就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

歩ける子どもとのお出かけ!外出先や注意点、様々な楽しみ方を知ろう

歩ける子どもとのお出かけ!外出先や注意点、様々な楽しみ方を知ろう

子どもが歩くようになると、成長の大きな一歩を感じるママも多いですね。子どもと並んで歩くだけでも、それまでとはまるで違う世界のように感じるかもしれません。歩ける子どもとの外出先や、お出かけで気をつけたいこと、様々な楽しみ方をご紹介しますので参考にしてくださいね。

歩き始めた子どもとどこにお出かけする?

1日中楽しめる動物園や水族館、公園

歩き始めた子どもとのお出かけは楽しみですが、行き先に迷いますよね。そんなときは、子どもが1日中楽しむことができる動物園や水族館はいかがですか。

動物園や水族館は、歩き始めの子どもへの設備や環境を考えられている場合も多いんですよ。子どもは好きな動物や、知っている動物がいると一直線に歩き始めるかもしれません。

ママが「こっちにゾウさんがいるよ」など声をかけて誘導してもよいですね。休憩をはさみながら、子どものペースに合わせて楽しみましょう。

また、近場の公園も歩き始めた子どもにとっては十分楽しめますよ。散歩している犬や、鳩について歩いたり、草花を間近で見たりと今までとは違う目線で見る公園に、楽しさや魅力を感じるでしょう。

同じくらいの年齢の子と触れ合える児童館

家の近くの児童館にお出かけしてみるのもよいでしょう。児童館には、同じくらいの年齢の子が遊んでいることが多いので、子どもにとってよい刺激になるでしょう。

児童館の部屋は、子どもが自由に歩き回ることができる十分な広さがあり、室内なので交通事故などの危険がなく、ママも安心です。子どもが、同じくらいの年齢の子の遊びをじっと観察してみたり、真似てみたりするなど、児童館は、ほかの子と触れ合うことで、たくさん刺激をうけるよい場所でもあります。

また、同じくらいの年齢の子がいるママと知り合いになったり、育児について話したりして、ママのストレス発散や育児の悩み解消につながるかもしれません。ぜひ、子どもと児童館へ出かけてみてくださいね。

ショッピングセンターやデパートの屋上

歩き始めの子どもと気軽にお出かけできる場所の一つに、ショッピングセンターやデパートの屋上などがあります。ショッピングセンターには、たくさんのお店が入っていて、雰囲気もそれぞれのお店によって違うので、子どもは探検しているような気持ちになり、たくさん歩くかもしれませんね。

子ども向けのお店や、おもちゃ売り場などが充実している場合が多いので、楽しそうな雰囲気につられて歩き続ける子どももいるでしょう。子どもが歩きたがる場合は、なるべく見守りましょう。

また、屋上が庭園のようなデパートもあり、疲れたときの休憩や、歩き始めの子どもが遊ぶのに適しています。屋内と違って緑も多く、自然を感じながら自由に歩くことができますよ。

子どもとのお出かけで気を付けたいこと

おむつ替えや食事、授乳場所を事前に確認

歩き始めた子どもとのお出かけでは、何に気を付けるとよいのでしょうか。気をつけたいポイントをご紹介しますので参考にしてくださいね。

まず、おむつ替えや食事、授乳ができる場所を確認しましょう。ショッピングセンターなどの屋内の場合、トイレにおむつ交換台がついていたり、おむつ交換と授乳室が併設されていたりする場合が多いですが、公園などの屋外では見つかりにくいことも考えられます。

近くのお店や公共のトイレなどの場所を確認しておくと安心ですよ。授乳ケープがあれば、授乳場所に困った際に役立ちます。

また、食事をする際は子ども用のメニューや、子どもが食べられるメニューがあるお店を確認しましょう。念のため、おにぎりや軽食を持ち歩くと安心ですよ。

道路を歩くときは必ず子どもと手をつなぐ

子どもは1人で歩くことができるようになると、1人で歩くことが楽しいと感じて、ママと手をつなぐのを嫌がるかもしれません。

屋内や公園などでは、ママの手をはなして子どもが自由に歩くとよいですが、道路を歩くときは必ず子どもと手をつなぎましょう。ママが大丈夫と思っていても、子どもは思いがけない行動をすることがあります。

また、道路を歩く際は、ママが車道側を歩き、子どもは車道と反対側を歩きましょう。もし、歩道を歩いていたとしても、目の前の危険を察知することができず、自転車やほかの通行人と接触する恐れもあります。

子どもと手をつないで「自転車が来たから端によろうね」など声をかけながら子どもの安全を守りましょう。

歩き回る子どもから目を離さないようにする

歩き始めの子どもだからといって、子どもから目を離すのは危険です。子どもはママが思っている以上に歩き回ることがあります。

近所の公園で目が届く範囲内だとしても、ママ友との会話に夢中になっている間に、今までそこにいた子どもが見当たらなくなったというケースもよく聞きます。公園で遊んでいる場合、子どもが歩き回って道路に飛び出したり、ブランコやシーソーなど動く遊具にぶつかったり挟まれたり、ケガをしてからでは取り返しのつかないこともあります。

ショッピングセンターやスーパーでも、子どもはどんどん歩き回るかもしれません。子どもと手をつないでいるとママも安心ですが、子どもが手をつなぐことを嫌がった場合は、子どもから目を離さないことが大切ですよ。

休日のお出かけは普段と違う楽しみ方に挑戦

パパとのお出かけはママとは違う経験になる

普段、ママと子どもで近所の公園やスーパーなどに出かけている場合、休日はパパとのお出かけを楽しんでみませんか。パパとのお出かけは、普段ママとするお出かけとは違う経験になり、子どもへの刺激になりますよ。

パパとのお出かけだからといって、無理に遠出することはないですよ。いつもママと行く公園や散歩道でもパパと行くことが大切なんです。

ママとパパでは、遊び方や子どもへの声のかけ方など、いろんな面で違いがあるでしょう。パパとお出かけすることで、ママとのお出かけでは知ることがなかった、新しい遊び方や考え方などを発見するかもしれませんよ。

休日のパパとのお出かけだからこそ、ママとは違うパパらしいお出かけを子どもと楽しんでくださいね。

混まない時間を選んで電車やバスでお出かけ

休日のお出かけは、時間にも余裕があるので電車やバスを利用して少し遠出してもよいですね。その際は、混まない時間を選ぶと、子どもやママ、パパの負担も軽減されるでしょう。

ママやパパの膝に座って、電車やバスの窓から景色を眺めることも、子どもにとってはよい刺激になります。一緒に窓の景色を見ながら「いい天気だね」「大きな川が見えるね」など、子どもへの声かけをするとよいですよ。

好奇心が旺盛な子どもは、窓の景色で見えたものを指さしたり、声に出したりして、ママやパパに伝えようとするでしょう。また、ママやパパのように1人で座席に座ることがうれしいと感じるかもしれませんね。

普段とは違うお出かけに、家族みんなの心が弾むとよいですね。

公園で芝生や遊具以外の場所を探検しよう

歩き始めの子どもは、公園で遊ぶ遊具が少ないので、子どもが退屈するのではないかと思うママやパパがいるかもしれませんね。公園の遊具には、対象年齢が設定されていて、歩き始めの子どもが遊ぶには難しいケースがあります。

しかし、公園は遊具で遊ぶ以外にも楽しむことができるんですよ。公園には、遊具以外に草花や大きな木、たくさんの石がありますね。

また、地面はコンクリートや砂、砂利道などがあり、平らな場所もあれば斜面になっている場所もあります。大人にとっては、ただ歩くだけのことでも、歩き始めの子どもにとっては、歩くことで自然を感じ、満足感を得るそうですよ。

子どもの目線になって、公園を探検するような気持ちで楽しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

子どもが歩き始めると、一緒にお出かけしたくなりますよね。まずは、子どもにもママやパパにも負担にならない場所を選ぶとよいですよ。

子どもにとって、自由にたくさん歩き回ることができる場所は、どこでも楽しいと感じるでしょう。また、歩き始めた子どもは、さらに好奇心が旺盛になったり、活発に動くようになったりします。

子どもの成長としてうれしいことですが、ママやパパは子どもの安全のためにも、子どもの行動に気をつけましょう。子どもが歩く姿を見守りながら、いろいろな場所へのお出かけを楽しんでくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018