就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがママの抱っこで寝る理由とは?負担にならない対策をしよう

赤ちゃんがママの抱っこで寝る理由とは?負担にならない対策をしよう

ぐすっている赤ちゃんも、ママが抱っこしているとスヤスヤ寝てくれるもの。嬉しいですが、長い時間抱っこし続けるのは大変ですよね。何か負担を減らす方法はないものでしょうか。この記事では、ママの抱っこが赤ちゃんに与える効果と、抱っこの負担を減らすための方法についてご紹介します。

ママの抱っこが赤ちゃんに与える効果

ママの抱っこは赤ちゃんに安心感を与える

抱っこされているときの密着感は、赤ちゃんを安心させてくれます。ママの肌のぬくもりを間近に感じられることで得られる安心感というのは、なにものにも代えがたいくらいに大きなものです。

かつては抱き癖を心配して、あまり抱っこをしないという育児方法が流行した時代もありましたが、現在では、抱っこをたくさんしてあげた方がよいという考え方が主流になっています。

ママの体温は熱すぎず冷たすぎず、赤ちゃんにとってとても心地よい温もりですよね。大人だって、お風呂などで熱すぎずぬるすぎず、ちょうどよい温度に包まれていると眠くなってきます。

赤ちゃんも、ママの心地よい肌のぬくもりに包まれていると、安心して眠ることができるのでしょう。

ママの心臓の音はリラックス効果がある

赤ちゃんはお腹の中にいるときから音が聞こえています。羊水の流れる音や、ママの声、お腹の外からパパが呼びかける声も聞こえているといわれています。

そんな赤ちゃんが、お腹の中にいるときから絶えず聞いている音があります。それは、ママの心臓の音です。

お腹の中にいるときから聞いているこの音は、赤ちゃんにとって安心感を与えてくれる音です。それに、トクントクンと一定のリズムで続くこの音には、リラックス効果もあります。

抱っこをしていると、赤ちゃんの頭が胸のあたりにくるので、心臓の音がよく聞こえます。慣れ親しんだ心臓の音を聞くことで、赤ちゃんの心が落ち着き、リラックスして眠ることができるというわけですね。

輸送反応の効果で寝ることも

赤ちゃんが抱っこされていると眠る理由には、赤ちゃんの本能も関係しています。

「輸送反応」という言葉をご存知でしょうか。あまり聞きなれない言葉かもしれません。

ママが赤ちゃんを抱っこして歩くと眠りやすくなりますよね。これは、たまたまそうなるというわけではなく、輸送反応という赤ちゃんの本能的な反応によるものなのです。

理化学研究所による研究では、ママが赤ちゃんを抱っこして歩いているときは、座っているときと比べて泣く量が減り、心拍数が低下してリラックス状態になる、つまり眠りやすい状態になることが証明されています。

これは、哺乳類の赤ちゃんが親に運ばれるときに、騒がしくして天敵に見つかるのを防ぐための本能的な行動だと考えられています。

抱っこでしか寝ない子を持つママの悩みとは

寝ても抱っこから布団への移動ができない

ママが抱っこをすることで、赤ちゃんが眠りやすい状態になることはわかりましたが、だからといって何時間も抱っこし続けることはできませんよね。

できれば布団へ移動してぐっすり寝てもらいたいところ。しかし、この移動がうまくいかずに悩むママが多いのです。

寝たと思って布団に降ろすと、すぐに起きて泣き出してしまうというのはよくあるパターンですよね。まるで背中にスイッチでもついているのかというくらい敏感に反応するので、ママたちの間では「背中スイッチ」と呼ばれています。

一度泣き出すと、また最初から寝かしつけのやり直しになってしまうので、ママの疲労感は尋常ではありません。同じことを何度も繰り返し、ヘトヘトになってしまうママもいます。

ママは長時間の抱っこで身体が辛い

長い時間抱っこをし続けていると、ママの身体に大きな負担がかかります。肩や腰、腕などに凝りや痛みを感じているママも多いでしょう。

新生児の赤ちゃんでも、体重は3kg前後あります。その赤ちゃんを何時間も抱っこし続けるのは大きな負担ですよね。

途中でストレッチをしたり、赤ちゃんをおろして休憩ができればよいのですが、そんなことをしては赤ちゃんが起きてしまいます。ずっと同じ姿勢で抱き続けるしかないのです。

同じ角度で体重を支え続ける手首が腱鞘炎になったり、肩はバキバキに凝ったりします。身体の前方に負荷がかかると、バランスをとるために腰を反らすため、腰痛も起こしやすくなります。

長時間の抱っこはママにとって大きな負担なのです。

家事やほかのことができずに困る

「赤ちゃんが可愛くて仕方ないし、ぐっすり眠って欲しいから、ずっと抱っこをし続けてあげたい」。そう思うママが、もしかするといるかもしれません。ただ、仮にそう思っていたとしても、実際には家事などほかにやらなくてはいけないことがあります。

洗濯や料理などの家事は、抱っこをしながらではこなすのが難しいですし、できたとしても効率的ではありません。赤ちゃんが寝ている間に、集中して終わらせたいものですよね。

それなのに、抱っこをしないと寝てくれない状態では、ほかのことがなかなかできません。気づいたら、何もできないまま日が暮れてしまっていたということも。

おんぶができないくらいの低月齢の間は特に悩まされますね。

ママの負担を減らすための寝かしつけ方

「背中スイッチ」対策をする

抱っこの負担を減らすために、やはり赤ちゃんに布団で寝てもらいたいですよね。それには、背中スイッチへの対策をする必要があります。

背中スイッチが作動してしまうのは、抱っこ中に感じているママの体温と布団の温度差、姿勢が変わることなどが原因だと考えられています。

ママの体温と布団の温度差で起きてしまうことを避けるには、あらかじめ布団を温めておきましょう。湯たんぽを使ったり、ママが布団の上に座り、布団を温めてから寝かせたりすると背中スイッチが作動しにくいですよ。

また、抱っこされているときの「C」のような体勢を崩さないよう、授乳クッションの上に寝かせる方法もおすすめです。この場合は、赤ちゃんの鼻や口を塞がないように注意してくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC