就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティパジャマは前開きが便利!特徴や選び方、買える場所を紹介

マタニティパジャマは前開きが便利!特徴や選び方、買える場所を紹介

丈が長くてゆったりとしたマタニティパジャマは、大きめのパジャマでも代用できそうに見えますよね。しかし、マタニティパジャマは一般のパジャマとは違い、妊娠中や産後の体と生活に合わせた構造になっています。今回はマタニティパジャマの特徴や選び方、買える場所を紹介します。

まずはマタニティパジャマの特徴をチェック

産後の授乳に役立つ授乳口がある

マタニティパジャマというと「妊娠中に着るパジャマ」と考えがちですが、マタニティパジャマの多くは産後も着られるデザインと機能を備えています。

産後の授乳に役立つ授乳口がついていることも多く、かぶって着るタイプのパジャマでも服をめくり上げて授乳する必要がありません。

赤ちゃんが泣いたらすぐに授乳ができるだけではなく、ママが体を冷やす心配がないため冬などは特に重宝します。パジャマの裾が赤ちゃんの顔をおおわないため、赤ちゃんのようすを見られることもメリットですね。

授乳口にはボタン式、スナップ式、ファスナー式などがあります。授乳口がついていることがわからないデザインが多いので、授乳が必要なくなっても着ることができます。

大きくなるお腹に対応できるウエスト

妊娠中は赤ちゃんの成長に合わせてお腹が大きくなります。

そのため、それまで着ていたパジャマはウエストが合わなくなり、息苦しさを感じたり血行が悪くなったりします。また、ズボンのゴムが伸びる、肌がかぶれる、妊娠線の原因になるなど困ることもあるかもしれません。

マタニティパジャマは大きくなるお腹に対応できるよう、ズボンのウエストを調節できるようになっています。数段階に調節できるアジャスターがついており、お腹の成長に合わせてサイズを変えられますよ。

産後は大きくなったお腹が小さくなりますが、すぐに妊娠前の大きさになるわけではありません。個人差はありますが、妊娠3カ月頃と同じくらいの大きさになるので妊娠初期から着られるサイズを選ぶとよいでしょう。

前開きタイプだと授乳や着替えがしやすい

分娩中は専用のガウンなどを着用しますが出産が終わると自分のパジャマに着替えることになります。

このとき、一般的には寝た姿勢のまま着替えさせてもらうことになりますが、前開きのパジャマであれば寝た姿勢のまま着替えることが可能です。体を大きく動かさなくても脱ぎ着できるので、帝王切開の傷などが痛みにくいのもよいですね。

また、出産直後は乳腺炎にかかりやすいことから胸の診察がひんぱんにあります。前開きのパジャマなら胸をすぐに出すことができるので診察がスムーズですよ。

さらに、前開きのパジャマは授乳口がついていなくても授乳がしやすくなります。出産準備品に前開きのパジャマを指定している病院も多いので2~3着そろえておくとよいでしょう。

前開きマタニティパジャマの選び方

丈は2wayで着られる長めのものを

本格的な陣痛が始まって入院したとき、病院によっては分娩室に移動する前までパジャマで過ごすことになります。このとき、子宮口の開きを確認しやすくするするため、ズボンを脱いだまま過ごすことになります。

また、産後しばらくは悪露や子宮の戻り具合の確認があります。このときもズボンを脱いだまま過ごす病院もあるようです。

パジャマの丈が短いとズボンを脱いだときに違和感があり、体が冷えてしまいます。入院中に着るマタニティパジャマはズボンをはいていなくても違和感がない丈が長めのパジャマを選ぶとよいでしょう。

ただし、丈が長すぎると診察がしにくくなります。膝が隠れる程度の長さであればズボンをはいていなくても違和感がなく診察の妨げにもなりません。

伸縮性のある素材だと着心地らくちん

妊娠中はホルモンバランスの乱れやストレスで眠りが浅くなることが多いのですが、パジャマの締めつけで息苦しさを感じるとさらに眠れなくなってしまいます。肌が敏感になることも多く、生地が当たって痛みを感じるママもいますよ。

また、産後しばらくはパジャマで過ごす時間が増えます。締めつけが強いパジャマだと快適に過ごすことができず、慣れない育児や体の痛みも重なり大きなストレスになるかもしれません。

伸縮性のある素材でできたパジャマなら体を締めつけないため楽に過ごすことができます。寝返りも打ちやすいので体に痛みがあるときに楽な姿勢を取ることができますね。

授乳や抱っこのときに赤ちゃんの肌にも触れるので、柔らかく肌に優しい素材を選ぶとよいでしょう。

授乳口にもタイプがある

マタニティパジャマについていると便利な授乳口には大きく分けて3種類あります。

左右に縦向きの授乳口がついたタイプはワンタッチで胸を出すことができるので素早く授乳できます。ただし、授乳口が脇の方にあると授乳がしにくくなるので注意が必要です。

授乳口が横向きについているタイプも授乳がしやすく人気があるデザインです。しかし、身長や胸の大きさによっては授乳口の高さが合わず使いにくいことがあります。

前のボタンを開けると内側に当て布がついているタイプは、一般の前開きパジャマと授乳の手間に違いがありません。ただし、胸元が大きく開かないため冬でも体が冷えません。

それぞれの特徴があるので、ママの体格や好みに合わせて選んでくださいね。

前開きマタニティパジャマが買える場所は?

ベビー用品でもおなじみの西松屋

ベビー用品でおなじみの西松屋は、ベビー用品だけではなくマタニティ用品も多数取り扱っています。マタニティパジャマのラインナップも多く、サイズも15号くらいまでありますよ。

価格も手ごろな商品が多くデザインも可愛いので洗い替えを複数購入したいママにおすすめです。試着ができるので実際の着心地や使い心地を知ることができるのも魅力です。

また、西松屋には通販サイトが存在します。手触りやデザインが気に入ったけれどサイズが見つからなかった商品なども、通販サイトでなら手に入れられるかもしれません。

さらに西松屋は通常の夏物セール、冬物セールにくわえ、底値セールも開催しています。半額以上値引きされることもあるので、ぜひチェックしてくださいね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC