就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児なのに昼間に寝てくれない!寝かしつける方法と過ごし方

新生児なのに昼間に寝てくれない!寝かしつける方法と過ごし方

「生まれたばかりの赤ちゃんは眠っている時間が多いと聞いたのに、なかなか眠ってくれなくて困っています」というママもいるのではないでしょうか。なぜ眠ってくれないのかも気になりますね。昼間に眠ってくれない赤ちゃんを寝かしつける方法と過ごし方をまとめてみました。赤ちゃんもママもゆっくりと眠れるとよいですね。

新生児が昼間に寝ない!起きてる原因って?

ママのお腹の中にいる赤ちゃんは、へその緒を通して栄養をもらっています。赤ちゃんが何もしなくても栄養が送られてくるのですから、赤ちゃんは常にお腹が満たされている状態です。

ところが、赤ちゃんは生まれた途端、自分の口から栄養を補給しなくてはならなくなります。まだ母乳やミルクの飲み方もうまくないですし、胃も小さいですから少ししか入らず、すぐにお腹が空いてしまうのです。

あまりにお腹が空いては眠っていられません。目を覚まし、大きな声で泣いて「おなかがすいた」ことを知らせなければ、自分で母乳やミルクをとってくることなどできないのですから。大人でもお腹が空いていると眠れないですから、新生児ならなおさらかもしれませんね。

ゲップやおむつなどの不快感がある

赤ちゃんがミルクを飲んだ後にゲップをさせますね。新生児はまだ体がしっかりとしていませんし、新米ママはまだゲップをさせることになれていませんので、うまく出ないこともあります。

ゲップがうまく出ていない状態で横になると、赤ちゃんは胃が張って不快を感じながら眠ることになります。不快感がありながらでは眠れないので起きてしまうのです。

また、おむつが濡れていても不快を感じます。新生児の中には、うんちを1日10回もする子がいるようですし、それにおしっこも加わるのですから、不快に感じるときも多くなります。

不快に感じるたびに泣いていたら、起きている時間も多くなるわけです。ですから、不快感を取り除いてあげることが大切なのです。

外の世界からの刺激になれていない

新生児は生後1カ月頃までの赤ちゃんのことをいいます。ですから、新生児は、ママのお腹から外の世界に出たばかりというわけです。

ママも赤ちゃんのお世話になれていない時期ですし、赤ちゃんも外の世界にまだなれていない時期でもあります。昼と夜の区別もついていませんし、ママのお腹の中にいたときとあまりにも違う世界で不安に感じるのでしょう。

昼夜の区別がつかないと睡眠時間が短くなるといわれていますし、不安を感じているせいもあって少し眠っては起きてしまうのでしょう。赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲んでお腹が満たされていて、周囲の環境が適した環境になっていても泣いていれば、外の世界からの刺激になれていなくて泣いているのかもしれませんね。

昼間にスムーズに寝かしつける方法

おくるみでくるんでみる

ママのお腹から出てきて1カ月もたたない新生児に眠ってもらうには、お腹の中にいたときと同じような環境にしたら安心して眠ってくれそうです。ママのお腹の中は狭いので、赤ちゃんは背中を丸めた姿勢でお腹の中にいました。

ママのお腹のような狭い環境にするために、おくるみでくるんでみてはどうでしょう。特に外界からの刺激になれていなくて眠れない赤ちゃんであれば、ママのお腹の中を思い出して、安心して眠ってくれそうです。

赤ちゃんをおくるみにくるむときは、手は伸ばしてしっかりとくるみ、足は少し余裕をもってくるんであげましょう。背中スイッチが入りやすい子でも、ママの手から離れたときに姿勢が変わりにくいので、目を覚ましにくい効果もありそうですよ。

ママのお腹の上で抱っこ

赤ちゃんがママのお腹にいるときに、いつも聞いていたのが、ママの声と心臓の音でしょう。赤ちゃんはお腹にいるときから聴覚が発達していて、周りの音を聞いています。ですから、お腹の中にいたときに聞いていたママの声や心臓の音を聞いていたら、安心して眠ってくれるでしょう。

ママが仰向けになり、胸かお腹の上で顔を横に向けてうつ伏せにした赤ちゃんを抱っこしてみてください。赤ちゃんは、ママの体温を感じながら、ママの心臓の音を聞いてリラックスしてきます。そしたら、眠ってくれるかもしれませんね。

ただし、抱っこしたままでママも眠ってしまうと、赤ちゃんが落ちるかもしれませんので、気をつけてくださいね。ぐっすり眠ったら、そっと横におろしてあげましょう。

横向きやCカーブを作る

ママのお腹の中は狭いですから、赤ちゃんは背中がCカーブを描いている姿勢で過ごしています。生まれてからは成長するにしたがって、立った姿勢でバランスがとれるように、S字カーブを描いていきます。赤ちゃんも立位や歩行ができるようになる頃にはS字カーブになってきますが、新生児はCカーブの姿勢が安心するのです。

仰向けで寝るのでは背中はまっすぐになってしまいますので、横向きにして背中を丸めるCカーブを作って眠らせてみましょう。横向きで寝ると消化を助けてくれることもありますし、不快に感じることが少なくなり眠ってくれるでしょう。

寝返りができない時期の赤ちゃんは、動くことができませんから、ママが心地よい姿勢をとらせてあげたいですね。

新生児でも昼間に起きなければ起こすべき?

体重増加の度合いにもよる

新生児は昼と夜の区別がつきませんから、まとまって眠るということはまだありません。しかし、赤ちゃんの中にはよく眠る子もいて、4~5時間まとまって眠ることもあります。

眠ってくれたらママとしては自分も休めるので嬉しい反面、授乳しなくて大丈夫なのか気になりますよね。新生児は母乳であれば1~2時間おきに、ミルクであれば2~3時間おきにあげるのが目安です。授乳間隔の時間を考えると、起こすべきか迷うところでしょう。

そんなときは、赤ちゃんの体重が順調に増えているのか調べてみましょう。体重が減っているようであれば、母乳やミルクが足りないのでしょうから、起こしてでも授乳する方がよいですね。授乳間隔が空きすぎて、ママが乳腺炎になっても大変ですよ。

うんちやおしっこの回数が少ないかで判断

赤ちゃんのミルクや母乳を飲む量が少ないようであれば、うんちやおしっこに影響が出てきます。飲む量が少ないのですから、うんちやおしっこの出る量も少なくなって、回数も少なくなるかもしれません。

新生児のおしっこの回数は、個人差がありますが、一日4~6回ほどおしっこが出ているようであれば大丈夫でしょう。うんちも個人によって出る回数に個人差がありますが、一日に3回出ていれば大丈夫といえるそうです。

うんちやおしっこの回数が明らかに少ない場合は、眠っている赤ちゃんを起こして授乳した方がよいですね。眠っていてくれれば楽だからとずっと眠らせているままだと、栄養が不足する可能性がありますので、気をつけたいところです。

寝すぎると夜寝なくなるので度合いをみて

赤ちゃんの睡眠時間に個人差があるとはいえ、一日の睡眠時間の基準はあります。新生児の場合は、一日のうち16~18時間は睡眠の時間です。一日の大半を眠っているというのは、この数字からいえることなのでしょう。

睡眠時間をトータルして考えると、昼間眠りすぎると、夜は起きている時間が多くなることになります。昼は4~5時間眠っているのに、夜は泣いていてなかなか眠ってくれないという子は、昼に眠りすぎているのかもしれません。

その場合は、昼間は1~2時間眠ったら起こすようにしてみましょう。昼間起きている時間を長くすると、夜は眠ってくれるかもしれません。一日のリズムづくりにも、ママの健康のためにも、昼に眠りすぎるようであれば起こしてみましょう。

新生児の昼間の居場所はリビングがおすすめ

ママの目が届くことが大事

新生児期は人生の中で最も眠っている時間が長い時期です。眠っている時間の長い赤ちゃんにとって、眠る場所選びは大事ですよね。日中起きていても、昼寝をする場所も、リビングがおすすめです。

リビングであればママが家事をしながらでも、赤ちゃんに目が届きます。新生児期は自分では動くことができませんが、横向きで眠っていてうつ伏せになる可能性がありますし、危険を避けるためにもママの目が届くことが大事です。もし、何かあったとしてもすぐに対応できるので安心ですね。

赤ちゃんのお世話をするときに、色々な部屋を移動するのも大変ですから、リビングの一角を赤ちゃん用のスペースにするとよいかもしれません。リビングでママと赤ちゃんと一緒に過ごすことで、赤ちゃんにママの声が聞こえ、ママの匂いもしていたら安心できますね。よりリラックスすることができるでしょう。

また、昼寝をするにしても、真っ暗にせずに、生活音がする中の方が、眠りすぎを避けられます。昼間はリビングで過ごすことで、次第に起きて活動する時間だと分かるようになってくれるでしょう。

夜は寝室で過ごせば生活にメリハリがつく

新生児は夜は暗くて眠る時間ということを分かっていません。ですが、生活リズムを作るためにも、新生児のときから夜眠るときは真っ暗にして寝室で眠り、昼と夜の環境を変える方がよいでしょう。

例えば、昼間はリビングで過ごし、夜は寝室に行って眠るようにしてみましょう。寝室では布団をしいて、真っ暗にして昼間とはまったく違う環境にすることで、メリハリをつけることができます。毎晩それを繰り返していると、寝室に移動したら眠る時間なのだと分かるようになるでしょう。

また、寝室で眠っているときに、赤ちゃんが泣いたら授乳しますよね。そのときも電気はできるだけつけずに暗いまま授乳すると、睡眠リズムが崩れてしまうことがないそうです。急に電気がついて明るくなったら赤ちゃんは混乱してしまうのでしょう。電気は消して暗いまま授乳するのがよさそうです。

新生児でも、昼間は起きて活動し、夜は眠るという生活のリズムをつけることで、生活にメリハリがついてくるでしょう。新生児と同じ生活リズムで過ごすママにとっても、生活リズムにメリハリがつきそうです。

寝ていても簡単に場所を移せる便利アイテム

手で持ちやすい「クーファン」

「クーファン」は赤ちゃんを寝かせたままでも入れられる取っ手付きのかごのことをいいます。赤ちゃんを寝かせて、持ち歩いている人を見たことがあるのではないでしょうか。

「クーファン」であれば、赤ちゃんがかごの中で眠っていても、そのまま移動することもできますし、ママも抱っこする必要がありませんから体力的にも楽に眠らせることができます。どこでも持っていけ、赤ちゃんを眠らせたまま置いておけるのもうれしいですね。

ただし、赤ちゃんが動くと、かごが横になり転落事故を起こしやすいことがあります。ほかに値段が高めである、車で使用することができないなどがデメリットです。デメリットに注意しながら、メリットをいかして使用すれば便利ですね。

「せんべい座布団」なら背中スイッチ防止も

おせんべいのようにまん丸の座布団を知っていますか?新生児から乳幼児までがすっぽりと入るような直径1mほどの大きさで、赤ちゃんを寝かせておくにも、おむつ替え、お着がえなど多用途に使えて便利です。

せんべい座布団は丸いですから、おくるみのように赤ちゃんを包むこともできます。おくるみよりは厚さがありますので、せんべい座布団でくるんだ赤ちゃんが眠ってしまったら、そのまま下に置いても厚みがあるおかげで、背中スイッチを入れなくてもすむでしょう。

従来の座布団よりも大きめで、丸い形ですから、赤ちゃんが動くようになってもはみ出ることが少ないのも嬉しいですね。見た目にも可愛い柄のものが多く販売されていますので、リビングにもよいアクセントになりますよ。

キャスター付きの「ベビーラック」

ベビーラックは、赤ちゃんを乗せておける椅子の一種で、背もたれを寝かせれば赤ちゃんが眠ることもできます。中には、スイングといって前後に揺れたり、音楽を流してくれたりするものもあります。

スイングの強さは選べますので、弱めに揺らしたらゆりかごの役目をして、赤ちゃんを心地よくさせてくれるでしょう。心地よいと眠くなりますが、眠るかどうかは赤ちゃん次第といったところでしょう。

ベビーラックは高価なので、購入はためらってしまうかもしれませんね。本当に役に立てられるのかわからなければ不安です。

赤ちゃんを寝かせておくだけでなく、付属のテーブルをつけて、食事をすることもできるのです。
新生児期から離乳食期まで、長く使えると考えればお買い得かもしれませんね。

まとめ

新生児はママのお腹の中にいたときが、まだまだ抜けきらないようです。外の世界に出て、外の世界に不安を感じながらも、お腹の中にいたときと似た環境を作ることが昼間眠ってくれるヒントになりそうです。

おくるみでくるんだり、ママの胸の上で寝かせたり、横向きで眠らせたりしながら、どの方法なら赤ちゃんが眠ってくれるか試してみましょう。赤ちゃんをみるポイント、寝かせる環境、便利グッズをうまく使って、ママが大変にならないように寝かしつけができるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018