就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの名付け、画数は気になる?後悔しない名付けのポイント

子どもの名付け、画数は気になる?後悔しない名付けのポイント

子どもの名付けは、親が子どもへ贈る初めての贈り物ですよね。そのため、どんな名前にしようかと色々悩むものです。この字を入れたい、この音の響きがよいなどさまざまな希望が出てくるのではないでしょうか。それでは、名付けの気になる部分をみてみましょう。

名前をつけるときに気になることは?

苗字とのバランスと相性が気になる

もし、つけたい名前があったとしても、苗字と名前を並べて書いてみたり、発音してみたりするといいにくいこともあります。並べてバランスがわるいときは、漢字やひらがなに替えたりすると、バランスが整うこともあります。

画数の多い苗字に画数の多い名前にすると、少し重たく見えるかもしれません。また文字数が多い苗字に名前の文字数を多くする、逆に画数の少ない一文字の苗字に画数の少ない一文字の名前にすると、少し寂しい感じがするかもしれません。

氏名をとおして音で聞くと、おかしな意味や聞こえになったりしないかも大切な要素です。漢字に意味を持たせたとしても、小さい子ども同士の場合は、音だけで判断するので、いじめの要因にならないとも限らないからです。

運勢のよいものかどうか気になる

名前の運勢というと、画数を真っ先に思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、画数だけでなく、音の響きでも性格が違ってくると書いてある名付け本などもあります。「あ」から始まる名前は、明るい子になるなどです。

また、韻を踏んでいるような名前も同音殺しといわれ、避けた方がよさそうです。「し」「り」で終わる名前や「く」で始まる名前は、死・離・苦を連想してしまうものなので、やめるようにとの助言があるものもあります。

また、花の名を名前に使うことも避けるようにというのは、昔からいわれていることです。花は美しいですが、「散る」ことになるからです。そして、もう一つは男の子か女の子か分からない名前も避けた方がよいという話があります。

漢字の持つ意味や画数が気になる

最近では、ネットで名前を入力するだけで姓名判断をしてくれるサイトや無料ソフトがあります。お金を出して占ってもらわなくても、手軽に情報を入手できるのは、ありがたいことですね。

漢字の意味からこんな子に育ってほしいと名付ける人、姓名の画数からできるだけよい名を付けようとする人と、さまざまでしょう。どちらを優先させるかは、両親などの考え方次第です。

一般的に画数では吉凶が出ますが、流派によってその結果が違うことは多いです。特に旧字体に直せる漢字や、へんを一つの漢字に戻せるものですと、画数がかなり変わってきます。どれを信じるかはパパ・ママの考え方によるでしょう。

漢字の意味と画数のどちらを優先するかは、パパ・ママで意見を統一しましょう。

画数がよくない名前みたい!どうする?

名付けのときに字画が気になる訳は?

画数などが気になるのは、親から子どもへの愛情にほかなりません。字画がそんなによくないけれど、そのまま名前をつけて、大きくなってから身体が弱かったり、なにか不幸なことがあったりしたとき後悔するかもしれないという想いがきっと根底にあるのではないでしょうか。少しでも憂いのあることは取り除いておいてあげたいと思うのが親心です。

また、そんなに悪いことが起きなくても、子どもは軽い気持ちで自分の姓名判断をしたりするものです。そのときに「大凶」や「凶」などと出てしまうと気にしてしまうかもしれません。

そんなことなどを考えると、後悔しないためにも、せめて凶とはならない名前を付けたいと考えるのはしごくもっともではないでしょうか。

義両親に反対されてしまったときの対処法

なかには子どものころから、「子どもが生まれたらこの名前をつけよう」とずっと温めていた人もいるかもしれません。また、妊娠がわかったときから本を買いこんで決めた人もいるでしょう。そんなとき、義両親に反対されてしまったらどうしたらよいのでしょうか?

まず、ママが決めた名前のときは、パパに完全な味方になってもらうことです。息子が「自分がこの名前を気に入って決めたんだ!」と強くいえば、渋々でも引き下がってくれることも多いようです。このとき、パパが弱く出ると揉めてしまいます。

ただ、いわゆるキラキラネームをつけようとして反対されたのに、そのままつけて後悔しているママもいるようです。そうならないために、自分自身も冷静になるように心がけましょう。

画数を気にする派と気にしない派の意見

画数を気にする人の意見としては、「せっかくなので縁起のよい名前にしたい」「最初からケチがつくのは気がとがめる」「反対されたときに義両親に説明しやすい」などがあるようです。

逆に気にしない人は「調べるものによって運勢が違う」「有名人と同じだけど全然違う人生になっている」「画数がとてもよいのに、事件に巻き込まれてニュースになっている人がいた」「身内で姓名判断はすごく悪いのに幸せで長生きしている人がいる」「画数より自分が気に入った名前をつけてあげたい」などの意見がありました。

画数を気にするかどうかは考え方によりますが、親子とも一生ついてくるものですから、納得したものをつけてあげるのが子どもにとっても一番よいのではないでしょうか。

子どもの名前を最終的に決めるのは両親

字画はあくまで一つの指針として考えて

画数にこだわると、つけたい名前を付けられなくなります。とくに、色々なサイトやソフト、本で姓名判断をしていると、あそこではよかったのに、ここではだめという風になり、結局どれも相応しくないように思えてきてしまうものです。

字画は、あくまで一つの目安にしましょう。それがすべてとなると、せっかくよい名前を思いついても、それをつけられなくなります。どの項目も大吉にするのか、この項目は譲歩する、あるいはこちらのサイトを信用しようなど基準を設けましょう。

こだわりを多くすると、名付けに縛りができてしまいます。縛りを緩くすることで、よりよい名付けができるのではないでしょうか。どこでバランスをとって、気に入る名前にするか話し合ってください。

第三者の意見も参考にできるゆとりを持つ

赤ちゃんの名前をつけるときに、両親の意見が最優先されるのは基本です。しかし、ときには妊娠で気持ちが高ぶって冷静に判断できないこともあるようです。すべての人にあてはまるわけではありませんが、そのような状態で考えた名前は、将来の子どもによくない影響をもたらすものもあります。

妊娠中は、冷静になれないから自分で名前を決めてはいけないということではなく、考えた名前を家族や信頼できる友だちに聞いてみて、的を射た意見ならばよく考えてみる心のゆとりをもつようにしてください。

反対意見にすべて従いましょう、というわけではありません。素敵だと思った名前が実は、縁起の悪い意味になる場合もあります。また、違う読みで違う意味になるときもあります。

成長したときに子どもが誇れる名前を

子どもが大きくなったときに、自分の名前が好きといってくれるのは、親としてとても嬉しいことですよね。毎日、愛情をこめて呼んだ先に、我が子もその名前を気に入ってくれたら、一生懸命考えて名付けた大変さも報われるというものです。

小学校の宿題で、自分の名前の由来はなにか調べるものが出る場合もあります。そのときに「あなたの名前には、パパとママのこんな願いがこめられているんだよ」としっかり説明できると、子どももそれを理解し、自分の名前に誇りがもてるようになるのではないでしょうか。

パパとママが自分のことをこんなに想って名前をつけてくれたというのは、無償の愛ですから、それだけでも自己肯定となり、子どもの自信となるでしょう。

まとめ

自分の子どもに対しての、こんな子に育ってほしいという想いは、多かれ少なかれ親になると抱くものです。その最初の期待が名付けに表れるのではないでしょうか。

「かわいい子になってほしい」「凛とした子になってほしい」「たくましい子に育って欲しい」「優しい子になってほしい」など願いはさまざまです。

親の願い、世間一般から抱かれるイメージ、漢字の意味、画数が気になる場合は、それも考慮して、よりよい名付けをしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018