就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

サイズアウトした服のお下がり。渡す、貰うときの注意やほかの活用法

サイズアウトした服のお下がり。渡す、貰うときの注意やほかの活用法

サイズアウトして着ることができなくなった子ども服をどうしようか迷ったことはありませんか。お下がりとして知り合いへ渡したり、お下がりを貰ったりすることもあるかもしれませんね。そのような場合の注意点やお下がり以外の使い道をご紹介します。

サイズアウトした服をお下がりにするときは

渡す相手がお下がりを必要としているか聞く

お下がりを渡す場合は、まず相手に必要かどうかを聞いてみるとよいでしょう。喜んでもらいたい気持ちは分かりますが、人によってはお下がりを必要としない場合も考えられますよね。

例えば、親戚から貰える場合や、ママ自身がショッピングが好きで子どもにはママが選んだ服を着てほしいと考える場合もあります。また、もともとお下がりが苦手というママもいるかもしれませんね。

「お下がりで渡すことができる子ども服があるけれど足りてるかな?」など、押し付けるような言い方を避けて、相手が返事をしやすいような聞き方を心がけるとよいでしょう。ベビー用品に関しても同様で、すでに手元にあることもあるので、まずは相手に聞いてみることが大切ですね。

洗濯をして、使い込んであるものははぶく

もしママ友からお下がりを貰ったとき、毛玉があったり糸がほつれていたり、シミや黄ばみで汚れていたりした場合、どのように感じるでしょうか。ママ友は善意でお下がりを渡してくれたと分かりながらも、残念な気持ちになりますよね。

お下がりを渡す立場になった際は、たくさん着て何度も洗濯をしたり、生地がくたびれてしまい使用感が目立ったりする服は避けるようにしましょう。それがブランドの服でお値段が高いものであっても、お下がりを渡す相手が、着用して差し支えないと感じて、ある程度、状態がよいものであることがお下がりのマナーではないでしょうか。

また、下着や肌着などは直接肌に触れるものですし、未使用の物なら喜ばれるかもしれませんね。

「いらなければ処分してね」の一言を添える

お下がりの中には、相手のママの好みではない服やサイズが大きすぎてすぐに着ることができない服などがあるかもしれませんね。相手のママは気を遣って、せっかく貰ったものだけど使えそうになく、保管しておくにも場所に困るということなどをいい出しにくくなるかもしれません。

お下がりを渡すときに「いらなければ処分してね」という一言を添えると、お下がりを貰うママの心のハードルはぐんと下がり「貰ったお下がりは着なければならない」というような気を遣わずに、お下がりを受け取ることができるのではないでしょうか。

お下がりはあくまでも自分の厚意であって相手に押し付けることではないので、相手のママが断りやすいような一言を添えるとよいでしょう。

お下がり以外のサイズアウトした服の使い道

ネットオークションやフリマに出す

お下がりを渡す相手がいなかったり、お下がりだとお互いに気を遣ったりするのでほかの方法がよいというママは、ネットオークションやフリマアプリを利用してはいかがでしょうか。インターネットやスマートフォンアプリが普及している現代では、より気軽に利用できますね。

出品したい服の写真を撮影したり、説明文を考えたり少し手間に感じるかもしれませんが、リサイクルショップへ持ち込むよりも高値で取引される場合もあります。ただ、顔が見えない相手との取引なので服の使用状態は丁寧に説明しましょう。

インターネットが苦手なママはフリマに出品してもよいですよ。参加費が必要な場合もあり、値付けなどの事前準備もありますが対面で取引できるので安心感がありますよ。

思い入れのある服はリメイクする

子どもが今より小さい頃に着ていた服を見ると、そのときの光景を思い出したり、思い入れがあったりしてなかなか手放せない一着もありますよね。そのような場合、服をリメイクするママが増えています。

リメイク初心者のママでも簡単にできるアイテムとして、布を切って周囲を縫うだけで完成するコースターや子ども部屋に飾るガーランドなどが人気です。制作時間も方法もシンプルなのでママのすきま時間を利用して気軽に作業を進めることができますね。

服の柄部分をいかしたい場合は、ポーチや巾着、キッズチェアの座布団カバーなどにリメイクする方法があります。自分が着ていた服を思い出して安心感を抱く子どももいるようですよ。

幼かった頃を思い出しながらリメイクを楽しみましょう。

使い込んだ服は掃除に利用する

食べこぼしなどの汚れで状態がよくない服でも、そのまま捨てるのはもったいないと感じるママもいると思います。使い込んだ服は掃除用具として使い切ることができますし、服の素材やアイテムの特徴によって掃除の方法を変えると、より効果的でしょう。

静電気が起こりやすいフリースは髪の毛やほこりを吸収しやすいので、テレビやパソコンの画面、エアコン上部の掃除に適しています。カットしてもほつれにくく、そのまま雑巾にしたり床面を掃除するためのワイパーに取り付けたりできるので便利なアイテムです。

使い込んだ靴下も手や指にはめると、掃除機などでは掃除しきれない隙間や細かい部分をきれいにできるので試してみてくださいね。

サイズアウトした服のお下がりをもらったら

お礼は必要?渡す場合の相場は?

お下がりを貰った場合、お礼をするかどうか迷うママもいると思いますが、いただいたことへの感謝の気持ちを表すことは大切です。また「お礼はいらない」と遠慮するママもいますが、今後の付き合い方も考えてお礼をしておくと、お下がりを貰ったママも気を遣わずに接することができると思いますよ。

お礼の相場ですが、1,000~3,000円程度が相手にも気を遣わせない金額といわれています。安すぎると相手が失礼に思うかもしれませんし、高すぎるとかえって気を遣ってしまい、さらにお返しがくるようなケースも考えられます。

焼き菓子などのお菓子の詰め合わせはお返しの定番で種類も豊富ですし、相手の子どもにも喜んでもらえるかもしれませんね。

お下がりを貰うときに注意したいこと

子どもが着ることができなくなった服をすべてのママがお下がりにしようと思っているわけではありません。中には、思い出として手元に置いておきたいママもいますよね。

たとえば、幼稚園や保育園の制服やかばんなどは、成長の証として大切に残しておきたいというママや、在園児が汚したり破損したりした場合のために園に譲りたいというママもいるように意見が分かれるようです。もしお下がりとして欲しい場合は、相手のママの気持ちを尊重して丁寧に聞いてみるとよいですね。

また、お下がりを貰ったら子どもが服を着ているところを見てもらい、感謝の気持ちを伝えるとよいでしょう。大切に使っているところを見ると、相手も喜んでくれると思いますしお互いに気持ちがよいですよね。

お下がりを断りたいときの上手な伝え方

ご厚意でお下がりを譲ってくれることは分かりますが、断りたいときは勇気がいりますよね。では、相手が納得できるような伝え方をご提案します。

お下がりはたくさんの人から声がかかる場合もあるので、友人や知人からも貰ってたくさんあって間に合っているという理由は、相手も状況を想像しやすく理解できるのではないでしょうか。貰っても着るチャンスがないままサイズアウトするともったいないという旨も伝えると、より説得力があるように思います。

家族で相談して、お下がりはなるべく貰わないことにしていると断ってもよいですね。特に初めての子どもや孫の場合、新しい服を着せたいと思うケースも少なくありません。お礼を伝えたうえで相手に失礼がないようにお断りできるとよいですね。

まとめ

子どもがサイズアウトして着ることができなくなった服の行方はさまざまです。その中でも、お下がりはありがたかったり、そうでなかったり受け取り方は人それぞれですよね。

お下がりを渡す場合は、相手の気持ちを考えて必要がないときに断りやすい一言を添えたり、お下がりを貰う場合は、まず感謝の気持ちを伝えたりして、お互いにコミュニケーションとマナーを心掛けましょう。どちらの立場になっても気持ちよくやりとりができるとよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018