなかったような薬をまた処方されないようにしたいですね。特にステロイド系の薬を塗っているなら、いつから、一日何回塗っているのかなども必ず伝えます。

皮膚科は子どものためだけではないので、待合室にはおもちゃは用意されていませんし、大人の患者さんがたくさん座っています。長時間待合室で待つのは難しいでしょうから、予約を入れて、できるだけ待ち時間を少なくして、ママと子どもの負担を減らしましょうね。

まとめ

手洗いが原因で、赤ちゃんは手荒れしてしまうことがあります。刺激の少ない石鹸を使い、お湯よりも水で洗い、皮脂が減らないように気をつけましょう。ハンドクリームやワセリンを塗り、肌が乾燥しないようにします。ママが手にクリームを塗ってあげることは、赤ちゃんとのよいスキンシップにもなりますよ。

赤ちゃんは指をなめたり、砂遊びをしたり、手が荒れるようなことを知らぬ間にしています。指をなめないようにママが見てあげたり、砂遊びするときには手袋をはめてあげたり、原因を一つずつ消しながら治していきましょうね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR