就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

保育園の送り迎えで会話に悩む!ママ友とうまく付き合うコツと注意点

保育園の送り迎えで会話に悩む!ママ友とうまく付き合うコツと注意点

子どもを保育園に迎えに行くときに、ママ友と何を話したらよいか悩んでいる、会話自体がストレスに感じるというママもいますよね。ストレスを感じにくいようにするには、お付き合いのルールを決めてしまうのもおすすめです。子どもにもよい影響を与えるために、ママ友とうまく付き合うコツをお伝えします。

ママ友との会話がストレスになる理由

うわさ話や詮索話に付き合わされる

保育園のお迎えに行くと、立ち止まって話に花を咲かせているママを見かけることがありますよね。有意義な話をしているママグループもありますが、中にはうわさ話や詮索話が中心となるママグループもあります。子どもを待たせてまでうわさ話に花を咲かせているママグループもありますよね。

仕事を終えて子どもの迎えに行き、このあと夕食の支度などもあります。なのに興味のないうわさ話や詮索話に付き合わされると思うと、考えるだけで疲れてしまうというママもいることでしょう。ですが、子どもがそのママの子どもと仲がよいとなると、ママ同士のお付き合いをしないわけにもいかないですよね。このようなことがストレスにつながっていきます。

トラブルのターゲットにはなりたくない

ママ友の中には、何気ない会話を捻じ曲げてしまい、トラブルの元を作り出してしまう人もいます。普通の会話が、知らないうちに捻じ曲げられてしまい、大きなトラブルとなるケースもありますよね。

「新しい先生、早く慣れるといいね」といった何気ない会話が「◯◯ちゃんママ、新しい先生が気に入らないみたい。イライラした感じで早く慣れろっていっていたよ」というように広められてしまうことがあります。

ママ友との会話がきっかけでまるで自分が悪者のようになってしまったり、意地悪な人間に見られてしまったりと、トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。そんなことが続いてしまったり、周りに被害者が出ると、ママ友との付き合いは避けたくなりますね。

忙しいママはやることがたくさんある!

保育園のお迎えをするママの多くは、日中働いています。子どもをお迎えに行った後も、夕食づくりや子どものお風呂、寝かしつけなどやることがたくさんあります。1分でも早く帰りたいのに、ママ友グループにつかまってしまうと自分が思い描いていたスケジュールどおりに進めることができませんね。

話を始めると楽しい内容なのかもしれませんが、そのあとに待っている家事や育児のことを考えると、ママ友との会話をすることがストレスと感じてしまうママもいますよね。帰ってから後悔をすることになるから、保育園のお迎えでママ友とは話をしたくないと考えているママもいると思います。

ただ、すっと通り過ぎるのも「付き合いの悪いママ」と悪口を言われてしまうのではと不安ですね。

一生モノの英語を習得!「インターナショナルキッズアカデミー」の魅力とは!?

PR

今の時代、子どもが小さい頃から英語学習をスタートさせる家庭は珍しくありません。また来年2020年の小学校英語教育必修化も迫っており、その流れは加速すると思われます。同時に、英語を学ばせたいけど、「いつから、どのように始めれば効果的なの?」と悩んでいるママも多いのでは?そんなママにおすすめしたいのが、0歳から誰でも楽しく英語を学べる「インターナショナルキッズアカデミー(IKA)」。無償化対象の認可外保育施設になった園の特徴に迫ってみました。

自分の中でルールを作って付き合ってみよう

耳障りな会話は軽く受け流して踏み込まない

スルースキルという言葉を聞いたことはありませんか?自分にとって必要な話や興味がある話は聞くようにして、その他の話や耳障りな会話は軽く受け流して踏み込まないようにしていく一つの会話スキルです。

・うわさ話が始まったら切り上げる
・詮索話には対応しない
・不要な話には深く入り込まない

といった自分なりのルールを決めて、それに当てはまる内容が始まったら、「今日この後忙しいから帰るね」と軽く受け流して帰るようにします。付き合いが悪いママとは思われるかもしれませんが、変なトラブルにも巻き込まれにくく、ママ友との会話ストレスも減りますよ。慣れてくれば、あのママはさっぱりした性格とほかのママ友は認識してくれるかもしれません。

おたがいに役立つ情報の交換をする

保育園にお迎えに行ったときは、できるだけ役立つ情報を交換して帰ってくると心に決めてみてもいいですね。保育園には年上の子どもの育児をしているママもいます。気になる習いごとの話などをさっと振ってみるのもよいですよ。

子育ての悩みや子どもと一緒に遊びに行く場所はどこがよいかといった、子どもに関する悩みごとや質問事項なら、変な詮索にもつながりません。子育ての上で役立つ話だけに徹することで、さりげなく家族の話や生活の話など触られたくない部分の話を避けることもできますね。

ママ友と合うお迎えの時間は、お互いに役立つ情報を交換する場として活用すれば有意義な時間になりますよね。教えてもらったあとは「ありがとう」と笑顔で返せばよい印象を与えます。

ママ友との会話は適度に切り上げる

話が盛り上がるとついつい長話につながってしまいますが、後のスケジュールを考えると早めに切り上げたいですよね。どんなに楽しい会話だとしても、ある程度の時間がきたら適度に切り上げる習慣を作るのもおすすめです。

保育園のお迎えですから、会話が長引くとその分子どもを待たせることにもなります。保育園側にも迷惑がかかる可能性もあるので、お迎えに行ったときはママ友に会った場合でも、5分で切り上げるなどルールを決めてしまうとよいですよ。

「もっと話したいけどこの後やること多くて、またね」や「また話聞かせてね」といって立ち去りましょう。断ち切るのではなく「また」とつながりを持たせることで後味よくその場を立ち去ることができますよ。

子どもはママの様子をきちんと見ている

ママがお手本になるつもりで挨拶をする

ママ友との会話が嫌だからといって、ママ友がいるのに挨拶もせずに通り過ぎていくのはおすすめできません。子どもに対して「ちゃんと挨拶をしましょう」と教えても、ママが挨拶をせずに通り過ぎてしまえば、子どもも挨拶をしたくない人にはしなくてもよい、と思ってしまいますよ。

苦手だな、ちょっと嫌だなと思う人がいた場合でも、子どものお手本になるつもりで挨拶はきちんとするようにしましょう。

・こんばんは
・おつかれさま
・またね

軽く会釈をして通り過ぎるよりも、はっきりと言葉に出して挨拶をすることで、子どもも自然に挨拶は声を出して行うものと認識し習慣づけられますよ。笑顔も添えられれば、すてきな挨拶をしてくれるママといわれるかもしれませんね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事