就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

チャイルドシートの座席位置はどこが安心?理由を知って正しく設置

チャイルドシートの座席位置はどこが安心?理由を知って正しく設置

チャイルドシートはドライブ中の事故から子どもを守るためにとても大切です。安全基準適合マークのついたものを選ぶのはもちろんのこと、チャイルドシートを設置する位置についてもきちんと考えたいですね。安心な座席の位置やそのメリットを知って、正しく設置しましょう。

チャイルドシートの安心な座席位置は?

後部座席に取り付けるのが基本

チャイルドシートをどこに設置するかは、なかなか難しい問題かもしれません。安全性を考えると、基本的には後部座席に取り付けるのがよいとされています。

事故が起きてエアバッグが膨らむと、助手席のチャイルドシートや子どもはどうなるでしょうか。正面衝突のときの危険も大きいので、助手席は避けた方がよいでしょう。

助手席にチャイルドシートを設置すれば子どもの様子がよく見えて安心な気がしますよね。でも、事故のことを考えると後部座席に設置するのが理想的です。

車の大きさや家族の人数のことも考えなければいけませんが、まずは子どもの安全を一番に考えたいですね。その上でそれぞれの家庭に合った選択をしていきましょう。

助手席の後ろ座席に設置するメリット

後部座席にチャイルドシートを設置するなら、運転席側と助手席側のどちらを選べばよいでしょうか。まずは助手席側に設置した場合のメリットを考えてみましょう。

助手席側だと、運転席から振り向いたときに子どもの様子を見やすいですね。子どもが泣いたりして、ちょっと気になるときに顔を見てコミュニケーションを取れるのは安心です。

歩道側に停車したときに、子どもを安全に乗せたり降ろしたりしやすいメリットもあります。ただ、後部座席に乗る人は歩道側にチャイルドシートがあるため、乗り降りがしにくいというデメリットもあります。

ママやパパが子どもと2人で車に乗ることが多いなら、助手席側だと顔が見られるので少し安心です。でも脇見運転にならないようにしましょうね。

運転席の後ろ座席に設置するメリット

運転席の後部の座席に設置した場合はどうでしょうか。この場合、一般的な右ハンドルの国産車を考えます。

万が一の事故の場合、運転している人は自分を守るようにハンドルを切ってしまうため、運転席側の方が安全だそうです。事故にあわないのが一番ですが、あってしまったときの危険性を知っておくのは大切ですね。

また、後部座席に同乗者がいて歩道側から乗り降りする場合、同乗者が乗り降りしやすいメリットがあります。たとえば、パパが運転してママが赤ちゃんと後部座席に乗る場合、ママは歩道側から安全にスムーズに乗り降りできますね。

逆に、運転席側から乗り降りするときはほかの車に気をつける必要があります。特に運転席側から子どもを乗せ降ろしするときは気をつけてください。

助手席に取り付けないほうがよい理由

助手席取り付けは法的違反ではない

法律的には、チャイルドシートを後部座席に設置することが定められているわけではありません。助手席に設置しても違反にはならないのです。

ただし、道路交通法で6歳未満の子どもを車に乗せるときはチャイルドシートに乗せないといけないので、チャイルドシートを設置していないと違反で1点減点されます。

禁止されていないならいいのではと思ってしまうかもしれません。たとえば、赤ちゃんと2人きりで車に乗るとき、助手席に乗せていれば泣いたりしてもすぐにあやしてあげられて便利そうですよね。

それでも後部座席への設置が推奨されているのは、子どもの安全を考えてのことなのです。助手席に設置する危険性をもう一度考えてみましょう。

エアバッグが作動したときに危ない

チャイルドシートを助手席に設置したときの危険性を考えてみましょう。事故で助手席のエアバッグが作動すると、助手席のチャイルドシートに乗っている子どもはどうなるでしょうか。

エアバッグは事故が起きたときに瞬間的に膨らんで人を守ります。思っている以上に強い勢いで膨らむそうです。

特に後ろ向きのチャイルドシートでエアバッグが膨らむと、その勢いでシートが押され、子どもがはじき飛ばされて大けがをするかもしれません。前向きのチャイルドシートでも、子どもに衝撃が伝わってけがをする可能性があります。

せっかく人を守るエアバッグでけがをさせたくないですよね。エアバッグがある車なら、後部座席を子どもの指定席にすることをおすすめします。

どうしても設置する場合は前向きで

エアバッグが危険と理解していても、助手席に設置するしかない場合もありますよね。たとえば、チャイルドシートが必要な年齢の子どもを何人も乗せる場合や、家族が多い場合などです。

この場合でも、後ろ向きのチャイルドシートは助手席で使わないようにしましょう。エアバッグによる子どものけがを防ぐためです。

助手席に設置せざるをえないなら、前向きにします。そして、できるだけ車の座席を後ろに下げてエアバッグから遠くなるようにしましょう。少しでもエアバッグからの衝撃から赤ちゃんを守るためです。

もちろん、ぐらつきのないようにしっかり設置しましょう。エアバッグの作動をキャンセルできるならキャンセルしておきます。

チャイルドシートの向きを変える時期

後ろ向きチャイルドシートのメリット

チャイルドシートには前向きで使用するものと後ろ向きで使用するものがあります。後ろ向きのシートのメリットは何でしょうか。

チャイルドシートには、新生児・乳児用ベビーシート、幼児用チャイルドシート、そして学童用ジュニアシートの3種類あります。ベビーシートは、赤ちゃんが進行方向に背を向けるように後ろ向けに設置します。

生まれてすぐから乳児期の赤ちゃんの体はまだ骨格ができあがっておらず、首もすわっていません。後ろ向きに設置することで、事故の衝撃を体の広い範囲で受け止めて、1カ所に大きな負担がかからないようにできるのです。

前向きだと首に衝撃が集中しやすいので、新生児期から乳児期は後ろ向きのベビーシートが安心です。
27 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC