就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ヌーブラで快適なマタニティ生活を!メリットと使うときの注意点とは

ヌーブラで快適なマタニティ生活を!メリットと使うときの注意点とは

ブラジャーがどうしても苦しいというときには、マタニティ期間でもヌーブラが活躍することがあります。ここでは、ヌーブラを使うことのメリットや注意点などについてまとめています。どのブラジャーも合わないときは、ヌーブラもチェックしてみてはいかがでしょうか。

胸の変化とマタニティ向けブラジャー

マタニティ期間の胸の変化を知ろう

マタニティ期間は胸のサイズが大きく変化していきます。最終的には普段つけているブラジャーより、2カップほどサイズアップしますよ。

授乳ができるように乳腺が発達して、ずっしりと重さもでてきます。また、胸は全体的に大きくなるのではなく、下半分から脇にかけての部分がとくにサイズアップするので、形の変化も感じるでしょう。

さらに、マタニティ期間は肌が敏感になります。普段つけていたブラジャーをサイズアップさせただけでは、締め付け感を強く感じたり、肌荒れを起こしてしまったりすることがあるので要注意。

このため、マタニティ向けのブラジャーは大きな形の変化にも対応できる柔軟な作りになっています。また、敏感肌にも優しい素材が使われるなど、マタニティに最適ですよ。

ノンワイヤーのブラジャーを使うママが多い

マタニティ期間には、使用しているブラジャーのタイプを変えるのが一般的です。ワイヤー入りのブラジャーは締め付け感が苦しかったり、ワイヤーが痛く感じたりするので、ノンワイヤーに変えるママが多いですよ。

下着ショップの調査によると、妊娠前は「ワイヤー入りのブラジャー」の使用率がダントツの1位です。しかし、マタニティ期間は着心地が楽な「ブラトップ」が1位になっています。

そのほかにも、ノンワイヤーの授乳(マタニティ)ブラや、普通のノンワイヤーのブラジャーも1位のブラトップとほぼ同数でした。ワイヤー入りの授乳ブラもありますが、使っているママは少数派のようです。

ブラジャーのタイプは、体の変化や体調に合わせて変えていくのがよいでしょう。

どんなブラジャーでも不快ならヌーブラを

マタニティ向けのブラジャーは、マタニティのママが快適に過ごせるように配慮されています。しかし、つわりがひどいなど、体調や体質によっては「どんなブラジャーでも不快」ということも。

そのようなときには、ブラジャーを外して休むのも一つの方法ですが、外出時にブラジャーを外すのはなかなか難しいことですね。「どうしてもブラジャーが必要だけど、不快でつけていられない」というときには、ヌーブラも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

どのブラジャーでも胃が気持ち悪くなってつけていられなかった人が、ヌーブラを試してみたら快適に過ごせたということもありますよ。「昔、買ったけど、タンスの奥にしまいっぱなし」という人は、一度試してみてもよいかもしれませんね。

マタニティ期間にヌーブラを使うメリット

胸を締め付けないから楽に過ごせる

ヌーブラのメリットは胸を締め付けないことです。マタニティ期間はアンダーが大きくなったり、つわりで締め付け感が不快だったりします。

しかし、ヌーブラは胸に貼っているだけなので、アンダーのあたりまで胃が上がっていても大丈夫。アンダーに負担がないので着け心地が楽ですよ。

「ブラジャーで不快感があるのは嫌だけど、胸にフィットしてないと落ち着かない」という人にはよいかもしれません。ブラジャーは何を着けても気分が悪くなってしまうときには、ヌーブラを試してみてはいかがでしょうか。

ノーブラのように楽でも気になるトップはカバーされるので、外出時も安心ですね。胸を寄せるようにして、バストラインを少し整えることもできますよ。

肩ひもがないのでどんな洋服でもOK

マタニティ向けブラジャーの肩ひもは、幅が広めのものが多いですが、ヌーブラには肩ひもがありません。授乳ブラやマタニティ用のブラのなかには、肩ひもが取り外しできるものもありますが、そのようなタイプは少数です。

マタニティ期間に人気のブラトップは、インナーとブラカップが一体化してるので、タンクトップかキャミソールのタイプが主流ですね。チューブトップタイプのブラトップもありますが、胸の上のゴムの締め付け感がマタニティ期間には負担になるでしょう。

マタニティ期間や授乳中は体型や体調の変化によってオシャレが難しくなることがあります。しかし、ヌーブラなら肩ひもがないのでどんな洋服でも着ることができますね。

マタニティ期間の悩みである肩こりの解消

前述のように、マタニティ期間の胸は容量が大きくアップして、胸がずっしりと重くなります。その胸を支えるブラジャーが重みで肩に食い込んで、血流を阻害してしまうことがあります。

マタニティ期間には、体調がよくないことも多いので、もともと肩こりになりやすいのです。ブラジャーの肩ひもやアンダーの締め付け感が肩こりの原因かもと思ったら、締め付け感や圧迫感のないヌーブラに変えてみるのもよいでしょう。

ブラジャーをヌーブラに変えれば、マタニティ期間特有のつらい肩こりを解消できることもあります。マタニティ用のブラは妊婦の体のことを考えて設計されていますが、妊婦の体調には個人差が大きいので、肩こりの原因はブラジャーかもしれませんよ。

ヌーブラを使うときに気を付けたいこと

垂れる可能性があるので毎日使わないように

ヌーブラには肩ひももアンダーベルトもありません。胸に直接パッドを貼り付けて、中央で留める仕組みになっています。

そのため、バスト自体はカバーされているのですが、バストの位置はどこにも固定されていない状態です。歩く振動で、胸は上下に揺れてしまいます。

つまり、胸が重力に引っ張られて胸を内側から支える靭帯が伸びてしまい、胸が垂れる可能性があります。ただでさえ、マタニティ期間は胸が重くなっているので、その重さの分、胸が垂れやすい状態です。

ヌーブラを使うと胸を支えるものがないだけではなく、さらに胸にヌーブラの重さも加わります。ヌーブラを使うなら、毎日使うのを避けて、胸が垂れてしまわないように気を付けたほうがよいでしょう。

使用前や使用中もこまめに汗を拭き取ろう

ヌーブラは肩ひもがなく、アンダーを締め付けることもないので、つけ心地がとても楽です。しかし、ヌーブラは使用方法を間違えるとすぐに取れることがあります。

ヌーブラを使用するときは、粘着力を低下させないように気を付けましょう。とくに、汗がついていると取れやすくなるので、使用前や使用中も汗をこまめに拭き取ることが大切です。

使用中に汗を拭き取るのは面倒に感じるかもしれませんが、ヌーブラを取れにくくするためには必要な一手間です。また、使用前はシャワーを浴びて体を清潔にしてからがベストです。

シャワーのあとは丁寧に汗を拭き取り、汗が引いてからヌーブラをつけると、汗と皮脂汚れの付着が防げるので、さらに粘着力をアップできますよ。

通気性のよいものを選んで肌荒れ防止を

普段は大丈夫でも、マタニティ期間は敏感肌になることがあります。しかし、ヌーブラには吸湿性はなく、むれやすいシリコンでできています。

そのため、汗をかいたり、不潔な状態になったりしたまま使用していると肌荒れを引き起こす可能性がありますよ。肌がデリケートな時期なので、なるべく通気性のよいものを選ぶとよいでしょう。

最近では、乳頭の部分が通気性のよい素材で作られているものなどもありますよ。接着面に洗濯用洗剤が残ることも肌荒れを引き起こす一因なので、ヌーブラは肌に優しい石鹸かヌーブラ用洗剤で洗い、十分に洗い流してよく乾かしてから使用しましょう。

もし、かゆみや赤み、肌荒れが起こったときはヌーブラの使用を一時中断して様子を見ましょう。

まとめ

どうしてもどのブラジャーでも体調が悪くなってしまうというときには、ヌーブラを試してみるのも一案です。どこも締め付けないので、つけ心地がとても楽ですよ。

ただし、ヌーブラにはデメリットもあるので、最終手段として考えておいたほうがよいかもしれませんね。体調やTPOに合わせてマタニティ用のブラジャーやブラトップなどと併用するのもよいでしょう。

マタニティ期間には、肌荒れを起こさない少しでも通気性のよいヌーブラを選ぶなどの工夫も必要ですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR