就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもの歯磨き粉は無添加のものを選ぼう!安全な歯磨き粉の選び方

子どもの歯磨き粉は無添加のものを選ぼう!安全な歯磨き粉の選び方

子どもが歯磨きをするときに歯磨き粉を使っていますか?小さな子どもは歯磨き粉を飲んでしまうことも少なくありません。安全を考えて、歯磨き粉にも気を配りたいですね。そこでおすすめしたいのが、悪い影響があるといわれる添加物を使用していない歯磨き粉。今回は無添加の歯磨き粉のメリットについてご紹介します。

なぜ無添加?一般の歯磨き粉に潜む危険

むし歯になりやすくなる可能性

むし歯のできる原因を知っていますか?口内にたくさんいる菌の一つにミュータンス菌があります。ミュータンス菌は食べ物の糖分を食べて酸を出します。この酸が歯を溶かすことによってむし歯になるのです。

歯が溶けてしまうなんて一大事。しかし口内には溶けた歯を修復してくれる強い味方もいます。それが、唾液です。

唾液は小さなむし歯なら酸を中和して自然に修復してくれます。そのため唾液の出る量が少なくなるとむし歯などの口内トラブルが増えていくのです。

唾液が出にくくなる原因には、薬の影響、加齢、ストレスなどがあります。なんと一般の歯磨き粉に含まれている合成界面活性剤も原因の一つで、使い続けることでむし歯ができやすい口内環境になる可能性があるといわれます。

口臭や口内炎の原因になることも

唾液がきちんと出ていて常在菌が元気に働いていれば、口内環境を正常に保つことができます。むし歯だけでなく、口臭や口内炎の発生も予防できるのです。

ところが一般の歯磨き粉を使用していると、歯磨き粉に含まれいる合成界面活性剤が口内の環境を乱してしまいます。とくにラウリル硫酸ナトリウムの洗浄成分はとても高いため、口内の必要な菌まで洗い流してしまい、環境を悪化させ、口臭や口内炎の原因になることもあるそうです。

ラウリル硫酸ナトリウムは、歯磨き粉を泡立てて汚れを落とすことで洗い上がりをさっぱりとさせます。また香料も口中をさわやかに仕上げます。これらの添加物は一見清潔感を与えてくれますが、必要な菌まで落としてトラブルも招きやすいのです。

将来的に味覚を損なうかもしれない

一般の歯磨き粉に入っている合成界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウム。唾液の出を悪くしたり、必要な常在菌を流してしまう可能性をお伝えしましたが、じつは舌の健康にも悪い影響を与えるかもしれないのです。

舌には味覚を感じることのできる味覚細胞が備わっています。しかしラウリル硫酸ナトリウムを使い続けると味覚細胞にもダメージを与える可能性が指摘されています。

とくにダメージを受けやすいのが、成長過程にある子どもです。ダメージを受け続けて味覚細胞が破壊されてしまうと、将来味を感じにくくなる可能性があります。

味覚はとても大切です。塩味に鈍感になれば濃い味を好むようになり、やがて生活習慣病になるなどの健康被害に結びついてしまいます。

子ども向け無添加の歯磨き粉の選び方

研磨剤、発泡剤がはいっていないものを選ぶ

合成界面活性剤が口内へ与える影響についてお伝えしましたが、そのほかにも気をつけたい添加物があります。それは研磨剤や発泡剤です。

研磨剤はやすりのような作用で歯の汚れを落とす成分です。歯の表面を削ってエナメル質を傷つけてしまう可能性があります。エナメル質は歯に汚れをつきにくくする働きをするため、多量の研磨剤の使用はかえって歯を悪くする原因になります。

発泡剤は歯磨き粉の泡立ちをよくして、歯磨き粉の成分を口の中に広げて汚れを落とすために使用されます。しかしシュワシュワとした泡のため、磨き残しがあるのに磨いた気持ちになってしまい、口の中に汚れを残してしまうことも。

これらの添加物はあまり使用しないほうがよさそうですね。

フッ素がはいっていないものを選ぶ

口内の健康に悪い影響を与える添加物についてご紹介していますが、添加物の中には歯によい影響を与えるものもあります。その代表がフッ素で、塗布することでむし歯を予防する効果が認められています。

そのため多くの子ども用歯磨き粉にはフッ素が配合されていますが、じつは歯によい働きをするのは歯に塗った場合のフッ素です。フッ素は飲み込むと体に害を与えてしまいます。

