就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児の首には気をつけよう!首をガクンとさせない正しい抱き方

新生児の首には気をつけよう!首をガクンとさせない正しい抱き方

頼りなかった赤ちゃんの首が少しずつしっかりしてくると「あとどのくらいで首がすわるのかな?」と成長が気になったり、赤ちゃんの首がガクンとなることや「揺さぶられっこ症候群」という言葉を聞いて心配になったりするママもいると思います。今回は赤ちゃんの首に関するママの疑問や不安を解決していきたいと思います。

新生児の首がすわる時期や確認方法

首がすわるってどういう状態のこと?

生まれたばかりの赤ちゃんの首はとても柔らかいですよね。この頃はまだ自分の意思で筋肉に力を入れられないので、向きたい方向に首を向けられません。

赤ちゃんの「首がすわる」というのは、赤ちゃんの身体の感覚が刺激されていろいろな動きを繰りかえすうちに筋肉や体全体が発達していく運動発達の一部です。

赤ちゃんは、首を左右に動かすことからはじめます。首の筋肉が強くなってくると、うつ伏せのときに自分で首をあげるようになります。だんだん首を長い時間まっすぐにあげられるようになり、自分の向きたい方向を向けるようになってきます。

そして、赤ちゃんが自分の思いどおりに首を動かせるようになった状態を「首がすわる」というのです。

一般的に生後3カ月頃から見られるように

厚生労働省の調査によると、早い子で1~2カ月、一般的には3~4カ月頃に見られるようになるとのことです。首がしっかりすわって安定したと感じるのは、4カ月の終わりが多く、5カ月終わりまでにはしっかりするようです。

赤ちゃんの成長は一般的な目安どおりではなく、予定より早い子もいれば遅い子もいます。成長の様子は乳児健診(3~4カ月健診)でチェックしてもらえるので、まわりの子より遅れているかも?という程度でしたら心配しなくで大丈夫ですよ。それでも不安があるときには、病院で診てもらうこともできます。

首がすわると抱っこしやすくなりますよね。しかし本当に首がしっかりするにはまだ時間がかかります。首がすわったかな?と思っても、抱っこは慎重にしてくださいね。

首のすわりはどうやって確認する?

首すわりは自分でも確認できます。危険ですので、3カ月以降に首がすわったと思える状態になってから確認しましょう。

【うつ伏せに寝かせる】
うつ伏せに寝かせて、自分でまっすぐ首をあげることができると、ほぼ首がすわっているといえます。

【縦抱きをして、赤ちゃんを少し傾ける】
赤ちゃんと向かい合い、脇の下に手を入れて縦抱きをします。少し赤ちゃんを傾けたときに、重力に逆らうように首を起こせば首がすわっているといえます。

【仰向けの赤ちゃんの両腕を持って起こす】
仰向けに寝ている赤ちゃんの両腕を持って優しく起こします。体と一緒に首を上げれば首がすわったといえます。このとき、腕が抜けないようにしっかり持つことと、勢いよく引っ張らないように気をつけましょう。

新生児の正しい抱き方とコツを知ろう

横抱きのコツは首を支えて、体を密着させる

横抱きをするときは、赤ちゃんの首をしっかり支えて、赤ちゃんと自分の体を密着させるように意識しましょう。

1.赤ちゃんを仰向けに寝かせる。
2.片手を赤ちゃんの首から後頭部の下に入れる。
3.赤ちゃんの股の間から手を入れてお尻をのせる。
4.赤ちゃんの首がガクンとならないように気をつけながら抱きあげる。
5.手で持ち上げた首から後頭部を、自分のひじの内側へずらしてのせる。
6.赤ちゃんのお尻のほうの手で、お尻から背中にかけて支える。

生まれてから数カ月は、赤ちゃんを抱っこしている時間が長いですよね。抱っこをするときに手首に負担がかかって、腱鞘炎になってしまった経験のあるママもたくさんいます。

腱鞘炎になってしまう原因は、赤ちゃんの首を気にして抱っこするママの手首に力が入ったり、肩に力が入った抱っこをしたり、少し移動するだけだからと手首だけで持ちあげて移動させたり、自分の体から離してこわごわ抱いてしまったりすることです。

赤ちゃんを大切にすることはもちろん重要ですが、自分の手首も大切にしてくださいね。

学会が推奨している「コアラ抱き」って?

寝ている赤ちゃんの足はカエル足(M字開脚)ですよね。これは赤ちゃんにとって一番自然で快適な体勢です。

抱っこのときに足を延ばしてしまうと、先天性股関節脱臼になってしまう可能性があります。そこで推奨されたのが「コアラ抱き」です。コアラ抱きはカエル足をキープできる抱っこです。

コアラが木に抱きついている姿を想像してください。その体勢がコアラ抱きです。赤ちゃんの首がすわるまでは縦抱きをしないようにいわれてきましたが、首をしっかり支えながら縦抱きすることの危険性は立証されていないので安心してください。

縦抱きは、横抱きの手順4の赤ちゃんを抱きあげるときに、自分の体をかがめて赤ちゃんと自分を密着させながら抱きあげます。そのとき赤ちゃんの口と鼻をふさがないように注意しましょう。頭を支えるほうの手と腕は、赤ちゃんの脇の下から背中、首、頭を支える形になります。

コアラ抱きはカエル足をキープするほか、赤ちゃんの両手足が自由になり、ママと赤ちゃんの距離が近づきます。横抱きと一緒にコアラ抱きも取りいれてみてはいかがでしょう。

首をガクンとさせてしまった!後遺症は?

首のガクンはどんな状況で起こりやすい?

赤ちゃんの首がガクンとなってしまうのは、ゲップをするとき、沐浴をするとき、抱っこをするときに多いようです。

毎日ゲップをさせている頃は、特に首が柔らかい時期です。毎回やっているうちについつい失敗してしまうこともあります。

沐浴は、赤ちゃんを支えながら洗うので大変ですよね。体の向きを変えるときなどは注意しましょう。

1日の中で何度もする抱っこのときも注意です。抱きあげるときに後頭部と首をしっかり押さえていなかったり、抱っこしながら別のことをしたりしているときになりがちです。

普段から気を使っていても、赤ちゃんの首がガクンとなってしまった経験のあるママは多いものです。赤ちゃんの首をしっかり支えることを忘れないようにしましょう。

少しであれば、心配しなくても大丈夫

普段の生活の中で赤ちゃんの首がガクンとなってしまうと、脳に影響を与えないか心配になりますよね。特に赤ちゃんが泣いてしまったりミルクを吐き出してしまったりすると、大変なことをしてしまったのではないかと心配になることでしょう。

しかし赤ちゃんは、首だけでなく体全体も柔軟性があります。首がガクンとなってしまっても、すぐに脳や神経にダメージをあたえて障害が残ってしまうということはあまり考えられません。後遺症が残るとすると、なんどもガクガク揺さぶられたり頭を強くぶつけたりして、かなり大きな衝撃が与えられたときだと考えられます。

ですので少し赤ちゃんの首がガクンとなっただけでしたら、焦ったり心配したりしなくても大丈夫なのです。

赤ちゃんに変化がないか、様子をみよう

もし、脳に影響するかもしれないと思ったときには、まず赤ちゃんを寝かせて安静にし、赤ちゃんに変化がないか様子を見てみましょう。

以下は、首がガクンとなってしまい、異変がある場合の赤ちゃんの変化です。下に行くほど深刻な状況になります。
・ずっと泣き続ける。
・ミルクを何度も吐き戻す。
・ぐったりしている。
・顔色が悪い。
・痙れんをおこす。
・気を失う。

そのほか、明らかにいつもと違うことがあれば、すぐに病院を受診しましょう。

基本的に異常があるときは、すぐに症状が出ることが多く、「明らかにこれはおかしい」と思うそうです。赤ちゃんが普通に過ごしているようでしたら、問題ない可能性が高いので、ひとまず落ち着いてくださいね。

新生児は注意!揺さぶられっこ症候群

揺さぶられっこ症候群ってなに?

「揺さぶられっこ症候群」とは、赤ちゃんの体への強い衝撃や長時間の振動で頭蓋内出血が起こり、言語・学習・視力障害、歩行困難、精神遅滞、また死に至る危険性のあるものです。

子どもをあやすのに、たかいたかいをしたり揺らしたりするのを見て「揺さぶられっこ症候群」が頭をよぎった経験のある人もいるかもしれません。

以下は、揺さぶられっこ症候群の赤ちゃんの変化です。
・長時間激しく泣く。
・泣いていたのに急に泣き止む。
・ミルクを飲まない。
・何度も吐く。
・顔色が悪い。
・笑顔が消える。
・目の焦点が合わない。
・長時間寝続け、起こしてもすぐ寝る。
・呼んでも反応しない。
・痙れんをおこす。

このようなときは、救急車を呼ぶか脳外科を受診しましょう。

揺さぶられっこ症候群の原因は?

脳の成長が未熟な赤ちゃんは、頭蓋骨と脳の間に隙間があります。ですので頭に強い衝撃を与えたり強く揺さぶったりすると、脳が頭蓋骨の中で動いてしまうのです。赤ちゃんは脳の表面の血管もまだ弱く、脳が動くことによって血管が切れてしまいます。

頭蓋骨と脳の隙間は1歳半位でなくなるといわれていますが、2歳くらいまでは中で動きやすいと考えて接すると安心です。

また特に危険なのは、新生児から6カ月くらいの赤ちゃんです。まだ体に対して頭が重く、頭を支える筋肉が弱い赤ちゃんは、衝撃などで体が揺れたときに、自分で反射的に身構えることができません。動きに対して揺れるがままになってしまうため、揺さぶられっこ症候群になりやすいのです。

普段から気をつけたい予防法は?

まずは、危険な動きの目安を覚えましょう。
・頭を2秒間に5~6回ゆらす
・体を10秒間に5~6回激しくゆする
・体を左右に20分間ゆする
・たかいたかいで空中に投げ上げることを繰り返す
・急激に持ち上げて下ろすことを繰り返す

揺さぶられっこ症候群の原因に多いのは「何で泣きやまないの」「何で寝てくれないの」と赤ちゃんの肩をゆすってしまうことです。もし赤ちゃんのことでイライラしたら、一旦離れて深呼吸をして、ママが落ち着いた状態で、おむつ、ミルク、抱っこ、汗を拭くなど、欲求を満たしてあげましょう。

また、チャイルドシートは月齢に合ったものを正しく装着しましょう。車の長距離移動は、1.5~2時間ごとに休憩し、休憩中はチャイルドシートから降ろしましょう。

新生児の首を守る首枕について知ろう

赤ちゃんの首を支える「マイピーロ ネオ」

赤ちゃんは普段、右か左を向いて寝ていませんか?赤ちゃんは頭の後ろが突起しているため、まっすぐ上を向いて寝ることができません。実はその寝かただと、向きぐせがついて頭の変形や体のゆがみにつながるかもしれません。

昔、農作業をする親があかちゃんを連れて行くのに「イジコ」というカゴに入れていました。イジコの中では、背中を丸めて胎内にいるときのような体勢で寝ることができました。胎児のときと同じように背中を丸めて寝ると、赤ちゃんの気道が確保されて首から胸部の脊柱が丸く維持されるので、ぐっすり眠れるそうです。

新生児の後頭部から首を通って肩まで触ると、固い凝りができている場合があります。赤ちゃんは体が柔らかいので凝るイメージはないですよね。しかし自然でない体勢で眠ることで、凝りが生じてしまうのです。

赤ちゃんの首にマイピーロ ネオを当たるように置くと、首に負担がかからず、簡単に首のケアができます。普段寝るときにも使いますが、スリング、抱っこひも、チャイルドシートでも使うことができる枕なので、赤ちゃんのよい相棒になりますよ。

「マイピーロ ネオ」のよいところは?

マイピーロネオは、胎内にいたときと同じ「まんまるねんね」をサポートします。寝ている赤ちゃんの向きぐせを防止するほか、マイピーロネオを首の後ろに入れることで息をしやすくさせる効果があります。

また、中のビーズが、首の後ろを心地よく刺激をするようになっているので、凝りがほぐれ体が柔らかくなっていきます。

マイピーロネオは、生後0日~10カ月の赤ちゃんに使うため、成長に合わせて調整ができるのもよいところです。

「マイピーロネオ」を使った感想を見ると、やはり向き癖がなくなったといったものがあります。生まれる前に購入している人もいますが、途中から使用した人でも、今まであった向き癖がなくなったり、呼吸がしやすそうだと感じたりしているようです。

家で寝るとき以外にも、スリングやチャイルドシートなどでしっかり使いこなしている人もいます。マイピーロネオを使うと、首が安定するので安心できるそうです。

赤ちゃんが泣きやまないときに首の下に入れてあげると、落ち着くことがあるそうです。きっと寝心地がよいのでしょうね。

まとめ

赤ちゃんの首について気になることをまとめました。

待望の赤ちゃんの首すわりについては、自分でも確認することができますが、3~4カ月健診で医師に診てもらい、現状を聞きましょう。

首のガクンや揺さぶられっこ症候群は、よく分からないときほど、少しのことでも心配になると思いますが、赤ちゃんに変化が無いかを見て、普段と変わらないのであれば、ひとまず安心してくださいね。

生まれて数カ月の間は気を使うことが多いですが、日々の赤ちゃんの成長を楽しみながら乗り切りましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018