就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんの体温調節して秋を過ごそう!シーン別対策と便利な小物たち

赤ちゃんの体温調節して秋を過ごそう!シーン別対策と便利な小物たち

日中は暖かいけれど、朝夕に急に冷え込むこともある秋は、ママも赤ちゃんの服装に迷いがちだと思います。秋の外出時の体温調節はどうすればよいのか、気温差の激しい時期の室内での対応策に加え、おしゃれのポイントにもなる防寒小物についてもご紹介します。赤ちゃんの秋の装いに悩んだらぜひ読んでみてくださいね。

秋の外出、赤ちゃんの体温調節はどうする?

寒い日は靴下を履かせてあげよう

春夏や暖かい室内で過ごしているときには、赤ちゃんに靴下は必要ありません。赤ちゃんは手足で体温調節をしているので、靴下はその妨げになってしまうからです。

とはいえ、寒い日にお出かけをする場合には、冷え過ぎを防ぐためにも靴下をはかせてあげましょう。靴下は防寒のほかに、足の裏にかいた汗を吸収する役目もあります。

足を触って冷たく感じても、お腹や背中が冷えていなければ大丈夫です。厚着したうえに靴下で足を覆ってしまうと、汗をたくさんかいて脱水症状などを起こすことがあるので注意しましょう。

ただし、靴をはいてお出かけをするようになったら、必ず靴下をはかせてあげるようにしましょう。赤ちゃんの皮膚は薄いため、靴擦れの原因になってしまいます。

急に肌寒くなったらブランケットで暖かく

秋は過ごしやすい季節ですが、日陰は寒かったり急に気温が下がったりすることが多い時期でもあります。そんなときに用意しておくと便利なアイテムが、ブランケットです。

体がまだ小さいうちは、おくるみとして赤ちゃんを暖めることができますし、少し大きくなっても、ベビーカーやベビーシートに乗せるときに、掛けたり敷いたりと使い道はいろいろとあります。お昼寝のときや、おむつ替えのときにも使えるため、1枚は持ち歩きたいアイテムですね。

ブランケットは生地の種類も豊富で、綿はもちろんガーゼやパイルなど季節やシーンに合わせて選ぶことができます。秋冬の防寒目的ならば、ふわふわとした肌ざわりが心地よいボア素材などもおすすめです。

脱ぎ着しやすい羽織ものがあると便利

ねんねの時期を過ぎると、おくるみだけで防寒をするのが難しくなってきます。赤ちゃんの動きを妨げず、なおかつ保温性の高い羽織ものをプラスするとよいでしょう。

分厚い生地の洋服を1枚だけ着せるよりも、薄手のシャツやベビー服にカーディガンを重ね着するほうが、状況に応じて体温調節がしやすく便利です。セーターよりも着せやすく、種類も豊富でおしゃれなデザインのものが多いのも嬉しいですね。

脱着の簡単さを重視するなら、ケープもおすすめです。腕を通す必要がなく、着せたときのシルエットも可愛らしいものがたくさん売られています。ただし、遊具などに引っかかってしまう可能性を考えると、お外遊びには向かないこともあります。

朝晩冷える秋半ば、赤ちゃんの体温調節は?

気温の変化が激しいので室温計と適宜加湿を

ついついお部屋の気温ばかりを気にしがちですが、秋から冬にかけては空気の乾燥にも気を配ることも大切です。湿度が低いとお肌がかさついてしまったり、ウィルスが発生したりしやすい環境になってしまうこともあります。

赤ちゃんにとって快適な室温は20℃~23℃、湿度は40.0%~60.0%といわれています。秋から冬にかけては朝晩急に冷え込むことが多いため、湿度も測れる室温計を置いておき、こまめにチェックするようにしましょう。

寒さにも注意が必要ですが、寒いからといって暖め過ぎると、脱水症状を引き起こすこともあります。のぼせていないか、体が冷たくなっていないかなど、赤ちゃんの様子を観察しながら調節するとよいでしょう。

薄手のベビー服に1枚アウターをプラス

室内で過ごすときには、何枚も重ね着をさせる必要はありません。エアコンやストーブなどで室温を調節し、赤ちゃんは薄手のベビー服にもう1枚重ねるだけで充分です。

もこもこに着せてしまうと、赤ちゃんの動きを妨げてしまい窮屈になってしまいます。動きやすさや、そのままお昼寝してしまう場合があることも考えて服装を選びましょう。

腕が動かしやすく、着せやすいベストを重ねるのもよい方法でしょう。いずれにしても、室内では1枚少なくを心がけ、着せすぎないことが大切です。

アウターの素材もいろいろあるので、気温に合わせて選びましょう。ニット素材のものは保温性が高く、特に冷え込む時間帯におすすめですし、スムース生地はなめらかな肌触りが特徴です。

スリーパーがあると布団からはみ出ても安心

元気な寝相でお布団を蹴飛ばしてしまう赤ちゃんは多いもの。風邪をひかないようにお布団はかぶって欲しいけれど、何度も直すのはママも大変ですよね。

そんなときはスリーパーを着せることで、赤ちゃんもママも安心して眠ることができます。ボタンをしっかりと留めておけば、どんなに動いても脱げることはまずありません。

袖や丈の長さも種類がたくさんありますが、秋の少し涼しい季節にはベスト型や半袖がおすすめです。暑くなりすぎず、手も動かしやすいので寝苦しさも感じにくいでしょう。

真冬ならばフリースやダウン生地が暖かくてよいのですが、秋にはガーゼ生地やタオル生地のものがマストです。ほどよい保温性と通気性で、暖め過ぎを防いでくれます。

秋は赤ちゃんもおしゃれな小物で体温調節を

足が冷たいなと感じたらレッグウォーマーを

特に靴下をはかせる必要はないとはいえ、やはり足が冷たいと気になってしまいますよね。レッグウォーマーなら靴下よりはかせやすく、ズボンの上からでも素足の上からでも着けられるのでとても便利です。

素肌に直接着せるときには肌への刺激も考えて、素材を選びましょう。ポリエステルやレーヨンなどの化学繊維のものはなるべく避けたほうが無難です。やはりオーガニックコットンなどが安心でしょう。

レッグウォーマーは防寒だけでなく、コーディネートのワンポイントとしても使えます。デザインも豊富で、カジュアルな普段使いのものから、ラメやフリルなどがついたフォーマルなスタイルでも違和感がないものまであるので、シーン別に使い分けるのも楽しいですね。

寒い日の外出も帽子でぽかぽか暖かい

赤ちゃんはまだ髪の毛も細くて少ない場合が多く、頭を保護する意味でも外出時の帽子は欠かせません。秋から冬にかけての帽子は防寒性に優れ、なおかつお手入れが簡単なものを選ぶと便利です。

頭はたくさん汗をかきますし、頭皮に直接触れることを考えるとやはり綿素材のものがおすすめです。ニットやボア素材のものを使用するなら、肌への刺激や蒸れていないかなど、こまめにチェックしたほうがよいでしょう。

迷ってしまうほど可愛らしいデザインが多い帽子ですが、両サイドに紐がぶら下がっているタイプのものは注意が必要です。赤ちゃんが口に入れてしまう可能性がありますし、何かに絡んだり引っかかってしまうと危険なので避けたほうが無難です。

紫外線が多い秋はパーカーで首周りもガード

夏だけではなく、意外と秋の紫外線も強いことはご存知でしょうか。晴れの日は思いのほか日差しが強く、お外で遊んでいるうちにうっかり日焼けしてしまうこともあります。

赤ちゃんのうちは、なるべく日焼け止めをつけたくないママも多いと思います。そんなときは、身に着けるものを工夫して乗り切るのも一つの方法です。

つば付きの帽子なども有効な紫外線対策ですが、見落としがちなのが首回りのケアです。秋はまだネックウォーマーには早い季節なので、フード付きのパーカーで予防するのがよいでしょう。

ほかにもジャンプスーツという、フード付きのベビー服もあります。コート代わりにも使えて、帽子もかぶる必要がないため、月齢の低い赤ちゃんに向いています。

まとめ

秋の体温調節のポイントは「臨機応変」です。暖かい時間帯は、赤ちゃんの動きやすさと汗をかいたときの通気性を重視して、お部屋での服装にプラス1枚が基本と覚えておきましょう。また、朝夕の急な冷え込みには、おくるみや羽織ものを準備しておくと安心です。

防寒に紫外線にと外出時に気をつけることは多いですが、かわいいデザインの帽子やレッグウォーマーなどの小物を取り入れると、おしゃれを楽しみつつ快適に過ごせるでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018