就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒に冬レジャーを楽しもう!冬ならではの遊び方もご紹介

子どもと一緒に冬レジャーを楽しもう!冬ならではの遊び方もご紹介

子どもだけでなく、年末年始などで大人も比較的長く休める冬こそ、親子で冬のレジャーを楽しんでみてはいかがでしょうか。子どもが楽しめる雪遊びはもちろん、スキー場に出かけてのウィンタースポーツやレジャースポット、お祭りなどをご紹介します。ぜひ、親子で楽しい思い出を作ってください。

子どもは寒い冬も元気いっぱい遊びたい!

子どもは風の子。寒い冬も外遊び

北風が吹く寒い冬の日には、私たち大人はつい家で過ごしたいと考えてしまいます。でも、子どもは風の子。少しぐらい寒くたって、子どもは外遊びが大好きです。

冬にしかできない外遊びにはメリットがたくさんあります。夏だと外で遊ぶとすぐに暑くなってしまって、熱中症の心配がありますよね。でも、冬であればたっぷり遊んでも、熱中症になる心配がありません。

また、思い切り運動ができるので、基礎体力が向上します。虫に刺される心配もないので、たっぷりと太陽の光を浴びながら遊ぶことができます。

外遊びは、子どもの心と体を育てる大切な場です。寒い冬だからこそ、パパ、ママも子どもと一緒に外遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか?

冬といえば雪遊びが楽しい

雪遊びは、冬の季節にしかできない遊びです。子どもと一緒に雪だるまを作ってみてはいかがでしょうか?特に大きな雪だるまを作る必要はありません。まずは、手のひらサイズのかわいい雪だるま作りから始めてみてください。

雪うさぎ作りも楽しいですよ。手のひらの大きさに雪を丸めて赤い実で目を作り、落ち葉で耳を作りましょう。

小さい子どもとなら、庭や公園に積もった雪に手を押しつけて遊んでみましょう。両手の親指を合わせて雪に手を押しつければ「カニさん」になります。たくさんの手形を付けて、動物の足跡を作って楽しむこともできますよ。

雪に手形を付けて遊ぶことは、子どもの想像力を培うことにもつながります。親子で会話をしながら雪の感触を楽しむのもよいですよ。

子どもが楽しめるウィンタースポーツは?

ウィンタースポーツといえばスキーやスノーボードが有名ですが、小さな子どもでも楽しめるウィンタースポーツは、たくさんあるのですよ。

最近特に人気なウィンタースポーツが「スノーシュー・ウォーキング」です。洋式かんじきを履いて子どもと一緒に雪原を歩くスポーツです。これなら、小さい子どもでも一緒に楽しむことができます。

「スノーシュー・ウォーキング」は、特に技術はいりません。雪の野原に出かけて親子で歩いたり、登ったり、滑ったりする楽しい遊びです。

冬ならではの自然の美しさを感じながら親子でウォーキングすれば、五感を刺激して、豊かな情緒を育むにはとても効果的なのです。楽しみながら体力作りもできるというわけですね。

子どもと冬に行きたいレジャースポットは?

ソリ遊びもできるスキー場へ

全国には、ソリ遊びができるスキー場がたくさんあります。ソリ遊びは小さな子どもが1人で滑っても楽しいですし、親子で滑っても楽しさは倍増します。スキーやスノーボードがまだできない小さな子どもでも思う存分楽しむことができます。

ソリ遊びを楽しみたいなら、「キッズパーク」などのソリ専用ゲレンデがあるスキー場がおすすめです。キッズパークは一般のゲレンデときちんと区別されているので、スキーヤーと衝突することもないので安全です。

キッズパークにはスノーエスカレーターが設置されていて、ゲレンデの斜面を苦労をして登ることもありません。リフトと違って乗り降りも簡単なので、小さな子どもでもたっぷりとソリ遊びを楽しむことができます。

アイススケートデビューをしてみよう

子どもと冬に出かけるスポットとして、アイススケート場もおすすめです。全国には、広いリンクのあるスケート場や夏はプール、冬はスケートが楽しめる施設があります。遊園地の中にスケート場があるところもあって、親子で賑わっています。

ところで、アイススケートは何歳くらいから滑れると思いますか?大人でも氷の上を滑るのは難しそうですよね。

一般的には4歳くらいから楽しむことができるといわれています。スケート教室でも、対象年齢を4歳からというところが多いようです。

でも、大人が補助をしてあげたり、ソリなどの補助器具を用意したりしてあげれば、2歳からでも滑ることができますよ。さらに、二枚刃のスケート靴が用意されているスケート場もあります。

冬に行く沖縄の海も素敵

子どもと冬に出かけるスポットとして、冬の沖縄もおすすめです。何といっても夏のトップシーズンに比べて旅行代金が安いのがうれしいですね。

冬の沖縄は、2月の一番寒い時期でも17℃程度の気温です。日差しのある日は、初夏のような暖かさになります。

冬の沖縄は、「ホエールウォッチング」を楽しむこともできます。ザトウクジラは出産と子育てのために冬に沖縄の海にやってきます。ツアーに参加すれば、クジラの潮吹きやダイナミックなジャンプなどに出会えて親子でも楽しむことができるんですよ。

そして、沖縄といえば「沖縄美ら海水族館」。夏に比べて観光客が少ないので、親子でゆっくりと楽しむことができます。沖縄ならではの多くの生き物に出会えますよ。

全国の冬に行われるお祭りに行ってみよう!

日本一の冬の祭典「さっぽろ雪まつり」

冬のレジャーとして、親子で「さっぽろ雪まつり」に参加してみてはいかがでしょうか?2月の上旬から中旬にかけて開催される冬の祭典です。

「さっぽろ雪まつり」といえば、「大通会場」の巨大で幻想的な雪像が有名です。スケートリンクが設置されていてスケート靴も貸してくれるので、親子で気軽に楽しむことができます。

「すすきの会場」では、氷像に触れたり乗ったりすることもできます。親子でイルミネーションロードを歩くのも素敵ですね。

「さっぽろ雪まつり」の中でも、子どもに大人気なのが「つどーむ会場」です。子どもから大人まで楽しめるチューブスライダーがあったり、雪の迷路があったりして北海道ならではのダイナミックな雪遊びを楽しむことができます。

雪の中で花火が見られる「いわて雪まつり」

「いわて雪まつり」も、親子で楽しめる冬のレジャーとしておすすめのスポットです。六つの会場を巡って雪遊びが楽しめるのが大きな特徴です。2月上旬から中旬にかけて開催されます。

メイン会場は、「岩手高原スノーパーク」で、毎年違ったテーマの雪像を鑑賞できます。雪像は昼間だけではなく、夜もライトアップされてとても幻想的です。ライトアップの時間帯も16~21時なので、小さな子どもとも楽しむことができます。

また、雪の滑り台や貸しソリもあり、小さい子どもに大人気のキャラクターショーやステージショーも開催されています。

「いわて雪まつり」の最大の魅力は、打ち上げ花火です。ライトアップされた雪像の上の花火は、一度は見たいイベントです。

都内も楽しい「お台場レインボー花火」

東京の港区にある「お台場海浜公園」では、12月の毎週土曜日に「お台場レインボー花火」が開催されます。2,000発近い花火が会場に打ち上げられ、お台場のクリスマスイルミネーションとも重なってなんとも幻想的で華やかなひとときを親子で楽しむことができます。

お台場レインボー花火の見所は、音楽とシンクロした花火ショーです。特に、レインボーブリッジと東京タワーの夜景と打ち上げ花火との競演は、本当にすてきです。

親子でお台場レインボー花火を楽しみたいなら、穴場スポットが二つあります。一つめの穴場は、地元の人しか知らない辰巳桜橋です。二つめは、無料休憩室がある有明スポーツ展望台。冬の夜景を眺めながら親子で花火を楽しんでみてはいかがでしょうか?

まとめ

子どもと一緒に楽しめる冬のレジャーをご紹介してきました。冬の外遊びには、冬ならではのメリットがあります。「寒くて外になんか出たくない!」なんて閉じこもっていないで、子どもと一緒に外にお出かけしてみてください。

冬のレジャーは、スキーやスケートだけではありません。子どもが大好きな雪遊びからウィンタースポーツ、冬のお祭りもおすすめです。

外遊びは、子どもの心と体を育てる大切な場です。寒い冬だからこそ、子どもと一緒に外遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018