就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんと冬場のエアコンで注意すること!快適な設定温度や使用方法

赤ちゃんと冬場のエアコンで注意すること!快適な設定温度や使用方法

寒い冬の季節になると、部屋でエアコンをつける家庭は多いですよね。赤ちゃんと大人では、体感が違うので設定温度が難しいと感じたり、エアコンによる空気の乾燥が気になったりするママがいるかもしれませんね。今回は、エアコンの快適な設定温度や使用方法をご紹介しますので参考にしてください。

赤ちゃんと過ごす冬のエアコンの使い方

赤ちゃんにとって快適なエアコンの設定温度

寒くなると、部屋をエアコンで暖かくして過ごす家庭が多いですよね。大人だけの場合と違い、赤ちゃんがいるとエアコンの設定温度は赤ちゃんが快適に感じる温度が理想ですよ。

赤ちゃんにとって快適な部屋の温度は18~23℃とされています。大人が寒く感じるからといって設定温度を高くすると、外気との温度差で赤ちゃんの体の負担になるかもしれませんよ。

また、暖かい空気は上に集まり、冷たい空気は下に集まります。その差は、2~3℃になることもあるので、赤ちゃんが寝ている場所にも注意が必要ですよ。

もし、床や地面に近い場所で赤ちゃんが寝ていると、寒いと感じているかもしれないので、サーキュレーターなどで、天井の暖かい空気を循環させましょう。

エアコンはつけっぱなしでも大丈夫?

寒い部屋を暖かく保つにはエアコンが便利ですが、エアコンのつけっぱなしによる赤ちゃんへの影響を心配するママは多いでしょう。エアコンを長時間つけることで注意したいポイントがありますよ。

赤ちゃんが快適に感じる温度は18~23℃とされています。部屋の温度が15℃を下回ればエアコンをつける目安にするとよいですよ。

また、エアコンをつけっぱなしにすることで空気が乾燥し、赤ちゃんの肌から水分が奪われて皮膚トラブルの原因にもなります。さらに冬に流行するインフルエンザなどのウィルスは乾燥した空気の中で繁殖するので、湿度にも注意したいですね。

環境にあわせて、エアコンのタイマー機能や加湿器との併用で快適な部屋を保ちましょう。

部屋は暖めすぎないようにしよう

部屋が寒いと赤ちゃんが風邪をひくのではと心配で、エアコンをつけて暖めることがあるでしょう。しかし、部屋を暖めすぎると赤ちゃんの体へ負担がかかることがありますよ。

1歳頃までの赤ちゃんは体温調節がうまくできません。室温が上がると体温も上がり、暑くなりすぎてしまうことがあります。

汗が乾くときに体温を奪い、風邪をひいてしまうことも考えられますね。

また、暖めすぎは乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクがあるそうです。部屋の暖めすぎや衣服の着せすぎが原因で、赤ちゃんの体内に熱がこもるとリスクが高まるとされています。

赤ちゃんにとって快適な部屋の温度は18~23℃です。同じ室内でも場所によって温度差があるので、赤ちゃんの近くで温度をはかってみましょう。

冬のエアコン使用時に必要な加湿について

冬場のエアコンで加湿が必要な理由

冬場の室内でエアコンをつけるときは、加湿が大事ということを聞いたことはありませんか。なぜ、加湿が必要なのでしょう。

エアコンをつけると、部屋の空気が乾燥します。部屋の空気が乾燥すると、部屋の湿度が下がりインフルエンザやノロウィルスなどのウィルスが活動的になり、繁殖しやすくなります。

また、空気の乾燥は赤ちゃんの肌にも影響します。赤ちゃんの肌は大人の半分くらいの厚さしかなく、とても傷つきやすいのです。

空気が乾燥すると、赤ちゃんの肌も乾燥して、赤くなったり痒くなったりして、引っ掻いてしまうかもしれません。また、目や鼻、喉の粘膜も乾燥し、咳やくしゃみの原因になります。

適度な加湿をし乾燥から赤ちゃんを守りましょう。

エアコンを使うときの最適な湿度

ひとことに加湿をするといっても、最適な湿度がわからないママがいるかもしれません。赤ちゃんがいる部屋でエアコンを使うときの最適な湿度は、50~60%だそうですよ。

特に冬場はインフルエンザが流行する時期ですが、部屋の湿度が40%を下回るとインフルエンザウィルスが活発になるとされています。部屋の湿度を保ち、空気の乾燥を防いでインフルエンザウィルスの増殖を抑えたいですね。

加湿器や湿度計がなく、部屋の湿度がわからないママがいるかもしれません。コップに氷水を入れて2分ほど経過しても水滴がつかない場合は、部屋の空気が乾燥している目安ですよ。

なるべく加湿器を使って部屋を保湿し、赤ちゃんが快適に過ごすことができる環境を整えましょう。

部屋を簡単に加湿する方法

なるべく加湿器を使って部屋の保湿を心がけたいですが、すぐに加湿器の用意が難しい場合もありますよね。そんなときは、身近なものを使って部屋を簡単に加湿しましょう。

まず、手軽にできるのは濡れタオルや洗濯物を部屋干しする方法です。エアコンとの併用で、湿った空気を部屋中に運んでくれますし、部屋の保湿をしながら冬場の乾きにくい洗濯物を乾かすことができるので一石二鳥ですよ。

また、ボウルなどにお湯を入れて置いておくだけでも保湿になります。ママが好きなアロマオイルを入れると、ママがリラックスできる時間にもなりますね。

そのほか、浴槽にお湯をためて蓋を開けっぱなしにしておいたり、部屋に観葉植物を置いたりすることでも部屋の保湿になりますよ。

エアコンを使用するときの注意点

こまめにエアコンの掃除をしよう

部屋を暖めるのに便利なエアコンですが、使用する際の注意点がいくつかありますよ。まず、取扱説明書に従ってエアコンの掃除をこまめにしましょう。

エアコンの使い始めはもちろんですが、エアコンのフィルターにはほこりがたまりやすいので、二週間に一度くらいを目安に掃除をしましょう。たまったほこりを掃除機で吸い取り、汚れがひどい場合は水洗いをするとよいですよ。

また、エアコンは空気中に舞っているハウスダストやカビ、ダニなど、赤ちゃんの体に悪い影響があるものも吸いこんで、エアコン内部にためこみます。たまったハウスダストやカビなどは温風とともに再び部屋に舞うことになります。

もし、気になるようであればエアコンの掃除をプロに依頼してもよいですね。

エアコンの風は直接赤ちゃんに当てない

エアコンの風が直接赤ちゃんに当たらないように風向きに気をつけましょう。赤ちゃんに直接、エアコンの風が当たってしまうと、肌や喉が乾燥する原因になりますよ。

赤ちゃんの肌はデリケートで、乾燥した空気など、外部からのちょっとした刺激でも傷つきやすく、肌トラブルを起こしてしまいます。喉の粘膜も乾燥しやすく、咳やくしゃみが出るなど赤ちゃんが体調を崩してしまう原因になりますよ。

また、エアコンの暖かい風が直接当たると、赤ちゃんの体温が上がりすぎてたくさん汗をかいたり、体内の水分が奪われたりして脱水症状を起こす可能性があります。

エアコンの風が赤ちゃんに当たらないように風向きを設定したり、赤ちゃんが寝る場所を工夫したりしてみましょう。

1時間に1回は窓を開けて換気をする

冬にエアコンをつけるときに、加湿とともに大事なことは換気をすることです。寒いからといって、部屋を閉めきった状態のままでは、赤ちゃんだけでなくママも体調を崩す原因になりかねません。

部屋の換気をしないでいると、エアコンからのほこりやカビなどが空気中に舞い、空気が乾燥してインフルエンザなどの感染症にもつながります。特に赤ちゃんは免疫が弱いので心配ですね。

換気は1時間に1回を目安に部屋の窓を開け、外からの空気が部屋の中心を通りぬけるように部屋全体の空気を入れ替えましょう。部屋の対角に窓があれば、より換気をしやすいですが、ない場合はサーキュレーターや扇風機、換気扇などを併用し、空気を循環させるとよいですよ。

まとめ

部屋を暖かくしてくれるエアコンは、寒い冬を快適に過ごすためにはとても助かりますね。しかし、赤ちゃんと一緒の場合は、ママやパパが赤ちゃんが快適だと感じる環境に合わせることが大切ですよ。

赤ちゃんは、寒さには強いとされています。エアコンで部屋を暖めすぎると、かえって赤ちゃんの体への負担になる可能性がありますよ。

エアコンの設定温度や部屋の湿度、換気をこまめにすることなどに注意して、エアコンをうまく利用し、赤ちゃんにとって快適な部屋づくりができるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018