WHOのレポートにも、フッ素を飲み込むことで健康被害があると指摘があります。そのためWHOでは、歯磨き粉を飲み込んでしまう可能性のある6歳以下の子どもには、フッ素入りの歯磨き粉の使用を「禁忌である」としています。未就学児のフッ素の利用には注意が必要ですよ。

子どもが好きなフレーバーを選ぶ

「歯磨きをすると歯がきれいにさっぱりするので大好き!」と、喜んで歯磨きをする子どもはあまりいませんね。どちらかというとママやパパが「むし歯にならないように」とか、「きれいな歯を大切にしようね」と、声かけをするご家庭が多いのではないでしょうか?

子どもに自主的に歯磨きをさせるためには、楽しい歯磨きタイムを演出することが大切です。おすすめしたいのが、子どもの好きなフレーバーの歯磨き粉を選ぶこと。

いくら無添加の歯磨き粉が歯や体の健康によくても、子どもが楽しくできなければいい加減に磨いて、汚れを残してしまうこともあるでしょう。無添加の歯磨き粉にもいちご味やぶどう味など色々あるので、子どもの好きなフレーバーを見つけてあげてください。

無添加の子ども向け歯磨き粉3選

ゆすぎ不要。乳酸菌配合「ブリアン」

メディアやSNSで話題の歯磨き粉ををご紹介します。歯科医師がプロデュースした、飲み込んでも安心な原材料でできた歯磨き粉「ブリアン」です。

ブリアンは、口内の健康のために使ってほしくない添加物の合成界面活性剤や研磨剤、発泡剤を使用していません。イチゴ味のフレーバーで、子どもが楽しく歯磨きをすることができます。

配合されている善玉菌は口内の環境を整え、酸から歯を守ってむし歯を予防してくれます。口内のトラブルである歯周病や、ウイルスから感染するインフルエンザの予防の効果も認められているようですよ。

ブリアンは粉タイプの歯磨き粉です。使い慣れるまで難しく感じるかもしれませんが、子どもの歯の健康のために使ってみてはいかがでしょうか。

フルーツ味で人気「パックス」

「パックスこどもジェル歯磨き」は、電動歯ブラシにも使いやすいジェルタイプで、子どもが喜ぶオレンジ&グレープフルーツ味の歯磨き粉です。

無添加にこだわっており、合成界面活性剤、研磨剤、発泡剤、また保存料が不使用となっています。洗浄剤には石鹸が使用されており、アワアワにならずに磨きやすいのが特徴です。保存料不使用なので、保管は涼しい場所が推奨されます。

メリットは、無添加歯磨き粉の中では値段が比較的安いこと。ためしに無添加歯磨き粉を子どもに使わせてみたいと考えているママさんにもおすすめです。

デメリットは、むし歯予防の効果をもつ成分が配合されていないこと。むし歯予防の効果を求めるママには物足りないかもしれませんね。

ミントの爽やかな風味「ヴェレダ」

ヴェレダは、オーガニックコスメのメーカーとして世界50か国以上で親しまれています。ヨーロッパでは自然医療品メーカーとしても有名で、高い品質の製品を作っていることで知られています。

ヴェレダの歯磨き粉は無添加で、合成化学物質が使用されていません。しかもオーガニックで、有機栽培のものや野生の植物などを利用して作られています。

磨いているとスペアミントのさわやかな香りが口に広がりますが、刺激はほとんどないので小さい子どもでも抵抗なく使用できますよ。

注意したいのがアレルギーです。原材料にカレンドラとよばれるキク科の花が使用されています。キク科の植物が飛ばす「草本花粉」で花粉症の症状が出る子どもは、使用しないほうがよいでしょう。

まとめ

一般的な歯磨き粉の使用を続けていると口内環境が少しずつ悪化し、むし歯や口臭、歯周病や味覚障害などの健康被害をまねく恐れがあります。とくに子どもは成長途中のため、影響を受けやすいようです。

無添加歯磨き粉であれば、口内に悪い影響を及ぼす合成海面活性剤や研磨剤、発泡剤などが使用されおらず、安心して口にすることができますよ。子ども向けの無添加歯磨き粉もたくさん販売されているので、今回の記事を参考にして、子どもに合ったものを選んであげましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • クリスマスプロジェクト2018